ももクロ「ももいろ歌合戦」で見せつけた“ニッポンの底力”!過去最多出場者と笑顔で新年迎える

3109

ももいろクローバーZによる年越しイベント「第4回 ももいろ歌合戦~ニッポンの底力~」の模様が2020年12月31日から2021年1月1日にかけてABEMA SPECIAL2チャンネルで生配信された。

「第4回 ももいろ歌合戦~ニッポンの底力~」の様子。(撮影:上飯坂一)

「第4回 ももいろ歌合戦~ニッポンの底力~」の様子。(撮影:上飯坂一)

大きなサイズで見る(全88件)

「ももいろ歌合戦」は毎年大晦日に開催されている恒例のカウントダウンイベント。毎回ももクロが豪華出演者とともに紅組と白組の2チームに分かれて歌合戦を繰り広げている。今回の公演は東京・グランドプリンスホテル新高輪 飛天を舞台に初の無観客生配信イベントとして行われ、“ニッポンの底力”がテーマに。前回に引き続き百田夏菜子佐々木彩夏が白組、玉井詩織高城れにが紅組の代表として対決し、2020年を締めくくる華やかなパフォーマンスを視聴者に届けた。ABEMAでは17:00より8時間にわたってイベントの模様が生配信され、BS日テレやニッポン放送でも公演途中から生放送が行われた。

ももクロを助けに現れた舘ひろし。(撮影:上飯坂一)

ももクロを助けに現れた舘ひろし。(撮影:上飯坂一)[拡大]

オープニングは開会宣言に入ろうとするメンバーを、黒瀬純(パンクブーブー)率いる悪の軍団が邪魔するというももクロらしい茶番劇でスタート。そこに「ももいろ歌合戦」応援団長の舘ひろしがサングラスとタキシード姿で駆け付けて4人を華麗に救出し、イベントの幕開けを宣言した。豪華なオープニング映像が終わると、ももクロと総合司会の東京03が花柳糸之社中の踊りに合わせてそうそうたる顔ぶれの出場者を紹介。「#ももいろ歌合戦」がTwitterのトレンド1位にランクインするなど、早くも大きな盛り上がりを見せる中、紅組からは木梨憲武が、白組からはEXITがトップバッターを務め、それぞれ普段の芸人としての姿とは異なるアーティスト然としたステージングで視聴者を魅了した。

SUPER★DRAGON(撮影:上飯坂一)

SUPER★DRAGON(撮影:上飯坂一)[拡大]

出場者が自分たちの歌いたい曲をフル尺で披露するのも「ももいろ歌合戦」の特徴の1つで、1発目のお笑い芸人対決を皮切りに、その後も見どころたっぷりのパフォーマンスが連続。メディアミックスプロジェクト「D4DJ」に登場するユニット・Happy Around!はアニメ映像を挟みながら元気いっぱいなステージを展開し、Reolは動画共有サイトを中心に大きな人気を集めている「第六感」で迫力のある歌声を響かせる。CDデビューしてまだ3カ月のOWVが完成度の高い歌とダンスを堂々と見せつけたあとは、SUPER★DRAGONが前回と同様に事務所の先輩であるももクロの代表曲「行くぜっ!怪盗少女」をカバー。ハードにアレンジしたサウンドとキレのある動きでボーイズグループ対決を盛り上げた。

アップアップガールズ(仮)とアップアップガールズ(2)。(撮影:上飯坂一)

アップアップガールズ(仮)とアップアップガールズ(2)。(撮影:上飯坂一)[拡大]

