音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

「この4人ならできる」新生Dirty Old Men初ワンマン

239

Dirty Old Menが4月14日に東京・WWWでワンマンライブ「Next Phase Live "re-birth"」を実施した。

3月に野瀧真一(D)と山田真光(B)が脱退し、その動向に注目が集まっていたDirty Old Men。今回のワンマンライブでは、新メンバーが元serial TV dramaの岡田翔太朗(D)と、先頃RIDDLEから脱退したことが発表された渡辺雄司(B)の2人であることが明らかにされた。

開演前からファンの熱気に包まれた満員の会場に、幻想的な映像が背景に映し出されると、メンバー4人がやや緊張した面持ちでステージに姿を現す。そして1曲目に演奏されたのは、5月2日に発売されるニューアルバム「doors」の表題曲である「doors」。疾走感あふれるこの楽曲はバンドの新たな決意を表明したナンバーで、新体制となったバンドに対して期待と不安が入り混じる観客の気持ちをいきなり鷲掴みにする。続く「メリーゴーランド」「蛍火」というファンにおなじみの楽曲では、新しいリズム隊によるグルーヴィな演奏が繰り広げられた。

MCで、高津戸信幸(Vo, G)は「(ライブを始めるまでは)すごい不安だったけど、ステージからみんなの顔を観たら安心した。今日はサイコーだよ!」と絶叫。そして、ニューアルバム収録の「変えるのうた」を披露する前には、「変わることを怖がらないで、前に進んでいこう!」と吐露。新しいメンバーで船出する自分たちの心境を歌ったかのような楽曲を、熱くプレイした。

そしてライブ終盤では「こうして仲間と音楽を奏でられて、聴いてくれるみんながいるのは当たり前じゃない。(みんなが集まってくれた)この空間に感謝します」と観客への思いを語り、会場からは温かい拍手が起こった。また新メンバーに関しては「この人たちとだったら絶対カッコいい音楽ができる」とコメント。その後、新曲「スターチス」、そして人気曲「MY HERO」をパフォーマンスし、約1時間にわたるステージを締めくくった。

当初はここでライブは終了するはずだったが、会場から巻き起こる「アンコール!」の声を受け、特別に「chocworld」を演奏。会場とバンドが一体になってライブを盛り上げ、新生Dirty Old Menのお披露目公演は幕を閉じた。最後、ステージを去る際に高津戸は「これからもよろしくお願いします!」と深々と頭を下げ、最後に「バンド、面白いよー」と晴れやかな笑顔で語った。

なおDirty Old Menは、5月26日の宮城・仙台 enn 2nd公演を皮切りに、全国9都市を回る全国ツアー「Dirty Old Men 2012 doors TOUR」を開催。チケットは4月21日より一般発売が開始される。

Dirty Old Men「Next Phase Live "re-birth"」セットリスト

01. doors
02. メリーゴーランド
03. 蛍火
04. 変えるのうた
05. elif
06. 約束の唄
07. moon wet with honey
08. スターチス
09. MY HERO
<アンコール>
10. chocworld

Dirty Old Men「Dirty Old Men 2012 doors TOUR」

2012年5月26日(土) 仙台 enn 2nd
OPEN 16:30 / START 17:00

2012年5月27日(日) 新潟 GOLDENPIGS BLACK STAGE
OPEN 17:30 / START 18:00

2012年6月2日(土) 札幌 COLONY
OPEN 17:30 / START 18:00

2012年6月7日(木) 高松 DIME
OPEN 18:00 / START 18:30
<出演者>
Dirty Old Men / and more

2012年6月9日(土) 広島 CAVE-BE
OPEN 17:00 / START 17:30

2012年6月10日(日) 福岡 DRUM Be-1
OPEN 17:30 / START 18:00

2012年6月15日(金) 名古屋 E.L.L
OPEN 18:30 / START 19:00

2012年6月16日(土) 大阪 JANUS
OPEN 18:00 / START 18:30

2012年6月24日(日) 東京 赤坂BLITZ
OPEN 17:00 / START 18:00

音楽ナタリーをフォロー