音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

天野喜孝×HYDEコラボ展明日から開幕、世界展開も視野に

726

天野喜孝とHYDE(VAMPSL'Arc-en-Ciel)によるコラボ展「天野喜孝×HYDE展 天命と背徳~NIPPON EVOLUTION~」が、明日8月9日より東京・ラフォーレミュージアム原宿にて開幕する。この内覧会および記者発表会が、本日8月8日に同会場で実施された。

ネットで生中継も行われた発表会には、天野とHYDEの2人も登壇。会見の冒頭では、天野がHYDEをモデルにライブペインティングを行った際の映像を上映しながらトークが行われた。天野は映像を観ながら「けっこう真剣な表情してますね。必死ですね(笑)」と述べ、HYDEは「スタートした瞬間は照れとかあったんですけど、途中からこんな機会はないって。天野さんのパッションを感じたんで、これを感じないともったいないと思いましたね。視線は観てないですけど、集中してパッションを感じ取ってました」と語る。そして実物がステージに運び込まれると、HYDEは「短期間でこんなに描けるものなんですね」と感嘆。天野も5分間で絵を仕上げるという試みについて、「線の勢いとかが出てると思う。けっこう楽しかったです」と手応えを明かした。なお描かれた絵は会場内の一角に展示される予定だ。

続いて話は展覧会の内容に移り、HYDEは「天命と背徳」というタイトルについて「できれば日本語がいいなと思ったんです。こういう企画は世界に持っていく企画であってほしいと思って。もともとテーマに天使と悪魔っていうのがあったと聞いて、そこでうまく天野先生と僕の名前が少し入ったらいいなと思ったんです」と発言。また天野はコラボが実現した経緯について、「僕の描いてる絵がどこかHYDEさんに似ていた。そういう話をちょっとしてたら、あれよあれよと企画が決まってしまった」と述べ、当事者のHYDEは「最初は人違いんじゃないかなって。僕でいいんですかって思いました。それと同時になんて光栄なんだろうと」「生きてればいいことあるんだなって。僕のファンも喜ぶし、天野さんのファンも喜ぶし、僕も喜ぶし。情熱のかかった作品を観て涙が出そうになりました」と述べていた。

今後の展開について話がおよぶとHYDEは、「とりあえずここで先生とお酒飲みたいですね。あとこういった作品を世界に持って行って、日本以外の国の人にも観ていただきたい」と意気込む。これには天野も同意し、「日本だけでなく、海外で展覧会ができたらいいなと思ってます」と展望を明かした。

「天野喜孝×HYDE展 天命と背徳~NIPPON EVOLUTION~」ではHYDEをモチーフに天野が制作したイラストやホログラム、フィギュアなどが展示。会場内ではオリジナルグッズも販売される。

天野喜孝&HYDE 記者会見後コメント

——お2人の共通点はありますか?

HYDE:瞬きの回数ですかね(笑)。あとお酒を飲んでしゃべりたがるところとか。

天野:そうですね。そんなに一緒に飲んだことはないですけど、今度この会場内で飲みたいですね。

——HYDEさんが感じる天野さんの作品の魅力とは?

HYDE 絵のタッチや作風ですかね。今回の作品を観て感じたのが、静と動の差がすごく激しいですよね。すごく躍動的なものと、静寂があるものの両方がある。あとサウンドを感じる。それが絵のすごいところですよね。動いてないのに、動いているように見える。天野先生の絵を観てインスピレーションを感じて音楽を作ることもあるかもしれないですね。ストーリーが思い浮かびますから。想像力をかき立てるというか、僕ならこういう音を鳴らすかも……というような。

——「天命と背徳」というタイトルがつけられた展覧会ですが、あえてほかの言葉で表現するとしたらどんなものになりますか?

HYDE 「日本のカッコいいカルチャー展」ですかね。今、日本ってかわいいものがポップカルチャーだと思われてるけど、実はカッコいいものもあるんだよって。僕、世の中に出てる日本のアニメーション的な部分ってかわいらしい部分が多い気がするんですよ。それはそれでいいんですけど、僕らは日本のポップカルチャーを見てカッコいいところに共鳴してたんで、それを世界に観てもらいたい。

天野 僕もまさにそう思ってました。その言葉を聞いてびっくりしました。

天野喜孝×HYDE展 天命と背徳~NIPPON EVOLUTION~

開催期間:2013年8月9日(金)~8月31日(土)東京都 ラフォーレミュージアム原宿
OPEN 11:00 / CLOSE 21:00(※最終入場20:30)

音楽ナタリーをフォロー