音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

早川義夫「たましいの場所」文庫版に七尾旅人エッセイ掲載

92

2002年に晶文社から刊行された早川義夫の単行本「たましいの場所」の新装版が、ちくま文庫から発売された。

早くおじいさんになりたいと思って25歳の頃に本屋の店主として暮らし始め、30年経って再び歌を歌いはじめた早川義夫。この本には本屋を開店した日のこと、歌のこと、母の死のこと、愛犬チャコのことなど、彼がそれまでを振り返ったさまざまなエッセイが掲載されている。

今回の文庫化にあたって、本書には最終章を追加収録。帯文を宮藤官九郎が担当し、さらに七尾旅人によるオマージュエッセイも掲載されている。

音楽ナタリーをフォロー