データカードダスおよび映像作品の「アイカツプラネット!」キャスト8名によるアイドルユニット・STARRY PLANET☆は、伊達花彩(いぎなり東北産)を中心に元気いっぱいにダンス。対するオーイシマサヨシはアニメ映像をバックに「トミカ絆合体 アースグランナー」のオープニング曲「世界が君を必要とする時が来たんだ」を熱唱した。またアップアップガールズ(仮)は2020年いっぱいで卒業となるメンバーとオーディションで選ばれた新メンバー、姉妹グループ・アップアップガールズ(2)を含む総勢20人体制のにぎやかなライブを、少女向け特撮ドラマ「ひみつ×戦士 ファントミラージュ!」初のガールズグループ・mirage2はキュートできらびやかな世界観を画面越しに届ける。Kizuna AIはアプガ(2)のメンバー4人をバックダンサーに従えてリアルとバーチャルを融合させ、私立恵比寿中学はメジャーデビュー曲「仮契約のシンデレラ」を笑顔いっぱいにパフォーマンスした。

夕闇に誘いし漆黒の天使達と高城れに。(撮影:上飯坂一)

夕闇に誘いし漆黒の天使達と高城れに。(撮影:上飯坂一)[拡大]

一昨年に引き続き2回目の出場となった中澤卓也、白いドレス姿で花柳糸之社中とともに登場した塩乃華織は伸びやかな歌声で視聴者を圧倒。シルクロード(Fischer's)による応援コメントの上映後にはYouTube発のコミック系ラウドバンド・夕闇に誘いし漆黒の天使達が猫への感謝の気持ちを叫ぶ「猫サンキュー」をプレイし、曲中に猫耳を付けた高城を迎えてこの日限りのコラボを披露した。これに対し、YouTube業界初のボーカルユニット・TTJは12月23日に配信リリースしたばかりの新曲「シャウト!」をエネルギッシュに歌唱。続く対決ではサイプレス上野とロベルト吉野がカメラの向こうにコール&レスポンスを促すなどしてパワフルなステージを展開したかと思えば、沖縄の野外からの参加となったHYが代表曲「AM11:00」を優しく歌い上げた。

ファンキー加藤とももいろクローバーZ。(撮影:上飯坂一)

ファンキー加藤とももいろクローバーZ。(撮影:上飯坂一)[拡大]

百田の衣装を着てカメラの前に現れた松本明子はukkaをゲストに迎え、彼女たちの楽曲「リンドバーグ」を歌唱。Twitter上でアイドルの楽曲のカバー企画を行っている松本ならではの異世代コラボを実現させた。また戸田恵子はバラード曲「強がり」で繊細かつ力強い歌声を披露。スカイピースがパーティチューン「オタパリパーティー」をテンション高く歌ったあとには、「ももいろ歌合戦」常連の氣志團がももクロの代表曲「走れ!」のカバーで対抗し、モノノフ(ももクロファンの呼称)を喜ばせた。次に出番を迎えたファンキー加藤は、メジャーリーガーの田中将大投手の2020年度登場曲として書き下ろしたももクロ「On Your Mark」を熱唱。ゲストの田中投手がステージ横で見守る中、ももクロの4人とともに挑戦者の背中を押すストレートなメッセージを歌に乗せた。また、ももクロの“同志”である東京女子流も前向きなメッセージソング「キミニヲクル」を笑顔で披露した。

瑞季、宇野愛海と一緒に「えびぞりダイアモンド!!」をパフォーマンスした私立恵比寿中学。(撮影:上飯坂一)

瑞季、宇野愛海と一緒に「えびぞりダイアモンド!!」をパフォーマンスした私立恵比寿中学。(撮影:上飯坂一)[拡大]

