KINCHANが新メンバーとして加入!新生PIGGSでの活動スタート

681

PIGGSが本日9月18日に東京・TSUTAYA O-WESTでライブイベント「FAMILY BUTCHERS」の最終公演を開催した。

5人体制のPIGGS。

5人体制のPIGGS。

大きなサイズで見る(全24件)

PIGGSは9月2日に東京・clubasiaでワンマンライブ「NAKED BORN NAKED DIE」を開催し、アンコールで豚の仮面を被った状態の新メンバーがサプライズで登場。5人体制でのパフォーマンスを披露してファンを驚かせたが、新メンバーはそれ以降、表舞台に出てこなかった。4人体制のPIGGSは9月14日より5日間連続で「FAMILY BUTCHERS」と題した対バンライブを決行。アルカラ、ZAZEN BOYS、二丁目の魁カミングアウト、テンテンコ、ニガミ17才という多彩なアーティストとの競演を繰り広げてきた。最終日となる本日の公演では、「PIGGS vs PIGGS」という構図の対バンライブが催され、前半でこれまで通りの4人体制のPIGGS、後半で新メンバーを含む5人体制のPIGGSがステージに上がった。この模様はニコニコ生放送で生中継され、会場に足を運べない多くのファンもPIGGSの新たな門出を見届けた。

PIGGS

PIGGS[拡大]

まずプー・ルイ、CHIYO-P、SHELLME、BAN-BANからなる4人体制のPIGGSが挨拶代わりとばかりにキラーチューン「KICKS」でライブをスタートさせる。4人はディスコライクなサウンドが心地よい「ザ・ストレンジャーズ」、グラムロックの系譜を感じさせるグラマラスなビートのナンバー「ヴェルヴェット思想家」という、Ryan.B(BRIAN SHINSEKAI)のサウンドプロデュースによるエッジの効いた楽曲群を力強く、伸び伸びとファンに届けていく。クワイアやオペラのような歌唱パートを含む壮大なエレクトロチューン「VISITOR」では4人によるエモーショナルな熱唱に、自然とフロアのテンションが高まっていった。MCでは4人が順番に自己紹介。その後プー・ルイが「私たちも気合いを入れてきたので、皆さん最後まで楽しんでください!」と呼びかけ、「骨伝導massive」へとつなげた。

ライブ後半にPIGGSは、「飛べない蛇」のピアノバージョンを歌唱。プー・ルイ、CHIYO-Pがリードする形で、それぞれが切なくも伸びやかな歌声を響かせた。その後、今年シングルリリースされた「T.A.K.O」「LINK EMOTION」を含むセットリストを展開したPIGGSは、デジタルハードコアテイストの「THANK YOU FUCK YOU」でステージを縦横無尽に行き来し、最後に「PIGGS-モナ・リザ-」を披露。4人体制最後のライブを笑顔で駆け抜けた。

KINCHAN

KINCHAN[拡大]

10分ほどの転換を経て、いよいよ新体制でのライブがスタート。先日のclubasia公演のアンコールにてサプライズ披露された新曲「NAKED BORN NAKED DIE」が1曲目に用意され、イントロではステージ前列に既存メンバーの4人が並ぶ。そしてその後ろから新メンバーがはっきりと観客の前にその姿を現した。黒髪、色白の新メンバーは初々しくも元気いっぱいに歌い踊り、「VISITOR」「クマンバチの独白」では4人に負けじと懸命なパフォーマンスを見せつける。「Moonage Driver」をさわやかに届けたあと、自己紹介ではプー・ルイ、SHELLME、CHIYO-P、BAN-BANに続いて、新メンバーが「皆さん初めまして! PIGGSの“おもち担当”、KINCHANです! これからたくさん揉まれて、揉まれておいしくなるぞー!」と挨拶。KINCHANという名であることを明かした新メンバーは、続けて「おもちパーンチ!」とパンチを繰り出し、ぶーちゃんズ(PIGGSファンの呼称)に自身の存在をアピールした。

