スピッツ、ムック、BENNIE K! YouTubeに公式チャンネル続々開設

3月27日、渋谷 club asia Pにおいて『動画投稿・共有サイト「YouTube日本版」における音楽著作権の利用に関する記者発表会』が開催。YouTube上における音楽著作権に関する包括契約の締結と、アーティストの公式チャンネル開設が発表された。

記者発表会には、グーグル株式会社代表取締役社長の村上憲郎氏も登場。「これから音楽コンテンツ産業と手を携えて、新しい時代を切り開いていきたい。今日がその第一歩となればと思っている」と今回の提携について話した。

記者発表会には、グーグル株式会社代表取締役社長の村上憲郎氏も登場。「これから音楽コンテンツ産業と手を携えて、新しい時代を切り開いていきたい。今日がその第一歩となればと思っている」と今回の提携について話した。

大きなサイズで見る

会見では冒頭、音楽事務所系の著作権管理会社株式会社ジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)社長の荒川祐二氏が「本日よりYouTubeとJRCが日本における音楽著作権にかかる包括利用許諾契約を締結した」と発表。この包括契約により、ユーザーはYouTubeにJRC管理楽曲のカバー演奏や、カラオケ動画を自由に投稿できるようになる。

また、今回の包括利用許諾契約と同時に、多くのレーベル、アーティストがYouTubeに公式チャンネルをオープンさせることが発表された。

本日より開設されるのは、ビジュアル系バンドを多く抱える「デンジャー・クルー・レコーズ」のチャンネル。チャンネルでは同社に所属するムック、シド、ギルガメッシュといった人気バンドの映像が楽しめる。

メジャーレコード会社では、フォーライフミュージックエンタテイメントが4月4日から公式チャンネルをオープン。DOUBLEBENNIE K、阿部芙蓉美などのPV映像が配信される予定だ。フォーライフミュージックエンタテイメント代表取締役の後藤由多加氏は会見において、YouTubeの爆発的な普及に対する戸惑いを表明しつつも「アジアから世界に日本のミュージシャンが出て行くきっかけになるのでは」と期待を込めて話した。

また、夏頃を目標にオリジナル映像コンテンツを盛り込んだスピッツ公式チャンネルのオープンを予定。株式会社バグ・コーポレーションに所属するSweet Vacationピストルバルブもそれぞれアーティスト公式チャンネルをオープンさせる予定だ。

現在YouTubeはJRC以外の音楽著作権管理団体や、各レコード会社と包括的な著作権契約を結ぶべく交渉を行っている。今回の包括契約締結により、YouTubeと音楽業界の提携が進んでいくことが期待される。

関連記事

スピッツのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 スピッツ / MUCC / シド / DOUBLE / BENNIE K / Sweet Vacation / ピストルバルブ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。