続いてももクロと同じくスターダストプロモーションに所属する岡田将生の応援コメントを挟み、イベントは前回好評を博した「アイドルメドレー」へ。女性陣からはももクロ、エビ中、たこやきレインボー超ときめき▽宣伝部、東京女子流、アプガ(仮)、アプガ(2)、妃海風、塩乃、松本、森口博子、朝日奈央ら、男性陣からは中澤、野々村真、SUPER★DRAGONが参加し、入れ替わり立ち代わりで事務所や世代を越えた貴重なコラボの数々を披露。1970年代の懐かしのナンバーから最新の楽曲に至るまで数々のアイドルソングをメドレー形式で歌唱した。中でもエビ中が過去に卒業したメンバーで、今回のイベントにはSTARRY PLANET☆の一員として出演した宇野愛海、瑞季とともに「えびぞりダイアモンド!!」を歌うという、エビ中ファミリー(エビ中ファンの呼称)をエモーショナルな気持ちにさせるステージを繰り広げると、配信画面のチャット欄は感激の声であふれかえった。また、ももクロは百田の高校の同級生である朝日奈央とアイドリング!!!の楽曲などをコラボ。最後はこの日が卒業メンバーのラストステージとなったアプガ(仮)を中心に、総勢29名でキラーチューン「アッパーカット!」がパフォーマンスされた。

左から高木ブー、高城れに。(撮影:上飯坂一)

左から高木ブー、高城れに。(撮影:上飯坂一)[拡大]

時刻が20:00を過ぎ、飯塚悟志(東京03)の「8時過ぎだよ! 全員集合!」のかけ声で始まったのは、高木ブーと高城によるダブル“たかぎ”のステージ。2人はそれぞれウクレレを持ってやわらかい音色を奏で、続く倖田來未はそのほんわかした空気を妖艶な歌とダンスによって一瞬で引き締めた。次の対決では河村隆一が「名なし花」を、HYDEが「ZIPANG」を別スタジオから歌唱。2人の大物シンガーの貫禄あるパフォーマンスに、ももクロの4人もうっとりと聴き入った。夢スター春・秋 選抜メンバーの出番になると、夢グループ石田重廣社長と保科有里が通販番組風のMCを始め、高城れにが描いた牛の絵を売ろうとしてももクロや東京03を笑わせる。韓流歌手のZEROはコロナ禍をテーマにした「NAROCO」を歌い、画面の向こうに元気を届けた。

「いまはおやすみ」を歌う戸田恵子。(撮影:上飯坂一)

「いまはおやすみ」を歌う戸田恵子。(撮影:上飯坂一)[拡大]

イベントの中盤には本広克行監督が演出を手がけた「機動戦士ガンダム~はじまりのはじまり~」と題した演目が披露される。ステージ後方のスクリーンに「ガンダム」シリーズや神奈川・横浜市の山下ふ頭に立てられた実物大ガンダム像の映像が映し出される中、オーイシが「砂の十字架」、アコースティックギターを持った玉井が「哀 戦士」、森口博子が「めぐりあい」を歌唱。さらに「機動戦士ガンダム」でマチルダ・アジャン役を務めた戸田が「いまはおやすみ」を歌い上げ、迫真の生朗読で視聴者を感動させた。

広瀬香美 with 百田夏菜子(撮影:上飯坂一)

広瀬香美 with 百田夏菜子(撮影:上飯坂一)[拡大]

「ガンダム」の特別コーナーが終わると、今度はディズニーの楽曲を披露し合う対決へ。妃海は「リトル・マーメイド」の名曲「パート・オブ・ユア・ワールド」、尾上松也は「モアナと伝説の海」の挿入歌「俺のおかげさ」で聴く者の心を鷲づかみにするような美声を響かせた。次にステージに姿を現したCreepy Nutsは2020年を代表する楽曲の1つ「かつて天才だった俺たちへ」をプレイし、広瀬香美は大ヒット曲「ロマンスの神様」を百田と仲よくデュエット。ももクロのバックバンド・ダウンダウンももクロバンドのメンバーとしてもおなじみの加藤いづみは「好きになって、よかった」をしっとりと歌い、森口は再び「ガンダム」の映像を背景に「君を見つめて-The time I’m seeing you- / with 本田雅人」「水の星へ愛をこめて」の2曲を連続で披露した。

石川柊太 with 佐々木彩夏(撮影:上飯坂一)

石川柊太 with 佐々木彩夏(撮影:上飯坂一)[拡大]

