氣志團×怒髪天AX対バンで坂さん豪快瓦割り披露

288

氣志團の結成15周年およびメジャーデビュー10周年を記念した対バンライブシリーズ「極東ロックンロール・ハイスクール」。この第16弾公演「~怖そうで怖くない少し怖いライブ~ 氣志團 vs 怒髪天」が、9月26日に東京・SHIBUYA-AXにて行われた。

アンコールで「愛の嵐」を熱唱する増子直純(写真左)と綾小路翔(写真右)。

アンコールで「愛の嵐」を熱唱する増子直純(写真左)と綾小路翔(写真右)。

大きなサイズで見る(全12件)

瓦割りに挑む坂詰克彦(写真左)。増子直純(写真右)は「ドラマーだから手はやばい!」と止め、頭突きでの瓦割りとなった。

瓦割りに挑む坂詰克彦(写真左)。増子直純(写真右)は「ドラマーだから手はやばい!」と止め、頭突きでの瓦割りとなった。

大きなサイズで見る(全12件)

「ゆかいな仲間たち」を披露する綾小路翔(写真手前)、早乙女光(写真奥)。

「ゆかいな仲間たち」を披露する綾小路翔(写真手前)、早乙女光(写真奥)。

大きなサイズで見る(全12件)

アンコール「愛の嵐」で手をつないで踊る坂詰克彦(写真左)、早乙女光(写真中央)、清水泰次(写真右)。

アンコール「愛の嵐」で手をつないで踊る坂詰克彦(写真左)、早乙女光(写真中央)、清水泰次(写真右)。

大きなサイズで見る(全12件)

終演後の記念撮影。全員が着用しているのはマンガ家・土田世紀の描き下ろしイラストがプリントされた、この日限定のグッズTシャツ。

終演後の記念撮影。全員が着用しているのはマンガ家・土田世紀の描き下ろしイラストがプリントされた、この日限定のグッズTシャツ。

大きなサイズで見る(全12件)

先攻を務めた怒髪天のライブは「GREAT NUMBER」からスタート。坂詰克彦(Dr)のヘビーなドラムに合わせ、オーディエンスは一斉に拳を上げる。その後も「キタカラキタオトコ」「欠けたパーツの唄」とアッパーなナンバーが続く。増子直純(Vo)は集まったファンに対し「連休終わったばかりの月曜日にこんなに集まって、お前らまともじゃねえよ!」と毒づいて笑わせる。そして氣志團との関係について「我々はもう、付き合い長いですからね。そもそも漢字3文字のバンドってのもあんまりいないし。今はもう女王蜂、俺ら、氣志團ぐらいなんじゃないの?」と語った。

この日のセットリストは増子曰く「いろいろ考えたけど、もう今日はお客さんを無視していこうと(笑)。我々が聴かせたい曲だけをやります」という内容。中盤では熱くストレートなロックチューン「男は胸に…」、清水泰次(B)のグルーヴィなベースラインが印象的なラブソング「武蔵野流星号」と、幅広いナンバーを披露していく。「そのともしびをてがかりに」のイントロでは、増子が「生きてるのは辛いな、氣志團も俺らもそうだ。でもこうやって生きてきた。そうしたら今日、すごく楽しいことがあった。これ以上何がある?」とフロアに熱く問いかけ、会場を大きく盛り上げていた。

感動的なパフォーマンスの直後、増子は「今日の仕事はこれで終わりだ! ここからはふざけるだけ!(笑)」とガラリと雰囲気を変えて、オーディエンスを爆笑させる。そしてこの日のイベントタイトルに引っかけて「今日は楽屋にたくさんラー油が並べてあってね(笑)。俺らもCMやってるけど(綾小路)翔やんもファンタのCMやってるでしょ? ファンタっていろんな味なんでしょ、だから今度ちょっとラー油入れてやろうかと(笑)」と語る。「ではそんな飲み物の歌をね、ファンタじゃないですけどファンタスティックな飲み物の歌を」と振って「酒燃料爆進曲」が始まった後は、強力な盛り上げチューンを連発。「ニッポン♥ファイターズ」ではフロアから激しい雄叫びが上がり、熱気がさらに増していく。ラストは上原子友康(G)が華やかなギターを聴かせる「喰うために働いて 生きるために唄え!!」で、熱く締めくくられた。

オーディエンスから大きな拍手が沸き起こる中、ステージ上にはなぜか空手の瓦割りの用意が整い、坂詰が「怒髪天」と刺繍された空手着で登場する。どよめく観客を前に増子は「氣志團は非常に悪い後輩です。楽屋にこの道着と瓦が用意されていました(笑)。(坂詰は)空手なんかやったことないんですけど、これだけ振られたら死んでもやるのが先輩でしょう!」と熱弁。坂詰は頭突きで見事に瓦を割り、フロアの大喝さいを浴びた。

