音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

東京女子流、初武道館で年齢初公開&新記録樹立明らかに

458

東京女子流のワンマンライブ「TOKYO GIRLS' STYLE『LIVE AT BUDOKAN 2012』」が昨日12月22日、東京・日本武道館で開催された。

彼女たちにとって初の大会場での単独ライブとなった今回の武道館公演には、約6500人の観客が集結。定刻を少し過ぎた頃に会場が暗転すると客席がピンク色のペンライトに埋め尽くされ、ステージ上のスクリーンにメンバー5人が中野サンプラザホール、味の素スタジアム、日比谷野外音楽堂など女子流にとっての思い出の地を訪れる映像が映し出された。映像の中の5人はそのまま歩き始め、武道館の前にたどり着いたところで映像は終了。オープニングSEに続いて、ギター2人、ベース、ドラム、パーカッション、キーボードという6人編成のバックバンドを従えた女子流メンバーがステージに現れ、ロック色の強い「Limited addiction -unlimited addiction Mirrorball Royal Mix-」からライブをスタートさせた。

この日の彼女たちはカラフルな猫耳と、猫の目が描かれたシルバーの衣装を着用。普段と変わらぬ落ち着いたパフォーマンスをしつつも、時折大会場でライブができる喜びを噛み締めているかのような表情を見せた。彼女たちはその後も「ディスコード」「LolitA☆Strawberry in Summer」「Bad Flower」と最新シングル「ROAD TO BUDOKAN 2012 ~Bad Flower~」からの楽曲を立て続けに披露。続くMCではリーダーの山邊未夢が「『LIVE AT BUDOKAN 2012』へようこそ! ついにこの日がやってきましたね。今日は来てくださってありがとうございます」と挨拶し、庄司芽生は「今日は女子流と“おんなじキモチ”になる準備はできてますか?」と客席を煽った。

そこから小西彩乃が「皆さんの声を聞かせてください!」と言って観客とのコール&レスポンスを繰り返し、盛り上がったところで「Sparkle」に突入。激しいダンスでファンを魅了すると、そのまま初お披露目となる新曲「ふたりきり」をパフォーマンスした。落ち着いた雰囲気を持つこの曲では、女子流の5人はいつも以上に大人っぽい仕草やダンスで会場を沸かせた。

「W.M.A.D.」を歌い終え一息ついた5人は、改めて「武道館、おっきい!」と感想を吐露。庄司は「(客席を埋め尽くす)ペンライトがすごい。1曲目で出てきたとき、目の前の景色を観て夢を見てるようだった」と感慨深げに語った。そして「Rock you!」でライブを再開させると、再び新曲「月とサヨウナラ」を披露。この曲では5人が椅子を使ったパフォーマンスを行い、これまでに見せたことのなかったセクシーなダンスで観客を驚かせた。女子流の新たな一面が垣間みられた新曲を経て、定番曲「Limited addiction」「鼓動の秘密」でライブは一旦小休止。ステージ上のスクリーンには結成間もない頃の5人の姿が映し出された。初々しい彼女たちの映像を前に、客席からは拍手や歓声、メンバーの名前を呼ぶ声が鳴り響く。そして赤いスパンコールの衣装に着替えた彼女たちがステージに再登場。彼女たちの原点であるデビュー曲「キラリ☆」をしっとりと歌い上げた。

「きっと 忘れない、、、」に続いて彼女たちが披露したのは、1月30日にリリースされる3rdアルバムのタイトルトラック「約束」。結成からの約3年間でいかに成長したかが強く感じられるこの曲に対し、客席からは惜しみない拍手が送られた。「約束」を歌い終えた中江友梨は「この曲は練習のとき、みんなで『もっと歌い込まないといけないね』って言ってたんですけど、ちゃんとここでお披露目できてうれしいです!」と、ホッとした表情でコメントした。

続いて小西による振付講座を経て、5人はtrfのカバー「Overnight Sensation ~時代はあなたに委ねてる~」をパフォーマンス。直前に練習した振付で会場の一体感が増すと、客席は続く「Liar」でさらに高い熱を帯びていった。この曲中では会場内が一度暗転し、女子流の赤い衣装がピンクの衣装に早変わりする演出も用意。新井ひとみが「女子流はいつも白か黒の衣装が多いので、赤とかピンクとか珍しいよね」と話すと、メンバー同士で互いを可愛いと言い合う微笑ましい場面もあった。