市川猿之助の開幕宣言でスタートした「今年の顔2020」と題された特別コーナーでは、サ上とロ吉による進行のもと、TikTokを起点に人気を集めている川崎鷹也や703号室、12月にリリースしたミニアルバム「ドレス・レ・コード」で本格的に音楽活動をスタートさせたコスプレイヤー・えなこらが大集合。ファーストサマーウイカはLiSA「紅蓮華」をピアニストYouTuber・ハラミちゃんの演奏に合わせて熱唱した。また、佐々木が福岡ソフトバンクホークス石川柊太投手の登場曲「仕事しろ」の年末バージョン「仕事した」を石川投手とそろって踊るという貴重な映像が届けられたほか、百田扮するKanakooが椅子に腰掛けて瑛人「香水」をカバー。ラストはTikTok発のシンガーソングライター・ひらめが「ポケットからきゅんです!」を弾き語り、このコーナーの出演者全員で“きゅんポーズ”を決めた。

乱入する江頭2:50。(撮影:上飯坂一)

乱入する江頭2:50。(撮影:上飯坂一)[拡大]

ヒプノシスマイクによる特別応援ラップでチャット欄が大いに沸いたのち、歌合戦はとうとう終盤戦に突入する。この日2回目の芸人対決では毎年歌手としても参加している角田晃広(東京03)が長渕剛「HOLD YOUR LAST CHANCE」を気持ちよさげにカバー。対するビートきよしは、ほたるゲンジ、GO(オテンキ)、ジョーク東郷、オラキオが熱湯風呂に浸かっている間だけ「浅草キッド」を歌うことができるという謎のルールに今回も挑戦した。芸人軍団の奮闘のおかげで、なんとかビートきよしの歌唱が無事に続いていたが、途中で江頭2:50が突如乱入し、巨大なバランスボールを破裂させるというカオスな展開が繰り広げられた。その後、中山秀征の応援コメントを経てカウントダウン生配信ライブ中のさだまさしが中継で出演し、「必ず明日は来る」「あなた独りじゃない」と歌いかける楽曲「奇跡 2021」を披露。泉谷しげるも「春夏秋冬」を歌いつつ、「来年こそはコロナのバカ野郎を追い出そう!」と視聴者にメッセージを送った。鍛えた大胸筋を露出させた衣装で登場した西川貴教は“声量おばけ”と呼ばれるシンガーとしての実力を見せつけ、NOKKOは白いドレスに身を包んだ佐々木がバレエを踊る中、「人魚」を歌唱した。

ピアノを弾く百田夏菜子扮する生駒吉乃。(撮影:上飯坂一)

ピアノを弾く百田夏菜子扮する生駒吉乃。(撮影:上飯坂一)[拡大]

過去最多の出場者を迎えた「第4回 ももいろ歌合戦」最後の対決では、ももクロと縁の深い松崎しげるが紅組のトリを務め、代表曲「愛のメモリー」をパワフルに歌い上げる。一方、白組からは3月12日に公開される映画「すくってごらん」のコラボレーション企画として、尾上が演じる主人公の香芝誠と百田演じるヒロインの生駒吉乃が本作の衣装であるスーツと浴衣姿で登場。映画の劇中歌「この世界をうまく泳ぐなら」をデュエットし、この日のために映画監督の真壁幸紀が編集した特別映像をバックに美しいハーモニーを響かせた。百田はこれまで披露してこなかったピアノの生演奏に挑戦してモノノフに大きな驚きと感動を与え、パフォーマンスが終わったあとに飯塚から感想を聞かれると、プレッシャーから解放された安堵感からか、瞳から大粒の涙をこぼれさせた。

そして約7時間におよぶ対決が終了し、ABEMAの視聴者とSNSのユーザーによる投票の集計が行われた結果、僅差で百田と佐々木が率いる白組の勝利が決定。第3回に続く2連覇を達成し、飛び跳ねて喜びを爆発させた2人が、百田の姿を見てもらい泣きしたももクロの川上アキラプロデューサーから優勝旗を受け取るという心温まる光景が広かった。

