関ジャニ∞横山裕主演舞台「マシーン日記」音楽はサカナクション、大根仁と再びタッグ

701

横山裕関ジャニ∞)の主演で2021年2月より上演される舞台「COCOON PRODUCTION 2021『マシーン日記』」のビジュアルが公開。また劇中音楽をサカナクションの岩寺基晴(G)、江島啓一(Dr)、岡崎英美(Key)、草刈愛美(B)が手がけることが発表された。

「COCOON PRODUCTION 2021『マシーン日記』」ビジュアル

「COCOON PRODUCTION 2021『マシーン日記』」ビジュアル

大きなサイズで見る(全5件)

「COCOON PRODUCTION 2021」は、Bunkamuraシアターコクーン芸術監督の松尾スズキの過去作品を新演出で上演するシリーズの第2弾。「マシーン日記」は1996年初演の松尾の代表作で、小さな町工場に隣接したプレハブに監禁された男・ミチオと、彼を取り巻く男女の四角関係を大根仁の演出で描く。

今回公開されたビジュアルは、物語の舞台となる町工場を連想させるメタリックな雰囲気に。作品のモチーフやキーワードと、横山や大倉孝二、森川葵、秋山菜津子が演じる登場人物がコラージュされている。

サカナクションは演出を務める大根からのオファーを受けて本作への参加が決定したとのこと。大根とサカナクションのタッグは、「第39回日本アカデミー賞」で最優秀音楽賞を受賞した2015年公開の映画「バクマン。」以来となる。今回のタッグについて江島は「メンバー共々舞台の音楽は初挑戦ですが、大根さんと出演者の皆さまが作る新しい『マシーン日記』という作品の一端を僕たちの音楽で担えたらと思っています」とコメントしている。

この記事の画像(全5件)

COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」

2021年2月3日(水)~27日(土)東京都 Bunkamuraシアターコクーン
2021年3月5日(金)~15日(月)京都府 ロームシアター京都 メインホール

全文を表示

関連記事

関ジャニ∞のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 関ジャニ∞ / サカナクション / 横山裕 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。