音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

EXILE KENCHI「スターマン」で音痴なガテン系男子役

491

EXILEのパフォーマーKENCHIが7月9日(火)スタートの関西テレビ・フジテレビ系ドラマ「スターマン・この星の恋」に出演することが明らかになった。

このドラマは、広末涼子演じるシングルマザーの宇野佐和子が謎の青年・星男(福士蒼汰)に一目惚れをすることにより始まるラブロマンス。KENCHIは佐和子の親友の須多節(小池栄子)に思いを寄せる佐竹幸平役で出演する。

7月9日の初回放送では、音痴な幸平が節の勤めるスナックのカラオケで歌うシーンが登場。KENCHIは音を外しながらシャ乱Qの「ズルい女」を歌う幸平を演じている。このシーンについて演出を務める堤幸彦は「レトロなイケメンにぴったりのちょっと既視感のあるスナックでの歌は、彼にキャラクター設定の元になる映画『ブギーナイツ』のDVDを渡し、“自分が音痴な事に気がつかない音痴キャラ”を演じてもらいました。音痴もうまかった」とコメントしている。

なお幸平は林業を愛するガテン系の青年という設定。今後、職場である森林で汗水をたらして作業するシーンも予定されている。

EXILE KENCHI コメント

Q. スターマン出演の意気込みを。

広末さんをはじめとした共演者の方もスタッフの方もすごい方ばかりで、現場のいい緊張感を味わいながら、自分の役柄をしっかり演じて、この作品に少しでも貢献したいと思って取り組ませていただいてます。

Q. 堤監督ついて。

堤監督とは舞台の仕事で何度かご一緒させていただきましたが、ドラマは今回が初めてです。舞台の演出では台本が監督のアイデアで日々変わっていくので、本番中でも油断できません(笑)。
でも回を重ねるごとに監督の狙い通りかのように作品がおもしろくなっていくのですが、今回のドラマでも、そういった演出を随所でされていて、対応力、瞬発力が求められている気がしています。
それに加えて、舞台とは別の集中力が必要だなと感じています。
監督はいつも簡単な言い方で深い意味の事をおっしゃるので、求められている事の本質を感じ取りながら、それを表現できるように勉強させていただいています。
あと、監督は学ぶことにものすごく貪欲なイメージがあるので、そこからも刺激をいただいています。その姿勢があるからこそあんなにもおもしろい作品が作れるんだなと実感することばかりです。

関西テレビ・フジテレビ系「スターマン・この星の恋」

2013年7月9日(火)22:15~23:19
※2回目以降は22:00~22:54

音楽ナタリーをフォロー