音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

BIGMAMA、12月ニューシングルは渾身のバースデーソング

587

BIGMAMAが12月12日にニューシングル「Jeffrey Campbellのスケートシューズで」をリリースすることが決定した。

タイトル曲となる「Jeffrey Campbellのスケートシューズで」は、BIGMAMAによる渾身のバースデーソング。金井政人(Vo, G)は楽曲に込めたメッセージについて「クリスマスよりもお正月よりも、七夕よりもヴァレンタインデーよりも、それが3月11日だとしても、9月11日だとしても、(あなたが産まれた誕生日は、一年で一番愛すべき日なんだよ。)」と説明している。

シングルは表題曲とカップリング曲「負け犬と勝ち猫」の2曲入り。「負け犬と勝ち猫」は“負け犬の遠吠え”のようなボーカル、ギターのワウ、猫撫で声のようなバイオリンの旋律が曲の中で交差する、新感覚のロックナンバーに仕上がっている。

金井政人(Vo, G)コメント

それは三回忌の帰り道、どうして日本人ってのは亡くなってからばかり集まるんだろう。そんな事を考えていたら何だか少し寂しくなってしまって、おじいちゃんになってもおばあちゃんになっても、生きているうちに誕生日をきちんとお祝いしてあげたかったなと思いました。クリスマスよりもお正月よりも、七夕よりもヴァレンタインデーよりも、それが3月11日だとしても、9月11日だとしても、(あなたが産まれた誕生日は、一年で一番愛すべき日なんだよ。)そんな気持ちを込めてバースデーソングを書いてみました。
街で可愛らしい靴を見つけたんだ。今年のプレゼントは...。“Jeffery Campbellのスケートシューズで”

僕らは産声をあげたその時から、何をしたって"勝ち負け"がついてしまいます。負け犬にはなりたくないなと思いました。うーん、じゃあ負け犬に勝ったのは誰だろう。犬猿の仲っていうから猿かなーいやー違うかなー。やっぱ猫だ、猫。“負け犬と勝ち猫”
余談ですがギターのワウ(エフェクターの種類)で犬を、ヴァイオリンの音で猫の鳴き声を表現してみました。

以上の2本立てでお送りする予定でございます。一生歌っていたい曲がまた2つ増えました。この文章を読んでくれた皆さんのお耳に届くのを、何より楽しみにしています。

音楽ナタリーをフォロー