FABLED NUMBERからギタリスト・Mako-Albertが脱退

159

FABLED NUMBERのMako-Albert(G)がバンドを脱退することが発表された。

FABLED NUMBER。右から2番目がMako-Albert(G)。

FABLED NUMBER。右から2番目がMako-Albert(G)。

大きなサイズで見る

約8年にわたってFABLED NUMBERのメンバーとして活動してきたMako-Albert。彼の脱退意思を受けてメンバーとスタッフで話し合い、その思いを尊重する形で脱退が決まった。脱退の時期については追ってアナウンスされる。バンドは今後、サポートメンバーを迎えて活動を継続する。

Mako-Albertは脱退の理由について「自分自身でこれから本当にやりたいことに挑戦して行きたいと言うのが理由です。『本当にやりたいこと』とはもちろん音楽です。FABLED NUMBERの音楽が嫌になったとかでは決してありません」とコメントしている。

Mako-Albert(G) コメント

この度は急な発表で皆さんを驚かすことになってしまい本当にすみません。
約8年間続けてきたFABLED NUMBERを脱退することとなりました。
この約8年間、名古屋から大阪の遠距離での活動を支えてくれたメンバー、スタッフのみんなに本当に感謝しています。
そしてFABLED NUMBERを応援してくれているみんなには「ありがとう」という言葉だけでは足りないぐらいの感謝の気持ちでいっぱいです。
脱退する理由としましては自分自身でこれから本当にやりたいことに挑戦して行きたいと言うのが理由です。
「本当にやりたいこと」とはもちろん音楽です。
FABLED NUMBERの音楽が嫌になったとかでは決してありません。
元々は僕もいちファンでその当時は加入できるなんて夢にも思っていませんでした。
初めてFABLED NUMBERと出会ったときの気持ちは今でも何も変わっていません。
だからこそメンバーにも応援してくれているみんなにも誠心誠意向き合わなくちゃダメだと思いました。
今の僕の気持ちのままFABLED NUMBERでの活動を続けるのはみんなに嘘をついてしまうことになってしまう。
悩んで悩んで考えて考え抜いた結論が今回の発表となります。
一つだけ言いたいことは今までFABLED NUMBERのMakoとして活動してきたことに後悔は全くありません。
そしてこれからも後悔はしたくありません。
みんなにも後悔はしてほしくありません。
やりたいことがあるならやろう。
聞きたい音楽があるなら聞こう。
行きたいライブがあるなら行こう。
人生一回きりしかないんだから。
一度きりの今生きるなら
悔いのないように強く生きよう。
残された時間を今まで応援してくれたみんなの為に深く強く活動していきたいと思います。
脱退前の最後のライブについては追って発表させていただきたいと思います。
またどこかのライブハウスでお会いしましょう。

全文を表示

関連記事

FABLED NUMBERのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 FABLED NUMBER の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。