[Alexandros]、ライブハウスを駆け抜けた新体制初ツアーファイナルで「いつか一緒に歌おうな!」

2090

[Alexandros]の全国ツアー「ALEATORIC TOMATO Tour 2021」ライブハウス編のファイナルが、7月31日に大阪・Zepp Osaka Baysideで開催された。

リアド偉武と川上洋平(手前)。(撮影:河本悠貴)

リアド偉武と川上洋平(手前)。(撮影:河本悠貴)

大きなサイズで見る(全10件)

「ALEATORIC TOMATO Tour 2021」は3月にバンドを“勇退”した庄村聡泰(Dr)に替わり、リアド偉武(Dr)が加入してから新体制では初めてのツアー。サポートキーボーディストにROSÉ(THE LED SNAIL)を迎えた5人で[Champagne]時代を含む新旧さまざまな楽曲を披露した。

[Alexandros]「ALEATORIC TOMATO Tour 2021」7月31日 Zepp Osaka Bayside公演の様子。(撮影:河本悠貴)

[Alexandros]「ALEATORIC TOMATO Tour 2021」7月31日 Zepp Osaka Bayside公演の様子。(撮影:河本悠貴)[拡大]

このツアーのシンボル的な楽曲(タイトル未定)で息の合ったセッションを見せつけた[Alexandros]は、川上洋平(Vo, G)の「Are you ready? 大阪!」 のかけ声で「For Freedom」を披露。序盤からフルスロットルで「Girl A」や「Waitress, Waitress!」といったライブアンセムを次々と繰り出し、オーディエンスの熱気を一気に上昇させた。汗を光らせた川上は、ここでアコースティックギターに持ち替え、「さわやかな曲やっていいでしょうか?」とデビュー初期の楽曲「Don't Fuck With Yoohei Kawakami」を歌唱。間奏では白井眞輝(G)のエッジの効いたギターソロが炸裂し、それを見守る磯部寛之(B, Cho)がカメラ目線で小さく拍手を送る様子も配信で捉えられていた。

川上洋平(Vo, G)(撮影:河本悠貴)

川上洋平(Vo, G)(撮影:河本悠貴)[拡大]

雨音のSEからつながって演奏された「Thunder (Bedroom Joule ver.)」は、ミニマムなサウンドの中で川上の色気が際立つアレンジに。さらに「Leaving Grapefruits」がアコースティックバージョンで披露されるなど、しっとりとした雰囲気の楽曲が観客を魅了した。観客が酔いしれる中、ツアータイトルの「ALEATORIC」は偶然性を意味し、「TOMATO」の花言葉が感謝であることを説明した川上は、「こんな状況の中でも素晴らしい光景を見せてもらえてうれしいです。皆さんに拍手を」と集まったファンに感謝を伝えた。さらにバンドが昨年デビュー10周年という節目を迎え、一区切りと言われることも多くなったと話し、「僕らとしてはやっとスタートラインに立ったような気持ち。新人バンドだと思ってこれからもお付き合いしてもらえたら」と決意も新たに語った。

白井眞輝(G)(撮影:河本悠貴)

白井眞輝(G)(撮影:河本悠貴)[拡大]

そして川上によって、次の曲を白井が歌うことが宣言される。「新人歌い手の白井です」と挨拶した白井は、敬愛するBLANKEY JET CITYの「SWEET DAYS」をハイトーンボイスで見事に歌い上げた。ライブも後半に差しかかると、彼らは「Starrrrrrr」「風になって」などバンドの代表的なヒットナンバーを連投。普段のライブであれば大きなシンガロングが巻き起こるはずのシチュエーションで無歓声を守るオーディエンスから悔しさを感じ取った川上が、「大阪、いつか一緒に歌おうな!」と笑顔で呼びかける場面もあった。

[Alexandros]「ALEATORIC TOMATO Tour 2021」7月31日 Zepp Osaka Bayside公演の様子。(撮影:河本悠貴)

[Alexandros]「ALEATORIC TOMATO Tour 2021」7月31日 Zepp Osaka Bayside公演の様子。(撮影:河本悠貴)[拡大]

クライマックスでは熱狂的な空気に包まれながら「Beast」「閃光」「アルペジオ」「Mosquito Bite」といった疾走感あふれるロックチューンを畳みかけた[Alexandros]。最後にライブの締めとしてはおなじみの「PARTY IS OVER」をエモーショナルに届けると、川上は「大阪ありがとう! 愛してるぜ!」と叫んでステージをあとにした。さらに鳴りやまないアンコールの拍手に応え、5人は再びステージに登場。「ワタリドリ」「Kick&Spin」「LAST MINUTE」の3曲を熱演してライブの幕を閉じた。

[Alexandros]「ALEATORIC TOMATO Tour 2021」7月31日 Zepp Osaka Bayside公演の様子。(撮影:河本悠貴)

[Alexandros]「ALEATORIC TOMATO Tour 2021」7月31日 Zepp Osaka Bayside公演の様子。(撮影:河本悠貴)[拡大]

また5人が去ったステージのスクリーンにおいて、「ALEATORIC TOMATO Tour 2021」アリーナ編となる4公演のツアータイトルが「ALEATORIC ARENA 4 DAYS」に決定したことが発表された。イープラスではこのツアーチケットの先行予約を受付中。なお「ALEATORIC TOMATO Tour 2021」Zepp Osaka Bayside公演のアーカイブ映像は8月9日23:59まで視聴できるほか、[Alexandros]のYouTube公式チャンネルでは公演の一部が無料公開されている。

この記事の画像・動画(全10件)

[Alexandros]「ALEATORIC TOMATO Tour 2021」2021年7月31日 Zepp Osaka Bayside公演 セットリスト

01. タイトル未定
02. For Freedom
03. Boo!
04. Girl A
05. Dear Enemies
06. Waitress, Waitress!
07. Don't Fuck With Yoohei Kawakami
08. Thunder(Bedroom Joule ver.)
09. Vague
10. Leaving Grapefruits(Aco ver.)
11. You're So Sweet & I Love You
12. This Is Teenage
13. Starrrrrrr
14. 風になって
15. Philosophy
16. Beast
17. 閃光
18. アルペジオ
19. Mosquito Bite
20. PARTY IS OVER
<アンコール>
21. ワタリドリ
22. Kick&Spin
23. LAST MINUTE

ALEATORIC ARENA 4 DAYS

2021年10月12日(火)神奈川県 横浜アリーナ
2021年10月13日(水)神奈川県 横浜アリーナ
2021年10月26日(火)東京都 日本武道館
2021年10月27日(水)東京都 日本武道館

全文を表示

[Alexandros]のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 [Alexandros] の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。