音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

鹿野淳の門下生が作る音楽雑誌「OTONARI」明日刊行

174

新たな音楽雑誌「OTONARI」(オトナリ)が明日3月28日に刊行される。

これは音楽ジャーナリスト鹿野淳が主宰する学校「音小屋」ジャーナリスト科の生徒12名が制作した雑誌。「震災から2年――今『被災地』に鳴る音楽とは」「仕事と音楽――音楽を鳴らすことと生きること」といった特集テーマのもと、横山健、MAN WITH A MISSIONlocofrank高橋優、奈部川光義(ATATA)、一ノ瀬雄太(快速東京)、井澤惇(LITE)、塔山忠臣(0.8秒と衝撃。)、岸田繁(くるり)らのインタビュー記事が掲載される。さらにスガシカオと金田康平(THEラブ人間)が村上春樹に対する愛情を語る特集や、日高央(THE STARBEMS)と川上洋平([Champagne])による対談など、オリジナリティあふれる記事を多数読むことができる。

なおジャーナリスト科のもう1つのクラスの生徒も「yajirushi」と題した雑誌を4月下旬に刊行することがアナウンスされている。

※記事初出時より、「yajirushi」の発売予定日に変更がありました。

音楽ナタリーをフォロー