音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

赤西仁、ワーナーと契約し春に全米メジャーデビュー

254

11月にアメリカツアーを敢行した赤西仁が凱旋帰国し、本日12月9日に都内で記者会見を開催。ワーナーミュージック・グループと契約し、2011年春に全米デビューすることを発表した。

赤西は11月7日のシカゴ公演を皮切りに、サンフランシスコ、ヒューストン、ロサンゼルス、ニューヨークと5公演にわたるツアー「Yellow Gold Tour 3010」を開催。合計1万5000人を動員し、本格的な全米デビューの足がかりとした。このツアーの成功と、現在アメリカの音楽マーケットでアジア系アーティストに注目が集まっていることを受け、ワーナーミュージック・グループが赤西との契約に踏み切った。

この日の会見冒頭にはワーナーミュージック・ジャパンのラクラン・ラザフォードCEOが、赤西について「日本のエンタテインメント業界の素晴らしいスターであるJIN AKANISHIが、ワーナーミュージック・グループに加わることを発表できるのをうれしく思います」とコメント。赤西とグローバル契約を結び、アメリカおよびアジアでの活動をバックアップすること、2011年春にはシングルとアルバムをリリースし全米ツアーを開催することを明らかにした。

その後登場した赤西は「緊張する!」と苦笑いしつつ、報道陣に向けて「ワーナーミュージック・グループと契約させていただくことを報告します」と報告。契約のきっかけについては「自分でやりたいことをやっていたらこうなっていました」と語り、「物事がすごく早く動きすぎて……今もまだ実感していないです(笑)」と、急ピッチで進んだ全米デビューに対する喜びと戸惑いを見せた。

全米ツアーの手応えについては「自分でもびっくりするぐらい、すごく良かったし楽しかったです」とコメント。また、国内のファンからの応援を「力になりましたね。ファンのみなさんに対しては感謝の一言です」と語った。

また全米デビューを前に、2011年1月には日本で赤西の凱旋公演「Yellow Gold Tour 3011」が行われることも明らかになった。1月14日から16日にさいたまスーパーアリーナ公演、1月21日から23日に大阪城ホール公演が開催される。この公演では6公演あわせて10万5000人を動員予定。赤西はこのツアーについて「いつもどおり楽しめればいいなと思っています」と語っており、全米ツアーの成果が存分に反映されたステージとなりそうだ。

ワーナーミュージック・グループ
リオ・コーエン副会長 メッセージ

この度、JINをワーナーミュージックファミリーの一員として迎えられることを非常にうれしく思います。先日行われたアメリカでのコンサートを目にし(チケットがソールドアウト)、ご自身の出身である日本での活躍に留まらず、米国そして全世界でもファンを獲得しているおとを痛感しました。彼のように非常に才能溢れるアーティスト、そして彼のマネージメントチームと一緒に音楽作りをできることを非常にエキサイティングに思うのと同時に、我々の持つワールドワイドなネットワークを駆使し、JINのグローバルなキャリア構築のお手伝いができれば幸いです。

Yellow Gold Tour 3011

2011年1月14日(金)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
2011年1月15日(土)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
2011年1月16日(日)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ

2011年1月21日(金)大阪府 大阪城ホール
2011年1月22日(土)大阪府 大阪城ホール
2011年1月23日(日)大阪府 大阪城ホール

音楽ナタリーをフォロー