ももクロ武道館で汗まみれの男祭り、新曲「サラバ」初披露

1319

ももいろクローバーZが昨日11月5日、東京・日本武道館にて男性客限定のワンマンライブ「ももクロ秋の2大祭り ~男祭り2012~」を行った。

オープニングで披露された演舞の様子。(photo by hajime kamiiisaka)

オープニングで披露された演舞の様子。(photo by hajime kamiiisaka)

大きなサイズで見る(全14件)

新曲「サラバ、愛しき悲しみたちよ」を初披露したももいろクローバーZ。(photo by hajime kamiiisaka)

新曲「サラバ、愛しき悲しみたちよ」を初披露したももいろクローバーZ。(photo by hajime kamiiisaka)

大きなサイズで見る(全14件)

真っ赤な羽織袴風衣装で決めた百田夏菜子。(photo by hajime kamiiisaka)

真っ赤な羽織袴風衣装で決めた百田夏菜子。(photo by hajime kamiiisaka)

大きなサイズで見る(全14件)

ももいろクローバーZ「サラバ、愛しき悲しみたちよ」初回限定盤ジャケット

ももいろクローバーZ「サラバ、愛しき悲しみたちよ」初回限定盤ジャケット

大きなサイズで見る(全14件)

先月10月5日には同じく日本武道館にて女性客限定ライブ「女祭り2012」を行い、華やかな衣装による“女子会”ムードで女性ファンをとりこにしたももクロ。今回の「男祭り2012」では一転、無骨なステージと気合の入ったパフォーマンスで荒ぶる男性ファンを魅了した。

会場に足を踏み入れるとまず、場内中央に設置された正方形のステージが目に飛び込んでくる。アリーナ全てを使った大胆なステージセットで、客席はシートのあるスタンド席のみ。東西南北全ての座席から中央ステージを見下ろす作りだ。ステージの周囲を走る朱色の手すりに囲まれた通路など、神社や寝殿造を思わせる荘厳なムードが会場全体を包み込んでいた。

開演時間になり客電が消えると、場内には強風の轟音と雷鳴が鳴り響き、緑色に光っていたステージには厚い雲と稲光が映し出される。すると羽織袴風の衣装をまとったももクロの5人が、自分たちの背丈ほどもある大きな筆を持って登場。巨大スクリーンと化したステージ上に大きく力強い「男」の字を浮かび上がらせた。ステージ脇には和太鼓パフォーマー、通路には空手着姿の男性がずらりと並び、激しいリズムに合わせて演舞がスタート。ももクロも一糸乱れぬ動きで蹴りや突きを見せ、オープニングから観客を圧倒した。

続けざまに恒例のオープニングテーマ「overture」が流れ出すと、いよいよライブ本編へ。まずは「全力少女」「最強パレパレード」「ピンキージョーンズ」「気分はSuper Girl!」と、「ももいろクローバー」時代からのレパートリーが4連発。南、東、北、西と1曲ずつ正面を変えるというセンターステージならではの見せ方で、360度を取り囲むファンの声援に応えた。一発目のMCでは全員「ももクロの感電野郎、高城れに!」「なにかとセクシーでやんちゃなももクロの一番星、佐々木彩夏だ!」「破壊なくして創造なし!ももクロの若大将、玉井詩織だ!」「根性根性ド根性の小さな巨人、有安杏果だ!」「八重歯は正義の吸血鬼、百田夏菜子だ! 気合入ってっかー!」と荒々しく自己紹介。「いいかお前らー!」で始まる玉井恒例の煽り文句も「男らしく生きてっかー? 女子供に優しくしてっかー? ももクロ愛してるかー? 今日もお前らの男っぷり、たっぷり感じさせてもらうから、お前ら油断するなよー!」といつにも増して男前だ。

