NOA、海外ファンも魅了した21歳のバースデーライブ

599

NOAが21歳の誕生日である3月13日に初のオンラインライブ「NOA 1st ONLINE LIVE」を開催。ライブの模様はNOAのYouTube公式チャンネルで無料配信された。

NOA(Photo by Yoshifumi Shimizu)

NOA(Photo by Yoshifumi Shimizu)

大きなサイズで見る(全8件)

NOA(Photo by Yoshifumi Shimizu)

NOA(Photo by Yoshifumi Shimizu)[拡大]

NOAは、2012年に滞在先の韓国でスカウトされ、YG ENTERTAINMENTの練習生として7年間過ごしたトリリンガルアーティスト。2018年に日本に帰国し、2020年にソロデビューを果たした。最新作「Too Young」のリリースと21歳の誕生日を記念して開催されたオンラインライブには海外のファンも数多く集まり、チャット欄は英語のコメントで埋め尽くされた。

NOA(Photo by Yoshifumi Shimizu)

NOA(Photo by Yoshifumi Shimizu)[拡大]

配信はNOAのデビュー曲「LIGHTS UP」でスタート。2人のダンサーを従えたNOAは、しなやかに踊りながら「全てが始まるよlike sunrise up」と歌う。続けてNOAは、tofubeatsとコラボした2ndシングル曲「TAXI feat. tofubeats」を披露。この曲は好きな相手とタクシーに乗って旅するイメージで制作したというR&Bナンバーで、tofubeatsのパートではNOAがドライブをイメージさせるダンスでファンを楽しませた。日本語と英語による挨拶を経て、NOAは「Friends?」を歌唱。カメラに視線を送りながら語りかけるように歌い、続く「Better」ではマイクスタンドを使ってじっくりと歌い上げた。

「NOA 1st ONLINE LIVE」の様子。

「NOA 1st ONLINE LIVE」の様子。[拡大]

その後、ファンから思い出の写真を募ってリリックビデオを制作した楽曲「FIREWORKS」をエモーショナルに歌ったNOAは、「ここからは踊りまくるので最後まで楽しんでいってください!」と視聴者に呼びかけると「Multiverse」のパフォーマンスを開始。エネルギッシュなダンスでテンションを高めると、最新作の表題曲「Too Young」でライブを締めくくった。

NOAとダンサー。(Photo by Yoshifumi Shimizu)

NOAとダンサー。(Photo by Yoshifumi Shimizu)[拡大]

パフォーマンスを終えたNOAは、「初めてのコンサートということで少し緊張もしたんですけど、すごく楽しかったです。状況がよくなって、皆さんにお会いできるようになったらすぐに会いに行くので楽しみにしていてください!」とファンにメッセージを送る。ここで配信は終わりかと思いきや、スタッフがNOAにバースデーケーキをプレゼント。NOAはサプライズに驚きつつ、ろうそくの火を吹き消すと「おいしくいただきます!」と感謝し、温かい拍手を浴びた。

なおYouTubeでは本公演のアーカイブを3月31日23:59まで視聴可能だ。

この記事の画像(全8件)

「NOA 1st ONLINE LIVE」2021年3月13日 セットリスト

01. LIGHTS UP
02. TAXI feat. tofubeats
03. Friends?
04. Better
05. FIREWORKS
06. Multiverse
07. Too Young

全文を表示

NOAのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 NOA の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。