ウソ漫談家の街裏ぴんくがエイプリルフールに歌手デビュー

111

お笑い芸人の街裏ぴんくと現役女子高生タレント奥森皐月によるユニット・さっぴ&ぴっぴのオリジナル楽曲「マジウゲランニャマ~」が、エイプリルフールの本日4月1日に配信リリースされた。

さっぴ&ぴっぴ「マジウゲランニャマ~」配信ジャケット

さっぴ&ぴっぴ「マジウゲランニャマ~」配信ジャケット

大きなサイズで見る(全3件)

街裏ぴんくはリアリティのある嘘の話で構成された“ウソ漫談”を披露している漫談家。「マジウゲランニャマ~」は、そんな街裏ぴんくの芸風のように「きりんはオナラをすると すこしまえにすすむ」や「シールとステッカーのちがいは きもちできまる」など笑える小さな嘘を奥森との掛け合いで歌うコミックソングとなっている。

今回歌手デビューすることに対し、街裏ぴんくは「それこそ“ウソ”かと思いました(笑)。今回リリースした『マジウゲランニャマ~』は、さも子供向けの歌のように見せて実は大人に向けて作りました。“子供がマネしてウソをつきまくったらどうすんの!”って、お父さんやお母さんには嫌がられるかもしれませんが、みんなが笑顔になる“良いウソ”で世の中が少しでも明るくなるように、これからも身の回りの本当のことを伝えていきたいと思います(笑)」とコメント。さらに「僕がやっている芸は、一人喋りでの全てが架空のウソ漫談です。僕の独演会では“逃げてください”とよく言っているのですが、漫談を聴いている時だけは日頃のストレスや嫌なことから逃げてほしいと思っています。そんな思いをもっと分かりやすく表現するべく、最強の相方・さっぴ(奥森皐月さん)とユニットを組んで歌にしてみました。人を欺くのは良くないですが、誰かを楽しませる為のウソや、悲しい思いをさせない為のウソならば “あってもいい”と思っています!」と語っている。

この記事の画像・動画(全3件)

街裏ぴんくのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 街裏ぴんく の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。