続けて3曲を歌ったももクロがステージ袖に戻ると、入れ替わりで極真空手によるハーフタイムショーへ。師範代による「征遠鎮」の演舞、バット折り、瓦寸勁割り、氷柱割りといった秘技が次々と繰り出され、観客は「オオオオ!」と大歓声を上げた。また後半2回目のハーフタイムショーには「K-1」などでもおなじみの正道会館最高師範・角田信朗も登場し、オリジナルソング「よっしゃあ漢唄」を熱唱した。

ライブ後半戦、悪魔風の新衣装をまとってステージに上がったももクロは、布袋寅泰が作・編曲を手がけたニューシングル「サラバ、愛しき悲しみたちよ」をライブ初披露。HOTEIの歯切れのいいギタープレイと5人の熱唱が武道館に鳴り響いた。続く「行くぜっ!怪盗少女」ではリーダー百田夏菜子がステージのド真ん中、武道館を象徴する“大きな玉ねぎ”の直下で見事なエビぞりジャンプを決めた。

いよいよ残り時間もわずか、終盤のMCで5人が男らしいセリフを言い合っていると「なに小娘が男語ってんだバカヤロウ!」と、邪道、矢野通、飯塚高史ら新日本プロレス「CHAOS」のメンバーが乱入。プロレスの聖地・武道館を占拠したももクロに異議を申し立てるべく「男前問答」で勝負を挑んできた。一番男らしい文房具は「分度器(玉井)」、一番男らしいスイーツは「ずんだもち(有安)」など順当に男らしい答えを出すももクロだったが、最後の「一番男らしいあだ名は」に百田が答えようとすると、なぜかマイクに不具合が。まさかのハプニングに百田は「マイク壊してんじゃねえよ! ジャイアンだバカヤロウ!」と怒り心頭で再度答えた。結局、隠れモノノフ(ももクロの熱狂的ファン)だった邪道をはじめとするCHAOS勢は退散。「Chai Maxx」では一緒に会場を盛り上げた。

本編終了後は、リングアナの「男の男による男のためのアンコール。これより本日のメインイベントを行います!」の声に合わせ、ももクロの5人が山車に乗って登場。外周通路を回りながらの「ココ☆ナツ」、この日の出演者全員による男らしい「ツヨクツヨク」を披露した。そして百田の「今回もたくさんの方に支えられて、このライブができました。最後は心を込めて、この曲を歌わせてください」というMCに続いて歌われたのは「あの空へ向かって」。男率100%の客席では「世界のももクロナンバーワン!」のコールが鳴り響いた。

なお今回のステージでは、夏に行われた西武ドーム公演「ももクロ夏のバカ騒ぎSummer Dive 2012 Tour ~最終戦~ 8.5 西武ドーム大会」の模様が、DVD / Blu-rayとなって12月24日にリリースされることが発表された。この作品には西武ドーム公演のみならず、「ももクロ夏のバカ騒ぎSummer Dive 2012 Tour」初戦となったNHKホール公演の完全版と、合計8会場でのツアーダイジェストも併せて収められる。

ももいろクローバーZ「ももクロ秋の2大祭り ~男祭り2012~」セットリスト

オープニング・演舞~overture
01. 全力少女
02. 最強パレパレード
03. ピンキージョーンズ
04. 気分はSuper Girl!
05. Believe
06. ももいろパンチ
07. 未来へススメ!
~ハーフタイムショー・極真空手~
08. PUSH
09. BIONIC CHERRY
10. 白い風
11. 労働讃歌
12. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
13. ワニとシャンプー
14. 走れ!
~ハーフタイムショー・角田信朗~
15. サラバ、愛しき悲しみたちよ
16. 行くぜっ!怪盗少女
17. スターダストセレナーデ
18. Chai Maxx
19. コノウタ
<アンコール>
20. ココ☆ナツ
21. ツヨクツヨク
22. あの空へ向かって

※記事初出時、「CHAOS」メンバーの出演ラインナップに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

この記事の画像(全14件)

関連記事

ももいろクローバーZのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 ももいろクローバーZ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。