音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

映画「カノ嘘」秋は佐藤健、理子は亀田誠治絶賛の女子高生

1195

亀田誠治が音楽プロデュースを手がける映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」が2013年12月に公開。このメインキャストおよびキービジュアルが公開された。

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」通称「カノ嘘」は、音楽業界を題材にした恋愛マンガを原作とした作品。主人公の小笠原秋役は佐藤健に、ヒロインの小枝理子役は約5000人の中から選ばれた新人・大原櫻子に決定した。大原は1996年生まれの現役女子高生で、オーディションでは小泉徳宏監督や亀田ら審査員陣の満場一致で選ばれたという。なお佐藤も「初めて彼女の歌声を聴いたとき、本当に素晴らしくて鳥肌が立ちました」とその歌声に賛辞を送っている。

亀田も「何か、歌う事に対する覚悟がちがって、歌に込められた思いがものすごい熱量でこちらに向かって飛んできました。初めて会ったその日から、理子はこの子になるだろうなと予感したのを覚えています」と大原の存在感を絶賛。また彼は映画について「とにかく『新しい音楽映画に』したいのです。全部が新しい必要はなくて、『どこか新しい』と感じさせるもの」「最高の音楽青春映画を目指します」と意欲を明かしている。

音楽ナタリーをフォロー