音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

フェアリーズの中学生トリオ、Mスリー無料ライブに2000人

150

フェアリーズの派生ユニット、Mスリーが明日3月27日にデビューシングル「夢見るダンシングドール」をリリース。これを記念して彼女たちが本日3月26日に東京・池袋サンシャインシティの地下1階グランドステージにてフリーイベントを開催した。

Mスリーは今年4月に中学3年生になる藤田みりあ、下村実生、林田真尋という頭文字が「M」の3人組によるユニット。フェアリーズのクールなスタイルとはまったく違う50年代風のドレスやウイッグ、カラーコンタクトというビジュアルで、アメリカンポップのかわいらしさを提唱していく。

この日のイベントには同年代の女性を中心に約2000人のファンが集合。シングル「夢見るダンシングドール」とカップリングの「Glory days」を歌唱し、フェアリーズとはひと味違ったキュートなダンスで観客を魅了した。さらに彼女たちはいったん退場し、ビデオクリップでも披露していた学ラン姿に衣装替えをして再びステージに登場。ファンたちの新学期を応援すべく、応援団風の振り付けを盛り込んだ「夢見るダンシングドール」をパフォーマンスした。

この春に中学3年生になることについて、3人は「勉強もがんばりつつ仕事もがんばっていきたい」と宣言。最近のマイブームについて、下村実生は「山田悠介とかの小説を読むこと」、藤田みりあは「1人で東京ディズニーランドに行くこと」、林田真尋は「ジャンプしているところとか、青春っぽい写真を友達と撮ること」と話していた。

またMスリーでのダンスの感想として、藤田は「カッコよく踊るのには慣れていたけど、アイドルらしくかわいく踊るのは初めてだったので難しかったです」と語り、下村と林田は「最初は照れがあったんですけど、今は楽しんでます」とコメント。他のフェアリーズのメンバーからは「こんなにかわいいのは私たちにはできないよー」と言われたと明かしていた。

Mスリーにとっての今後の目標は、フェアリーズでもまだ実現していない全国ツアーの開催とのこと。フェアリーズとともにMスリーの今後の活躍にも注目しておこう。

音楽ナタリーをフォロー