音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

亀田誠治「カノ嘘」登場バンドCRUDE PLAYの楽曲制作

224

2013年12月に公開される映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」に登場する架空のバンド「CRUDE PLAY」(クリュードプレイ)のキャストが決定。また劇中で披露される「CRUDE PLAY」の楽曲を亀田誠治が制作することも明らかになった。

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」のストーリーの鍵を握る通称「クリプレ」ことCRUDE PLAYは、CDをリリースすれば必ずチャート1位を獲得するほどの絶大な人気を誇る美形揃いの4人組バンド。このバンドのメンバー役には三浦翔平、窪田正孝、水田航生、浅香航大が抜擢された。

映画の音楽プロデュースも手がける亀田は、クリプレを演じる俳優たちについて「三浦さんのセクシーでワイルドな歌声、そして、メンバー全員が猛特訓中のカッコいいプレイにも注目です!」とコメントしている。なお亀田が制作したCRUDE PLAYの楽曲は、今後音源リリースも検討中とのことだ。

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」、通称「カノ嘘」は音楽業界を題材にした恋愛マンガが原作。主人公の小笠原秋役を佐藤健が、ヒロインの小枝理子役を新人の大原櫻子が演じる。

亀田誠治コメント

原作を読んだ時、クリプレのことを「なんてスケール感のでかいバンドなんだろう」と思いました。夢のカリスマバンド。それが今、リアルな4人組になって、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」に集結しました。彼らが奏でる音楽は、多くの人の共感を生んで時代の音楽になっていきます。

佐藤健さんと三浦翔平さんが元から仲が良く、撮影やレコーディングの合間にもお互いの事を思いやっているところが、すごくリアルな、秋と瞬のやりとりを見ているようです!しっかりキズナで繋がっているんですね。

三浦さんのセクシーでワイルドな歌声、そして、メンバー全員が猛特訓中のカッコいいプレイにも注目です!

音楽ナタリーをフォロー