百田夏菜子「すくってごらん」監督の感謝の言葉に感激、尾上松也と歌った「ももいろ歌合戦」振り返る

792

本日3月13日に東京・TOHOシネマズ 日本橋で行われた映画「すくってごらん」の公開記念舞台挨拶に百田夏菜子ももいろクローバーZ)、尾上松也柿澤勇人石田ニコル真壁幸紀監督が登壇した。

左から真壁幸紀監督、石田ニコル、尾上松也、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、柿澤勇人。

左から真壁幸紀監督、石田ニコル、尾上松也、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、柿澤勇人。

大きなサイズで見る(全13件)

昨日3月12日公開された映画「すくってごらん」は大谷紀子による同名マンガを実写化した作品。とある失敗で東京本社から左遷されたエリート銀行員の主人公・香芝誠が、都会から遠く離れた僻地で金魚すくいやそれを取り巻く人々と出会い、成長していく姿が描かれる。今回映画初主演となる尾上が香芝を演じ、百田は彼が左遷初日に運命的に出会い、一目惚れをするミステリアスな美女・生駒吉乃、柿澤は金魚を載せた車で放浪している謎多き男・王寺昇、石田は香芝に恋心を抱く魅惑的なカフェ店員・山添明日香に扮している。劇中には “歌えるキャスト”である4人の歌唱シーンが多く登場し、音楽的な要素がふんだんに盛り込まれている。

真壁幸紀監督

真壁幸紀監督[拡大]

本日の舞台挨拶では、まず真壁監督が4人をキャスティングした理由を説明。尾上について「まず大前提として、歌がふんだんに使われている映画なので、歌が歌える人。また香芝は東京から左遷されてきた、キャリアがある銀行員なのでそれに合った人、花がありつつ、情けない男にも見えるような人、その要素をすべて兼ね備えている人が今、日本に尾上松也さんしかいないんですよ」と絶賛した。これを受け、尾上は「よくよく考えると、確かに俺しかいないかもしれない(笑)」と冗談を飛ばしつつ、「原作にはない音楽的要素も入っていて、『これどうなるんだろう』という一抹の不安がよぎったくらいぶっ飛んだ台本だったんですけど、そのチャレンジングな精神に共鳴しまして、監督と制作スタッフの心意気に惚れました」とコメント。続いて真壁監督が「百田さんはピアノを弾けないと聞いていたんですけど、お芝居と声を優先してオファーさせていただいて。尾上松也さんが主演ということで、強い方がこないと霞んじゃうかなと思って、強い百田さんをキャスティングさせていただきました」と語ると、百田も「やっぱり強い人って言ったら私なのかな(笑)」と照れた様子を見せながらも、「ミステリアスな女性ということで『私でいいのかな』と最初は不安に思って、松也さんのおっしゃった通り台本を読んでもどんな作品になるのか想像しきれない部分も多かったんですけど、そこにワクワクしましたし、この作品に携わって一緒に作っていきたいという気持ちが強くなりました」とオファーを受けたときのことを振り返った。

また真壁監督は柿澤について「松也さんと百田さんをキャスティングした段階でちょっと強すぎるかなと思って。これはもしかしたら空中分解しかねないなと思って、個性も出せて、松也さんと百田さんの芝居を引き出せるような俳優さん、そして歌もピアノもできる人を探したら本当に柿澤さんしかいなかったんですよ」と紹介。石田に対しても「百田さんと対照的な人がいいなと思ってキャスティングさせていただいて。あとボーカルが素晴らしくて、素直な声で歌っていただきました」とベタ褒めした。

百田夏菜子(ももいろクローバーZ)

百田夏菜子(ももいろクローバーZ)[拡大]

