YOSHIKI全世界プロジェクト始動!HYDE、SixTONES、SUGIZOらコラボについて語る

1475

YOSHIKIX JAPAN)が本日11月20日に「YOSHIKI 全世界プロジェクト発表 オンライン記者会見」を行った。

「YOSHIKI: Under The Sky」より。

「YOSHIKI: Under The Sky」より。

大きなサイズで見る(全3件)

このオンライン記者会見ではYOSHIKIによる“全世界プロジェクト”について発表された。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、世界中のエンタテインメント業界が大きな被害を受けている中、YOSHIKIは「どんな困難も乗り越えていけるというメッセージを全世界に届けよう」と世界各国のアーティストに呼びかけ、その趣旨に賛同したアーティストとオンラインでつながる音楽イベントを実施。YouTubeとのパートナーシップにより展開されるオリジナルコンテンツ「YouTube Originals」で12月23日(水)より「YOSHIKI: Under The Sky」と銘打たれた番組として配信されることとなった。フィーチャリングアーティストとしてラインナップされたのは現時点でマリリン・マンソン、The Chainsmokers、セイント・ヴィンセント、ニコール・シャージンガーSUGIZOHYDE、ジェーン・チャン、リンジー・スターリング、SixTONES、Scorpions、サラ・ブライトマンの11組。参加アーティストは今後も追加される予定とのことだ。

会見でYOSHIKIはこのプロジェクトを立ち上げた経緯を説明。もともとYouTube Originalsでドキュメンタリー作品の制作に携わっていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でドキュメンタリー制作は延期に。そんな中、YouTube側と協議をした結果、今回の音楽イベントを実施する運びとなった。YOSHIKIはまず友人であるマリリン・マンソンに電話し、参加を依頼。マリリン・マンソンは「意味のあることで、やる価値があるだろう」ということでオファーを快諾したという。YOSHIKIはその後、次々に世界各国のアーティストにオファーし、現時点で11組の出演が決定。さらに「すべてのアーティストと一緒にアレンジから何からをやらせていただくという、とてもエキサイティングなプロジェクト」だという「YOSHIKI: Under The Sky」の趣旨については、「これは僕らのためじゃない。アーティスト、エンタテイナーとしてどうやって皆さんの力になれるか。自分がうれしいとかは二の次で、いかにファンを励ますコンテンツを作れるかが大事だと感じた」と説明した。

現在も各アーティストとのコラボ曲の制作中だというYOSHIKIは「12月23日の公開に間に合うか……」とスケジュール面での不安を口にしつつも、各アーティストについて語った。マリリン・マンソンや、セイント・ヴィンセント、アメリカのバイオリニストのリンジー・スターリング、中国の女性歌手であるジェーン・チャンらとは以前からコラボの予定があったが、コロナ禍の影響で公表できないままになっているとのこと。今回のプロジェクト以外でのコラボについての詳細発表はされなかったが、YOSHIKIが世界を股にかけてさまざまなプロジェクトに携わっていることが明らかになった。

各アーティストの印象を語る中でYOSHIKIは、HYDEとのコラボについて「『進撃の巨人』のテーマソングでコラボした流れもあり、快諾してくれました。いろんなことを話しているので、HYDEが参加してくれたのは自然な流れだったと思います。皆さんの知っている曲にアレンジを加えているので楽しみにしていてください」と説明。SixTONESについては、日本のジャニーズ発の人気ボーイズグループであること、スペルを伝えつつ、発音が“ストーンズ”であることを海外の記者に向けて英語で説明。日本語では「SixTONESは今年デビューしたセンセーショナルな存在。何度かお会いしましたが、本当に素敵な人たちで才能にあふれています。僕はデビュー曲をプロデュースさせていただいて、今年は『紅白』(『第71回NHK紅白歌合戦』)出演も決まって。僕はK-POPのBTSも大好きなんですが、SixTONESも今後、同様に世界中にセンセーションを巻き起こすんじゃないかと思っています」と語った。SUGIZOについては「SUGIZOには感謝してもし切れないくらい感謝しています。X JAPANの再結成はSUGIZOありきです。hideの代わりではなく、“hideと共に”という意識でX JAPANに入っていただいた重要な存在です。過去にはMIYAVI、GACKT、SUGIZOと一緒にS.K.I.N.というバンドをやっていたこともありますが、SUGIZOはギターもバイオリンも弾けるバーサタイルな人です。今回のプロジェクトで誘ったのは必然だったと思います」と述べた。

このほか、「ワールドツアーを行うとしたらいつか?」とドイツのジャーナリストから質問を受けたYOSHIKI。コロナ禍中で予測不能であることを付け加えつつ「僕個人の意見ですが、世界ツアーを組むなら2022年からかなとアメリカのエージェントとは話しています。単発でのライブは2021年の夏とかにあるかもしれない」と回答。最後には「自分の人生の中でも1番か2番ですごいものになると思います。この6、7カ月は人生で一番忙しいと思う時間を過ごしましたし、これからも続くと思いますが、完成版は12月23日に出ますので楽しみにしていてください」と話し、ファンの期待を煽った。

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

YOSHIKIのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 YOSHIKI / X JAPAN / マリリン・マンソン / ニコール・シャージンガー / SUGIZO / HYDE / SixTONES / サラ・ブライトマン の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。