SWALLOWが新曲「蒼昏」配信、本日14日にLINE LIVEで披露

60

SWALLOWが本日3月14日に新曲「蒼昏(あおがれ)」を配信リリースした。

SWALLOW

SWALLOW

大きなサイズで見る(全3件)

SWALLOW「蒼昏」配信ジャケット

SWALLOW「蒼昏」配信ジャケット[拡大]

「蒼昏」は2019年10月に公開されたデモ音源「Blue #demo」をもとにした楽曲で、後悔、嫉妬、逃避願望といった複雑な感情が叫ぶように歌われている。「蒼昏」というタイトルは、明け方や日没に辺りが青い光に包まれる現象・ブルーモーメントから付けられた。楽曲のプロデュースは、ヨルシカなど数多くのブレイクアーティストの制作に深く関わるSEED SEEKERSが「SWALLOW」「ULTRA MARINE」に引き続き担当している。工藤帆乃佳(G, Vo)は「蒼昏」について「悲しみであり、痛みであり、妬みであり、諦めでもあり、志でもある曲です。わかるひとにはわかる、わからないひとには、新しい解釈を与えられる曲だと信じています。強いて言うなら、受け取る人が受け取るままに、素直に聴いていただければ嬉しいです」とコメントしている。

楽曲の配信を記念して、本日14日(日)20:00よりLINE LIVEで特番「SWALLOW『蒼昏』リリース記念ライブ」が配信される。番組ではSWALLOWがフルバンド編成で「蒼昏」を披露する。LINE MUSICでは「蒼昏」を本日多く再生したユーザーの中から上位10名にサイン入りチェキをプレゼントするキャンペーンも行われる。

この記事の画像(全3件)

工藤帆乃佳(G, Vo)コメント

17歳の春に作り、約1年と半年を経て完成した「蒼昏」、3月14日についにリリースとなりました。
「蒼昏」というタイトルは、歌詞中にある「ブルーモーメント」の和訳です。ブルーモーメントとは、明け方や日没に、辺りが青い光に包まれる現象ですが、青森にいた頃によく経験していたように思います。
今回、曲に関して特に言いたいことはありません。
SWALLOWになって初のバラードであり、アレンジの隅々に至るまで、我々にとっても新しい挑戦をした楽曲です。
悲しみであり、痛みであり、妬みであり、諦めでもあり、志でもある曲です。
わかるひとにはわかる、わからないひとには、新しい解釈を与えられる曲だと信じています。
強いて言うなら、受け取る人が受け取るままに、素直に聴いていただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

LINE LIVE「SWALLOW『蒼昏』リリース記念ライブ」

配信日時:2021年3月14日(日)20:00~
配信URL : https://live.line.me/channels/1184031/upcoming/16218514

全文を表示

SWALLOWのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 SWALLOW の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。