その後トークは、百田が吉乃として歌う映画の主題歌「赤い幻夜」の話題へ。百田は「1人で主題歌を歌わせていただくなんて、こんなありがたい機会ないのですごくうれしかったですし、今回は吉乃として歌わせていただいて。吉乃は台本を読み込んでもセリフの裏側にある気持ちを探すのが難しい不思議な女性なんですけど、楽曲の中にも吉乃の気持ちを知る要素が含まれているんじゃないかと思って、歌詞を読み込んで歌わせていただきました」と語ったほか、長時間におよんだというレコーディングについて「監督から百田夏菜子の要素を1文字も出すなとオーダーがあったんです。何が私っぽく聞こえるのかということが自分でも正直わからなかったんですけど、監督に『あ、今の1文字がちょっと百田さんぽかった』とか、いろいろ指摘をいただくことで新しい発見もあって。いかに自分を削ぎ落としながら歌うかというレコーディングは初めてでした」と回想した。

百田夏菜子(ももいろクローバーZ)

百田夏菜子(ももいろクローバーZ)[拡大]

次に監督とキャストは映画のタイトルにちなんだ“すくわれた”エピソードをそれぞれ披露。真壁監督は「百田さんにはわりと厳しく接してきたので、ちょっと感謝の気持ちを言いたいと思います」と切り出し、「最悪ピアノが弾けなかったとしたら、吹き替えにしてプロのミュージシャンに弾いてもらうことを想定していたんですけど、百田さんは全部やりきって。全然弾いたことのなかった人がピアノに挑戦するというのは、相当つらい経験だと思うんです。監督の僕にはそういう表情は見せないんですが、去年の年末の『ももいろ歌合戦』(「「第4回 ももいろ歌合戦~ニッポンの底力~」」)で百田さんが生ピアノを弾いて成功させたあと、それを見ていたピアノの先生が泣き崩れて僕に握手を求めてきたときに、間接的に百田さんの苦しみが見えて。正直胸が苦しくなったんですけど、その努力のおかげで素晴らしい作品になっていると思います。そこは本当に感謝しています」と温めていた思いを伝える。この監督の話を聞いた百田は「撮影中に監督に褒めていただくことが一度もなかったので、とてもうれしいですし、びっくりしてます」と笑顔を浮かべ、「すごく高いレベルを求めてくださるので、それに応えたいという思いでいっぱいでしたし、私ができると信じていただけることがとても心強かったです」と感謝の言葉を返した。

尾上松也

尾上松也[拡大]

さらに百田は「普段から音楽の世界にいながら歌や楽器と触れる時間になるとどうしても後ろ向きになってしまう私を、松也さんが一番近くで応援してくださりました。ピアノのシーンでも応援に来てくださりましたし、『ももいろ歌合戦』では私のピアノに合わせて一緒に歌って、生放送でこんなに不安定なピアノで歌うって相当やりづらいと思うんですけど、私がリハーサルで弾き間違えても『大丈夫、大丈夫! もう1回やろう!』『本番で間違えてももう1回最初からやろう』と言ってくださって、本当に心強かったです」と尾上に対する感謝の気持ちを言葉に。尾上は「それぞれにやったことないことに挑戦するシーンがあったので、そのトップバッターとして百田さんがピアノをソロで弾いて。その日、僕は撮影はなかったんですけど、どうしても見てみたくて現場に行ったんです。ミスしたり、弾ききれないところもあるのかなと正直思ってたんですけど、完璧で。本当にそれに感動して、現場の気持ちが1つになったと思います」と語り、「どういうふうに接していったらいいかなと思っていたときに、すごくフランクに接してくださって、すごくリラックスできる空気を作ってくださったのはとても感謝しています。『ももいろ歌合戦』の本番が終わって涙を流されていたときは、僕自身もすごくグッときました」と自身の思いを伝えた。

この記事の画像(全13件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

ももいろクローバーZのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 ももいろクローバーZ / 百田夏菜子 / 尾上松也 / 柿澤勇人 / 石田ニコル / 真壁幸紀 / 大谷紀子 / すくってごらん の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。