音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

TK、ART、NOVEMBERS、yukihiroらチッタで強烈競演

388

12月17日に神奈川・川崎CLUB CITTA'でライブイベント「December's Calling」が開催された。

同イベントは12月27日に東京・日本武道館にて行われる「DECEMBER'S CHILDREN」の番外編として企画されたもの。イツエ、THE NOVEMBERSART-SCHOOL、TK from 凛として時雨というライブアクト4組に加え、クロージングDJとしてyukihiroが登場した。

オープニングアクトのイツエは、瑞葵(Vo)の「こんばんは、イツエです。今日はよろしく」という挨拶から「海へ還る」を披露。「広い会場で少し緊張していますが、とても素晴らしいイベントなので最後まで楽しんでいってください」と初々しいMCを挟みつつ、幻想的な照明の下で情感豊かなサウンドを響かせ、その存在感をオーディエンスにアピールした。

トップバッターを務めたTHE NOVEMBERSは、「STAY AWAY(Nirvana cover)」をはじめ、ノイジーなサウンドと小林祐介(Vo, G)の浮遊感のあるボーカルのコントラストで観客を魅せていく。小林は最後に「今日ここにくるのをすごく楽しみにしてきました。最後まで誰よりも楽しもうと思います。最後に『GIFT』って曲を聴いてください」と口にすると、壮大な世界が広がるバラード「GIFT」を届けた。

続くART-SCHOOLはサポートに中尾憲太郎(B)と藤田勇(Dr)の2人を迎え、音圧の高い攻撃的なナンバーを連発。終盤では「スカーレット」「ロリータ キルズ ミー」「FADE TO BLACK」とART-SCHOOL流キラーチューンを立て続けに披露し、攻撃的な一面をあらわにした。

トリを務めたTK from 凛として時雨は、TK(Vo, G)、日向秀和(B)、BOBO(Dr)、佐藤帆乃佳(Violin)、大古晴菜(Piano)という5人編成でステージを展開。TKがアコースティックギターをかき鳴らす「haze」からライブの幕が上がり、豊かでスリリングなアンサンブルが紡がれる「phase to phrase」や「Abnormal trick」などが観客を圧倒していく。さらに激しいイントロやTKのハイトーンボイスがシャウトを繰り返す新曲もプレゼント。息もつかせない緊迫したパフォーマンスで、場内に熱狂をもたらした。

そしてクロージングDJを務めたyukihiroは、ライブの余韻を噛み締める観客のためにさまざまなタイプの曲をスピン。最後はTHE SMASHING PUMPKINS「1979」を流し、来週に迫った「DECEMBER'S CHILDREN」への期待を煽る形でイベントを締めくくった。

DECEMBER'S CHILDREN

2012年12月27日(木)東京都 日本武道館
OPEN 13:00 / START 14:00 / END 21:00(予定)
<出演者>
TK from 凛として時雨 / 凛として時雨 / geek sleep sheep / 9mm Parabellum Bullet / ドレスコーズ / ムック / ピエール中野(凛として時雨)/ ギターウルフ

音楽ナタリーをフォロー