音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

松下優也&福田沙紀、大沢在昌原作連続ドラマでダブル主演

35

「新宿鮫」シリーズで知られる大沢在昌の12月刊行予定の新作「カルテット」が、2011年1月よりTBS系で連続ドラマ化されることが決定。松下優也福田沙紀がダブル主演を務める。

連ドラ初主演となる松下優也はこのドラマで、タトゥーとピアスを全身にまとった中国残留孤児三世役の福田沙紀とともに、警視庁の秘密潜入捜査を手伝う若者を熱演。住民のほとんどが不法滞在者の居住区を舞台に、子供や女性が密造ドラッグの実験台にされるなどの卑劣な現実を目撃した2人はマフィアに立ち向かう。

主題歌には松下優也の新曲「paradise」が起用。数々のヒット曲を手がけたJin Nakamuraによる極上のナンバーで、松下にとって初のドラマ主題歌となる。CDの発売日は2011年2月2日。着うたは1月19日より配信が予定されている。

なお松下優也は12月25日に、東京・新木場STUDIO COASTでクリスマスワンマンライブを敢行。2011年2月23日には「PATiPATi」と「PATi★ACT」の過去記事をまとめた1stアーティストブックが通販限定販売されることも決定している。

松下優也コメント

今まで、舞台や映画では主演をつとめさせていただいたことはありますが、今回は初のテレビ、しかも連続ドラマ、ということで、これまでとはまた違った貴重な経験が出来ることを、心から楽しみにしています。大沢ワールドらしい、かなり激しいアクションシーンも結構ありそうなので、今から気合い入れてがんばります!

また、今回は、主演だけでなく、なんと主題歌も歌わせていただける、とのことでとても光栄に思っています。Jin Nakamuraさんが素晴らしい楽曲を用意して下さったので、ドラマの映像と共に観てくれている人の心に残るような歌を届けたいと思います。

※記事初出時より一部内容が変更になりました。

音楽ナタリーをフォロー