5人体制のPIGGS。

5人体制のPIGGS。[拡大]

ライブ後半、情熱的な思いが詰まった「フォーエバー・ヤング」を届けたPIGGSは、「KICKS」「LINK EMOTION」を畳みかけて、感情を爆発させる。4人体制でも気合いの入っていたPIGGSだったが、5人体制ではそれを上回る勢いで熱狂を生み出し、ラストに「PIGGS-モナ・リザ-」を投下。全力投球のパフォーマンスを終え、すっかり汗だくの状態でステージをあとにした。

プー・ルイ

プー・ルイ[拡大]

アンコールではまず、12月22日に2ndアルバムをリリースすることと、全国ツアー「DEAR HUNTER TOUR」を開催することを発表したPIGGS。ツアーファイナルは2022年1月に東京・EX THEATER ROPPONGIで行われることを明かし、プー・ルイは「ぜひ皆さん、5人のPIGGSに会いに来てください」と話した。

KINCHAN

KINCHAN[拡大]

そしてKINCHANがここで所信表明。「改めまして、新メンバーのKINCHANです。今日は本当にどうもありがとうございました。私はちょうど2カ月前の今日(7月18日)にPIGGSのオーディションに合格して上京してきました。新しい世界で毎日いろんなことが起きて、毎日不安でいっぱいで」と話しながら涙を流す。声を詰まらせつつも、「戸惑ってばかりですが、今日こうして実際にステージに立たせていただいて、改めてPIGGSに関わってくださる方々や、何よりぶーちゃんズの皆さんが、私を“PIGGSのKINCHAN”にしてくれているんだなと思うと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。私はオーディションを受けてからこの数カ月、何か新しいことを始めたり、がんばったりすることはすごく勇気のいることだなと痛いほど感じています。今はうまくいかないことばかりだけど絶対あきらめないし、これからもっともっとがんばるから、誰かの何かしてみたい、がんばりたいという気持ちを少しでも後押ししてあげられるようなアイドルになりたいです」と決意を口にした。そんな言葉のあと、PIGGSは「フューチャー・スターダスト」「とらえる」の2曲を披露して、KINCHANお披露目ライブの幕を降ろした。

PIGGS「FAMILY BUTCHERS」2021年9月18日 東京・TSUTAYA O-WEST セットリスト

PIGGS(4人体制)

01. KICKS
02. ザ・ストレンジャーズ
03. ヴェルヴェット思想家
04. VISITOR
05. 骨伝導massive
06. 飛べない蛇
07. T.A.K.O
08. THANK YOU FUCK YOU
09. LINK EMOTION
10. PIGGS-モナ・リザ-

PIGGS(5人体制)

01. NAKED BORN NAKED DIE
02. VISITOR
03. クマンバチの独白
04. Moonage Driver
05. スナッチャー
06. 飛べない蛇
07. フォーエバー・ヤング
08. KICKS
09. LINK EMOTION
10. PIGGS-モナ・リザ-
<アンコール>
11. フューチャー・スターダスト
12. とらえる

この記事の画像(全24件)

PIGGS「DEAR HUNTER TOUR」

2021年11月1日(月)東京都 下北沢SHELTER
2021年11月3日(水・祝)北海道 札幌PENNY LANE24
2021年11月6日(土)大阪府 umeda TRAD
2021年11月13日(土)神奈川県 F.A.D YOKOHAMA
2021年11月23日(火・祝)愛知県 伏見JAMMIN'
2021年11月28日(日)宮城県 enn 2nd
2021年12月1日(水)埼玉県 HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
2021年12月4日(土)広島県 広島セカンド・クラッチ
2021年12月11日(土)福岡 DRUM Be-1
2021年12月18日(土)石川県 Kanazawa AZ
2022年1月8日(土)東京都 EX THEATER ROPPONGI

全文を表示

PIGGSのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 PIGGS / プー・ルイ / BRIAN SHINSEKAI の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。