ももいろクローバーZ(撮影:上飯坂一)

ももいろクローバーZ(撮影:上飯坂一)[拡大]

毎年恒例の水前寺清子を中心とした「三百六十五歩のマーチ」の大合唱で歌合戦が大団円に導かれたところで、いよいよももクロ単独のカウントダウンライブがスタートする。4人は今回も「行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.-」の曲中に一斉にジャンプして年越しの瞬間を迎え、さらに「PLAY!」「今宵、ライブの下で」や1月13日にリリースする劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」の主題歌「月色Chainon」をパフォーマンス。「ニッポン笑顔百景」をラストナンバーとして歌い、「笑おう笑おう」と笑顔で呼びかけた。最後のMCでは百田が「2021年はまず目の前のできることをやって、私たちはどんな場所でもどんな状況でもどんなやり方でも、皆さんに何かを届けられるように心がけていきます」と挨拶。モノノフに2021年の抱負を伝えてイベントの幕を閉じた。

なおABEMAビデオでは「第4回 ももいろ歌合戦」の見逃し配信を無料で公開中。

この記事の画像(全88件)

ももいろクローバーZ「第4回 ももいろ歌合戦~ニッポンの底力~」2020年12月31日 グランドプリンスホテル新高輪 飛天 セットリスト

紅組

01. 木梨憲武 / 「不思議なモナリザ」
02. Happy Around! from D4DJ / 「ぐるぐるDJ TURN!!」
03. OWV /「Ready Set Go」
04. STARRY PLANET☆ / 「Bloomy*スマイル」
05. アップアップガールズ(仮)アップアップガールズ(2) / 「FOREVER YOUNG」
06. Kizuna AI / 「Touch Me」
07. 中澤卓也 / 「約束」
08. 夕闇に誘いし漆黒の天使達 / 「猫サンキュー」
09. サイプレス上野とロベルト吉野 / 「PRINCE OF YOKOHAMA 2016」
10. 松本明子 / 「星猫」「リンドバーグ」
11. スカイピース / 「オタパリパーティー」
12. ファンキー加藤 with ももいろクローバーZ / 「On Your Mark」
13. 高木ブー高城れに / 「ON A LITTLE BAMBOO BRIDGE」
14. 河村隆一 / 「名なし花」
15.夢スター春・秋 選抜メンバー(あべ静江、石井明美、桑江知子、ZERO、平浩二、高道、保科有里、三善英史) / 「ごめんなさい、ありがとう」
16. 妃南風 feat. 花柳糸之社中 / 「パート・オブ・ユア・ワールド」
17. Creepy Nuts / 「かつて天才だった俺たちへ」
18. 加藤いづみ / 「好きになって、よかった」
19. 角田晃広(東京03) / 「HOLD YOUR LAST CHANCE」
20. さだまさし / 「奇跡2021」
21. 西川貴教 / 「As a route of ray」
22. 松崎しげる / 「愛のメモリー」

白組

01. EXIT / 「I got it get it」
02. Reol / 「第六感」
03. SUPER★DRAGON / 「行くぜっ!怪盗少女」
04. オーイシマサヨシ / 「世界が君を必要とする時が来たんだ」
05 . mirage2 / 「キセキ」
06. 私立恵比寿中学 / 「仮契約のシンデレラ」
07. 塩乃華織 / 「七尾線」
08. TTJ / 「シャウト!」s
09. HY / 「AM11:00」
10. 戸田恵子 / 「強がり」
11. 氣志團 / 「走れ!」
12. 東京女子流 / 「キミニヲクル」
13. 倖田來未 / 「Killer monsteR」
14. HYDE / 「ZIPANG」
15. ZERO / 「NAROCO」
16. 尾上松也 / 「俺のおかげさ」
17. 広瀬香美 with 百田夏菜子 / 「ロマンスの神様」
18. 森口博子 / 「君を見つめて-The time I’m seeing you- / with 本田雅人」「水の星へ愛をこめて」
19. ビートきよし / 「浅草キッド」
20. 泉谷しげる / 「春夏秋冬」
21. NOKKO feat. 佐々木彩夏 / 「人魚」
22. 香芝誠・生駒吉乃 / 「この世界をうまく泳ぐなら」

