真心ブラザーズが中野サンプラザに帰還、10人編成で新旧織り交ぜた20曲届ける

394

真心ブラザーズが2月20日に東京・中野サンプラザホールでワンマンライブ「はしゃぎすぎてる春の大人さ 2020」を開催した。

真心ブラザーズ「はしゃぎすぎてる春の大人さ 2020」の様子。(撮影:森久)

真心ブラザーズ「はしゃぎすぎてる春の大人さ 2020」の様子。(撮影:森久)

大きなサイズで見る(全6件)

毎年、中野サンプラザホールで恒例ライブを行ってきた真心ブラザーズ。「はしゃぎすぎてる春の大人さ 2020」は当初、昨年4月開催予定だったが新型コロナウイルス感染拡大の影響により公演の延期がアナウンスされていた。収容人数の調整など感染症対策を講じたうえで行われた約1年越しの振替公演では、会場に足を運べないファンにも楽しんでもらえるようライブ配信も実施。真心の2人は、上野一郎(B)、須貝直人(Dr)、伊東ミキオ(Key)、うつみようこ(Cho)、ホーン隊の西岡ヒデロー(Tp)、上石統(Tp)、首藤晃志(Sax)、宇田川寅蔵(Sax)からなるバンド・MB'sとともに約2時間のパフォーマンスを繰り広げた。

真心ブラザーズ「はしゃぎすぎてる春の大人さ 2020」の様子。(撮影:森久)

真心ブラザーズ「はしゃぎすぎてる春の大人さ 2020」の様子。(撮影:森久)[拡大]

YO-KING(Vo, G)と桜井秀俊(G, Vo)はMB'sの面々を従えてステージに登場すると、「新しい夜明け」でライブをスタート。そのまま「さるまわし」をプレイし、グルーヴィなバンドサウンドを場内に響かせた。演奏を終えたYO-KINGは代表曲「サマーヌード」の歌詞をもじって名付けられた公演タイトル「はしゃぎすぎてる春の大人さ」について、「これは延期になるわ(笑)」と一言。これについて桜井は「危機意識の欠片も感じられない!(笑)」と冗談交じりに語った。彼らは昨年10月発表の最新アルバム「Cheer」の収録曲「ビギン!」でライブを再開させると、「妄想力」「Step steady」「FLYING BABY」を立て続けに披露。MB'sとの息の合ったアンサンブルでオーディエンスの体を揺らした。

YO-KING(撮影:森久)

YO-KING(撮影:森久)[拡大]

6曲目までを終えるとMB'sの面々の一部が退場し、YO-KING、桜井、上野、須貝の4人編成に。彼らは太く重たいベースラインが印象的な「ふっきれてる」や、ロックチューン「紺色」を繰り出して場内の熱気を高めていく。次にアコースティックギターに持ち替えたYO-KINGがスポットライトに照らされながら「素晴らしきこの世界」の演奏をスタート。曲の中盤からほかのメンバーたちが熱を帯びた演奏を重ねていき、エモーショナルな空間を作り上げた。

ライブ中盤のMCでは、桜井が健康のため深夜にラーメンを食べなくなったという話題に。桜井が「先月、日本青年館ホールでライブやったじゃん。その配信の映像を見返してたらYO-KINGさんがシュッとしてるのに比べて、俺が夜中にラーメン食べてるやつみたいな佇まいだったんだよね(笑)」「(ラーメンを食べる頻度は)週に1回くらい。でも、そんなことじゃいけないと思ってやめたんです」と話すと、YO-KINGが「どおりで今日カッコいいと思ったわ。輝いてる! 弾けてるよ!(笑)」と返して会場の笑いを誘った。

桜井秀俊(撮影:森久)

桜井秀俊(撮影:森久)[拡大]

終盤に10人編成に戻ると、桜井が「次は真心の持ち曲の中でももっともコール&レスポンスをしたい曲。でも今はそれができません。マスクの向こうの心の声を聞かせてください」と観客に呼びかけて「あれあれ、あの、あれ」を披露。桜井はMB'sのジャジーな演奏に乗せて、物忘れなど加齢ネタ満載の歌詞を楽しそうに歌い上げた。その後は中野サンプラザホール公演ではおなじみの「RELAX~OPEN~ENJOY」や、ファンキーチューン「BABY BABY BABY」、曲中に各メンバーのソロパートが盛り込まれた「炎」、ピースフルなラブソング「I'm in Love」などの人気曲を次々にプレイしてステージをあとにした。

真心ブラザーズ「はしゃぎすぎてる春の大人さ 2020」の様子。(撮影:森久)

真心ブラザーズ「はしゃぎすぎてる春の大人さ 2020」の様子。(撮影:森久)[拡大]

アンコールを受けて再び登場した真心とMB'sは、まず代表曲「ENDLESS SUMMER NUDE」をエネルギッシュにパフォーマンス。そして桜井が「またこの場所に戻ってきたいと思いますので、皆さんどうかお元気で。また遊びましょう!」、YO-KINGが「今日は本当にありがとうございました」と会場に集まった観客および画面越しの視聴者に感謝の気持ちを伝えたのち、「EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG」でポジティブなメッセージを届けてこの日の公演の幕を降した。

この記事の画像(全6件)

真心ブラザーズ「はしゃぎすぎてる春の大人さ 2020」2021年2月20日 中野サンプラザホール セットリスト

01. 新しい夜明け
02. さるまわし
03. ビギン!
04. 妄想力
05. Step steady
06. FLYING BABY
07. ふっきれてる
08. 紺色
09. 素晴らしきこの世界
10. 不良
11. 緑に水
12. 明日はどっちだ!
13. あれあれ、あの、あれ
14. RELAX~OPEN~ENJOY
15. BABY BABY BABY
16. パッチワーク
17. 炎
18. I'm in Love
<アンコール>
19. ENDLESS SUMMER NUDE
20. EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG

全文を表示

真心ブラザーズのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 真心ブラザーズ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。