ライブもいよいよ終盤戦に突入。「おんなじキモチ」「頑張って いつだって 信じてる」とポップなナンバーが立て続けに披露されると、客席の盛り上がりも一気に加速していった。小西が「今日は女子流の夢だった武道館ライブができて本当に良かった。これからもライブをたくさんやっていくので、皆さん応援よろしくお願いします!」と話すと、本編ラストとなる「ゆうやけハナビ」がスタート。事前に新井が「曲の間奏で手をつないで上げてくれたらうれしいです」と呼びかけたとおり、曲中では武道館の客席一面につないだ手を上げる観客の姿を目にすることができた。こうして会場が笑顔に包まれ、ライブは一旦終了した。

アンコールではカラフルなニット帽とTシャツに着替えた5人が、スローバラード「追憶」をエモーショナルに歌い上げる。「追憶」の余韻で会場が感動的な空気に包まれる中、告知コーナーに突入。今回は特別にエイベックスのスタッフがスクリーンを使って、さまざまな情報を発表していった。まず発表されたのは、これまで非公開だった女子流メンバー5人の年齢。いろいろな憶測を呼んでいた彼女たちの年齢が、今回の武道館公演をもって解禁されることとなった。ここで新井が14歳の中学2年生、小西、中江、庄司が15歳の中学3年生、山邊が16歳の高校1年生であることが明らかに。メンバーは若干恥ずかしそうにしながらも「ひとみはデビューした頃、まだ小学生だったんだねー」などと話し、観客を驚かせた。またこの年齢発表と同時に、彼女たちが「女性グループの初武道館公演実施」記録を平均年齢15歳で塗り替えたことも判明。エイベックススタッフが「これからも、この記録に恥じぬよう活動していってください」と言うと、5人は改めて真剣な表情で「これからも東京女子流のことをよろしくお願いします!」と力強く語った。

サプライズ発表を経て、いよいよこの日のラストナンバー「Attack Hyper Beat POP」に突入。曲の冒頭ではステージ前方から銀テープが打ち放たれ、客席は熱い盛り上がりを見せる。5人は最後の力を振り絞って全力で歌い踊り、最高の笑顔を見せながら約3時間にわたる初武道館公演を終えた。バンドメンバーが去ったあとも5人は名残惜しそうにステージ左右で元気良く挨拶をし、最後に中央で「これからも応援よろしくお願いします!」と叫びステージを降りた。

なお東京女子流は1月30日にニューアルバム「約束」をリリースしたあと、3月に行われる「HMVアイドル学園 presents 日本縦断アイドル乱舞2013 supported by J:COM」の全公演に出演。4月20日からは全国6都市を回る単独ツアー「東京女子流 3rd JAPAN TOUR 2013 ~『約束』~」もスタートする。さらに1月からは初の冠番組「東京女子流 スレスレTV」もBSフジにてオンエアされる。

東京女子流「TOKYO GIRLS' STYLE『LIVE AT BUDOKAN 2012』」セットリスト

01. Limited addiction -unlimited addiction Mirrorball Royal Mix-
02. ディスコード
03. LolitA☆Strawberry in Summer
04. Bad Flower
05. Intro ~ Sparkle
06. ふたりきり [新曲]
07. W.M.A.D.
08. Rock you!
09. 月とサヨウナラ [新曲]
10. Limited addiction
11. 鼓動の秘密
12. キラリ☆
13. きっと 忘れない、、、
14. 約束 [新曲]
15. ヒマワリと星屑
16. Overnight Sensation ~時代はあなたに委ねてる~
17. Liar
18. おんなじキモチ
19. 頑張って いつだって 信じてる
20. ゆうやけハナビ
<アンコール>
21. 追憶
22. Attack Hyper Beat POP

HMVアイドル学園 presents 日本縦断アイドル乱舞2013 supported by J:COM

2013年3月15日(金)北海道 札幌PENNY LANE24
2013年3月20日(水・祝)大阪府 umeda AKASO
2013年3月22日(金)広島県 広島CLUB QUATTRO
2013年3月23日(土)福岡県 福岡DRUM Be-1
2013年3月25日(月)愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
2013年3月27日(水)宮城県 仙台darwin
2013年3月30日(土)東京都 SHIBUYA-AX

<出演者>
9nine / 東京女子流 / and more

東京女子流 3rd JAPAN TOUR 2013 ~「約束」~

2013年4月20日(土)東京都 Zepp Tokyo
2013年4月27日(土)愛知県 Zepp Nagoya
2013年4月28日(日)大阪府 Zepp Namba
2013年5月3日(金・祝)福岡県 Zepp Fukuoka
2013年5月5日(日・祝)宮城県 仙台Rensa
2013年5月12日(日)北海道 Zepp Sapporo

音楽ナタリーをフォロー