そんな“悪い後輩”氣志團は「房総スカイライン・ファントム」でライブをスタート。「ゴッド・スピード・ユー!」のイントロでは、微熱DANJIの3人と星グランマニエ(G)が暗転を利用した早変わりで次々とギターを奏で、観客を驚かせる。初めて氣志團のライブを観ているであろう怒髪天ファンを目ざとく見つけた綾小路は「なんで最前列のヤツがそんなに声出ていないんだ! 俺はそういうの流さないからな!(笑)」「初めましての人は周りの人が顔を覚えて、次のライブのときに家まで迎えに行くから(笑)。一度来たら終わりだぜ!」と絡み、笑いを取っていた。

西園寺瞳(G)の奏でる軽やかなギターが響く「鉄のハート」、さらに「Rock'n'Roll Graffiti」に続いて、綾小路は怒髪天との思い出を語る。初めて怒髪天を知ったのが20年以上前だという綾小路は、昔増子に個人的なトラブルの相談を持ちかけたときのエピソードを暴露。法に触れかねない増子からの回答が明かされると、会場からは若干引き気味のどよめきが起こった。さらに坂詰の瓦割りについて「いたずら気分で瓦を差し入れたんですけど、まさか本当に割るとは思っていませんでした(笑)」と、先輩の男気に衝撃を受けた様子を見せた。

「高校与太郎組曲 ~喧嘩ボンバー~」で硬派なパフォーマンスを見せた後は、ランマが甘いボーカルを聴かせる「オールナイトロング」へ。その後、白い特攻服に着替えた綾小路と金色の特攻服姿の早乙女光(Dance & Scream)、微熱DANJIが再びステージへ登場し「俺達には土曜日しかない」を熱唱する。続く「One Night Carnival」では「俺たちにはこの曲しかないんだ!(笑) この曲は俺たちをいろんなところに連れていってくれました。日本武道館、東京ドーム、紅白歌合戦、……もう出れませんけど(笑)。だからみんな歌ってくれないと困るんだよ!」と綾小路が強要し、彼の歌詞指導を受けての全オーディエンスの合唱に導いていた。

アンコールで氣志團の呼び込みに応え、ステージに姿を現した怒髪天のメンバーは標準学生服に丸メガネというスタイル。増子はピッチリとしたセンター分けの髪型で、綾小路に向かって「君たちが噂の不良か!」と時代がかった口調で話しかけ、綾小路は崩れ落ちながら「どっからその衣装持ってきたんですか……全然聴いてないことばっかりですよ!(笑)」と驚いていた。不良6人と優等生4人が最後にセッションしたナンバーは「愛の嵐」。増子と綾小路が息の合ったボーカルを聴かせ、上原子はステージ前方に進み出てギターを鳴らす。坂詰と清水、早乙女が手をつないでキュートなダンスを披露する一幕もあり、和やかな雰囲気のままこの日のステージの幕が閉じられた。

次回の対バンは10月4日、LIQUIDROOM ebisuにてPOLYSICSを迎えて開催される。なお、10月1日19:00には次なるゲスト発表も行われるので、KISSESは楽しみにしておこう。

氣志團 Presents 極東ロックンロール・ハイスクール

~トイスで会おうぜ!~ 氣志團 vs POLYSICS
2011年10月4日(火)東京都 LIQUIDROOM ebisu

OPEN 18:00 / START 19:00

~ももクロちゃんに逢えちゃうよぉ~ウレPギャ~ス!!~ 氣志團 vs ももいろクローバーZ
2011年10月11日(火)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00

~魁!!クロマニヨン高校~ 氣志團 vs ザ・クロマニヨンズ
2011年10月25日(火)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年10月1日(土)

~夢一夜(ワンナイト・ドリーム・カーニバル)~ 氣志團 vs 森重樹一
2011年11月6日(日)東京都 LIQUIDROOM ebisu
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年10月8日(土)

~枕連(マクラーレン)~ 氣志團 vs the pillows
2011年11月8日(火)東京都 Shibuya O-EAST
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年10月15日(土)

~3年B組金爆先生~ 氣志團 vs ゴールデンボンバー
2011年11月10日(木)東京都 Zepp Tokyo
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年10月22日(土)

~サーチアンドデスとロイとグローリアとアレとソレとコレと恋しさとせつなさと心強さと部屋とYシャツと私~ 氣志團 vs The Mirraz
2011年11月16日(水)東京都 SHIBUYA O-EAST
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年10月22日(土)

~10 PUNKS~ 氣志團 vs THE MODS
2011年11月21日(月)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年10月29日(土)

~呼ばれて 飛び出て ジェジェジェジェイ!!~ 氣志團 vs J
2011年11月24日(木)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年11月5日(土)

~さよならは11月のララバイ~ 氣志團 vs 吉川晃司
2011年11月29日(火)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年11月12日(土)

~三人の若者と六人のおじさんのすべて~ 氣志團 vs フジファブリック
2011年12月13日(火)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年11月26日(土)

~おれがあいつであいつがおれで~ 氣志團 vs DJ OZMA
2011年12月21日(水)東京都 Zepp Tokyo

※記事初出時、一部演奏曲名に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

この記事の画像(全12件)

氣志團のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 氣志團 / 怒髪天 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。