「坂道のアポロン」ライブ開催&レア音源満載サントラ第2弾

729

フジテレビ系アニメ「坂道のアポロン」の作品世界を堪能できるジャズライブ「坂道のアポロン JAZZ LIVE ~featuring 松永貴志 Kaoru Piano, 石若駿 Sentaro Drums~」が、8月27日に神奈川・モーション・ブルー・ヨコハマにて開催されることが決定した。

写真はアルバム「アニメ『坂道のアポロン』オリジナル・サウンドトラック プラス more & rare」ジャケット。

写真はアルバム「アニメ『坂道のアポロン』オリジナル・サウンドトラック プラス more & rare」ジャケット。

大きなサイズで見る(全6件)

「坂道のアポロン」の演奏シーンは、各プレイヤーの演奏が忠実に再現されている。写真は松永貴志によるピアノプレイ。(C)小玉ユキ・小学館 /「坂道のアポロン」製作委員会

「坂道のアポロン」の演奏シーンは、各プレイヤーの演奏が忠実に再現されている。写真は松永貴志によるピアノプレイ。(C)小玉ユキ・小学館 /「坂道のアポロン」製作委員会

大きなサイズで見る(全6件)

松永のピアノプレイを元にしたアニメ内の演奏シーン。(C)小玉ユキ・小学館 /「坂道のアポロン」製作委員会

松永のピアノプレイを元にしたアニメ内の演奏シーン。(C)小玉ユキ・小学館 /「坂道のアポロン」製作委員会

大きなサイズで見る(全6件)

昭和40年代の長崎を舞台に、ジャズに夢中になる学生たちの青春が描かれた「坂道のアポロン」。本日6月28日(木)放送の最終回を目前に告知された8月8日のライブでは、劇中で演奏の吹き替えを担当している松永貴志(P)、石若駿(Dr)をはじめとする、これからのジャズシーンを担う新進気鋭のプレイヤーが、アニメの世界を彩ったジャズの名曲を披露する。

また、7月25日にはサウンドトラック第2弾「アニメ『坂道のアポロン』オリジナル・サウンドトラック プラス more & rare」が発売決定。アニメ予告映像で鮮烈なインパクトを与えた千太郎のドラムソロや、劇中で印象的に使われた名曲「Moanin'」の別テイク、菅野よう子による書き下ろし音源、CM前後のジングルや“日常BGM”、さらには文化祭シーンに登場したGSバンド「ザ・オリンポス」がカバーしたロックンロールナンバーなど、サントラ第1弾には未収録だった貴重音源がたっぷりと収められる。サントラ第1弾ジャケットの下書き風にデザインされた、ユニークなアートワークにも注目だ。

坂道のアポロン JAZZ LIVE ~featuring 松永貴志 Kaoru Piano, 石若駿 Sentaro Drums~

2012年8月27日(月)神奈川県 モーション・ブルー・ヨコハマ
<出演者>
松永貴志(P)/ 石若駿(Dr)/ and more
※詳細はアニメ「坂道のアポロン」オフィシャルサイトにて後日発表。

この記事の画像(全6件)

関連記事

関連商品

リンク