音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

TOKIO、横山剣提供の「13歳のハローワーク」主題歌発売

70

TOKIOのニューシングル「羽田空港の奇跡 / KIBOU」が2月29日にリリースされることが発表された。

表題曲「羽田空港の奇跡」はテレビ朝日系で本日1月13日(金)23:15からスタートする金曜ナイトドラマ「13歳のハローワーク」の主題歌。このドラマはベストセラーとなった村上龍による子供向け職業案内マニュアル「13歳のハローワーク」「新 13歳のハローワーク」を原作にしたもので、35歳の主人公がバブル全盛期の1990年にタイムスリップして、13歳の頃の自分を「理想の仕事人」になるように再教育する。主人公を演じるのは松岡昌宏(TOKIO)で、横山裕(関ジャニ∞)、桐谷美玲らも出演する。

「羽田空港の奇跡」を制作したのは、2004年の「トランジスタGガール」でも作詞作曲を手がけたクレイジーケンバンドの横山剣。どのような楽曲に仕上がっているのか、今夜放送のドラマ第1話でチェックしておこう。

もうひとつの表題曲「KIBOU」は、TOKIOのメンバーが出演するヤマト運輸のCMソングとしてオンエア中の楽曲。当初この曲をタイトルにしたシングルが2月1日にリリースされる予定だったが、昨日1月12日に発売中止がアナウンスされていた。また、カップリングにはシングル「KIBOU」への収録が予定されていた「ストロボ」が収められる。

「KIBOU」のリリース形式がこのように変更されたことについて、TOKIOのオフィシャルサイトでは「ヤマト運輸のテレビスポットの延期」が理由だと説明している。

音楽ナタリーをフォロー