音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

山下智久「愛、テキサス」でやくしまる&永井聖一とコラボ

544

山下智久が、自身が主演する新ドラマ「最高の人生の終り方~エンディングプランナー~」の主題歌を担当。この曲の作詞をティカ・αことやくしまるえつこ、作曲を永井聖一(相対性理論)が手がけていることが明らかになった。

注目のコラボレーションが実現した新曲のタイトルは「愛、テキサス」。山下のワーナーミュージック・ジャパンからの第1弾作品として、今年の春にリリースが予定されている。

この曲は「あの日俺らはいつものようにテキーラを飲みながら / もうすぐ結婚するってあいつの話を笑って聞いてた / 『お前が死んだのは俺のせいだ』って言ったら / 多分あいつは笑うだろう」という山下の台詞が登場する斬新なナンバーで、アレンジはやくしまると永井の2人が手がけている。

山下は「久しぶりに出すシングルなのでうれしいです。今回の曲は今まであまり聴いた事のないようなパンチのある曲で、ドラマの主題歌としてもあっているので是非一度聴いてみて欲しいです」とアピール。ドラマのプロデューサー伊與田英徳は「初めて聞いたとき、前向きな独特の世界観に心を鷲づかみにされました。力強さの中に、人間の切ない悲哀と、生きていく喜びが込められているように感じています。このドラマにぴったりです」と自信を伺わせている。

またやくしまるは「山下君の声は、まるで哀しいテキサス・チェーンソー」、永井は「テキサスにはNASAとレンジャーズ、そして山下君がいる」とのコメントを寄せている。

ドラマ「最高の人生の終り方~エンディングプランナー~」は、1月12日(木)よりTBS系にて放送開始。初回放送にあわせて、着うたの先行配信が始まる予定だ。

※記事初出時より本文の一部内容を変更しました。

音楽ナタリーをフォロー