音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SKE48、劇場改修前最終公演で研究生6名の昇格発表

96

本日8月29日、愛知・SKE48劇場にて「SKE48劇場改修前最終公演」が行われ、研究生から各チームへの昇格メンバーが発表された。

現在までチームSに2名、チームKIIに1名、チームEに3名の欠員が生じていたSKE48。これを受けて、チームSに鬼頭桃菜と菅なな子、チームKIIに井口栞里、チームEに内山命、斉藤真木子、古畑奈和の計6名が正規メンバーに昇格した。

鬼頭、井口、内山、斉藤は元々チームKIIの一員だったが、2010年12月に研究生に降格。このたび1年8カ月ぶりに正規メンバーに復帰した。昇格発表後、斉藤は「諦めなくてよかったです。たくさんの皆さまに勇気やパワーと応援をいただいた分、昇格してからも皆さんにパワーを届けていきたいと思います」と涙ながらにコメント。井口も「研究生の期間は私にとってすごく大切な期間だったので、それを無駄にしないで活かせるように、そしてたくさんの方に私の存在を認めてもらえるようにがんばります」と喜びを口にした。

また、菅と古畑は5期生から初の正規メンバー昇格。古畑は「チームEさんに早く認めてもらえるようにがんばっていきたいと思います」、菅は「まだまだ私は未熟者なので、研究生の頃の気持ちを忘れずにどんどん研究していきたい」とそれぞれ意気込みを語った。

また、この日は現SKE48劇場で最後の公演日。宮前杏実を除く62名のメンバーがSKE48の歴史を振り返る特別なセットリストを披露し、アンコールでは9月19日にリリースされるニューシングル「キスだって左利き」や、本日発売されたAKB48の新曲「ギンガムチェック」のSKE48バージョンを歌唱した。

なお、SKE48の専用劇場として生まれ変わる新劇場は改修工事を経て、秋以降にオープン予定。湯浅洋劇場支配人は新劇場について「皆さんが想像してる以上に変わります。ここを1回全部壊します」と前置きしてから、「まだ初日は発表できない。最短でも秋中にはなんとかしたいと思ってるが、もうちょっとかかってしまう。その分素晴らしい劇場ができるので、もう少しお待ちいただきたい」とファンに説明した。

そして、劇場改修期間には名古屋近郊で公演を行うことも発表。合わせて地方での出張公演も予定している。

公演後メンバーコメント

平田璃香子(チームSリーダー)
本当に本当に今日楽しかったです! (公演中)メンバーと目が合ったこととかちょっとしたことも含めて、一生、この日のことを忘れないと思います。私は卒業を決意させていただきましたが、昇格も発表され、劇場も新しく生まれ変わりますので、SKE48はどんどん進化していくと思います。これからも応援、よろしくお願いします。

松井玲奈(チームS)
これまでの4年間を振り返るセットリストになっていて、どの曲も初めてお客様に披露した初日のときのような気持ちになって、すごく緊張してしまいました。新しい劇場でも、これからもずっと今日のような新鮮な気持ちを大切にして、みんなでがんばっていきたいと思います。ありがとうございました。

矢神久美(チームS)
「PARTYが始まるよ」から始まって、(パフォーマンスしているうちに)どんどん何か最近足りないような気がしてきて…。(ほかの1期生メンバーから「えっ、そんなこと考えてたの?」「今日で最後だよ!」と総ツッコミと爆笑)いやいや、そうじゃなくて、成長した分、初心を忘れていた自分がいたので、それを取り戻したってこと! 公演の楽しさをあらためて感じましたし、新しい劇場でも公演を思いっきり楽しみたいと思います。

音楽ナタリーをフォロー