最強アイドルメドレー

・妃海風、佐保明梨、青柳佑芽、小山星流、工藤菫、鈴木あゆ、鈴木芽生菜、住田悠華、古谷柚里花、アップアップガールズ(2) / 「▽桃色片想い▽」
玉井詩織 / 「セーラー服と機関銃」
・中澤卓也、サンダードラゴン(SUPER★DRAGON) / 「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」
・柏木ひなた(私立恵比寿中学)、たこやきレインボー超ときめき▽宣伝部 / 「なんてったってアイドル」
・東京女子流、ももいろクローバーZ / 「鼓動の秘密」
野々村真、ファイヤードラゴン(SUPER★DRAGON) / 「男の勲章」
・アップアップガールズ(2)、私立恵比寿中学 / 「Mr.Moonlight ~愛のビッグバンド~」
・新井ひとみ(東京女子流)、佐保明梨(アップアップガールズ(仮))、塩乃華織、堀くるみ(たこやきレインボー) / 「White Love」
・高城れに、松本明子、森口博子 / 「ポリリズム」
・アップアップガールズ(仮)、たこやきレインボー、超ときめき▽宣伝部 / 「恋するフォーチュンクッキー」
・アップアップガールズ(2)、佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)、たこやきレインボー、東京女子流 / 「アザトカワイイ」
・塩乃華織、妃海風、SUPER★DRAGON / 「Make You Happy」
・私立恵比寿中学、宇野愛海、瑞季 / 「えびぞりダイアモンド!!」
・朝日奈央、ももいろクローバーZ、超ときめき▽宣伝部 / 「ガンバレ乙女(笑)」
・朝日奈央、ももいろクローバーZ / 「一緒に…(Happiness 2020)」
・アップアップガールズ(仮)、アップアップガールズ(2)、朝日奈央、ももいろクローバーZ、星名美怜(私立恵比寿中学)、中江友梨(東京女子流)、清井咲希(たこやきレインボー)、辻野かなみ(超ときめき▽宣伝部) / 「アッパーカット!」

機動戦士ガンダム~はじまりのはじまり~

・オーイシマサヨシ / 「砂の十字架」
・玉井詩織 / 「哀 戦士」
・森口博子 / 「めぐりあい」
・戸田恵子 / 「いまはおやすみ」

今年の顔2020

ファーストサマーウイカ with ハラミちゃん / 「紅蓮華」
・えなこ / 「名探偵キミに次ぐ」
・川崎鷹也 / 「魔法の絨毯」
・石川柊太 with 佐々木彩夏 / 「仕事した」
・Kanakoo / 「香水」
・703号室 / 「偽物勇者」
・ひらめ / 「ポケットからきゅんです!」

その他

・ヒプノシスマイク(山田二郎・入間銃兎・夢野幻太郎・伊弉冉一二三・躑躅森盧笙・四十物十四) / 「ヒプノシスマイク特別応援ラップ」
水前寺清子&LINE UP / 「三百六十五歩のマーチ」

ももいろクローバーZ

01. 行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.-
02. PLAY
03. 今宵、ライブの下で
04. 月色Chainon
05. ニッポン笑顔百景

※▽はハートマーク、mirage2の「2」は二乗が正式表記。

全文を表示

関連記事

ももいろクローバーZのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 ももいろクローバーZ / 百田夏菜子 / 玉井詩織 / 佐々木彩夏 / 高城れに / 東京03 / 木梨憲武 / EXIT / Reol / OWV の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。