音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SKE48、富士急ハイランド新絶叫コースターに大興奮

119

本日7月16日、山梨県・富士急ハイランドの最新大型ローラーコースター「高飛車(たかびしゃ)」の稼働開始を記念したイベントに、SKE48のメンバーが出演した。

イベントに参加したのは小野晴香、松井珠理奈(以上チームS)、石田安奈、向田茉夏(以上チームKII)、上野圭澄、金子栞、木本花音、中村優花(以上チームE)の計8名。稼働初日を祝福するような好天の中、富士急ハイランドには大勢のファンが駆けつけた。

イベントの司会者から「ジェットコースターが苦手な人は?」と訊かれると、手を挙げたのは珠理奈と木本の2名。木本は「ジェットコースターが下に落ちていくときの、心臓が飛び出そうな感じが苦手」と、珠理奈は「勢いよく上にあがったとき、足が浮く感じがイヤ」とそれぞれ苦手な理由を語った。

一方、ジェットコースターが大好きという小野は「珠理奈は昨日から浮かない顔をしてたけど、それを見てるのが楽しかった」とコメント。ほかのメンバーも話題の最新コースターにいち早く乗ることができるとあって、うれしそうな表情を見せていた。その後、メンバー1人ひとりが“高飛車”な態度で「高飛車、乗ってみな!」と話すコメント対決を実施。それぞれがアドリブでセリフを変えていくなど、個々の魅力がにじみ出た対決となった。

そしてイベントでは、いよいよメンバー自身が高飛車に挑戦。乗車メンバーは、来週7月20日に控えた「AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会」名古屋予備戦にちなんで、じゃんけんで選出されることになった。じゃんけんでは金子、上野、石田、向田の4人が勝ち、高飛車への乗車が決定。ジェットコースターが苦手な珠理奈と木本はじゃんけんに負けてホッとした表情を見せた。

そのまま金子、上野、石田、向田の4人は、SKE48や「パレオはエメラルド」のロゴが入った高飛車の車両に移動。それまでの笑顔から一変し、緊張した面持ちで、悲鳴を上げながらギネス級のアトラクションを初体験した。

約160秒の絶叫体験を終えた向田は、「楽しかったけど、息をする暇がなかった」とコメント。石田は「121度で落下するところも怖かったけど、90度で上にあがっていくところが一番怖かった。それと、落ちる前に止まるのがバンジージャンプみたいでビックリした」と、率直な感想を口にした。

最後にメンバー8人が「高飛車、オープン!」と叫んでイベントは終了。ステージ上も客席も笑顔にあふれ、稼働初日にふさわしいひとときとなった。

なお、このイベントの詳細なレポートとメンバーからのコメントはナタリーの「富士急ハイランド 高飛車×SKE48」特集ページで後日紹介する。こちらもお楽しみに。

音楽ナタリーをフォロー