米米CLUB、35周年配信ライブでカールスモーキー石井への不満爆発!? 大ヒット曲も続々披露

2304

米米CLUBの無観客配信ライブ「OMUSUBI」が本日10月17日に行われた。

米米CLUB無観客配信LIVE「OMUSUBI」の様子。(撮影:荒川潤)

米米CLUB無観客配信LIVE「OMUSUBI」の様子。(撮影:荒川潤)

大きなサイズで見る(全10件)

今年デビュー35周年を迎える米米CLUBはアニバーサリーツアー「a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2020 ~OMUSUBI~」の開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりツアーは2021年に延期。今回の配信ライブはこのツアー初日が予定されていた日に開催された。なおメンバーのMINAKO(Dance)は8日に手首を骨折したため出演をキャンセル。この日のステージは総勢16名で届けられ、全国から1万人以上が視聴した。

米米CLUB無観客配信LIVE「OMUSUBI」の様子。(撮影:荒川潤)

米米CLUB無観客配信LIVE「OMUSUBI」の様子。(撮影:荒川潤)[拡大]

オープニング映像に続いて、大きな地球が浮かぶステージに立つメンバーたちの姿が映し出され、BIG HORNS BEEのファンファーレから最初の曲「俺たちの想い」が始まった。カールスモーキー石井(Vo)の「Clap your hands!」という言葉に、チャット欄のファンも手拍子の絵文字で応える。その後はデビュー曲「I・CAN・BE」、そして大ヒット曲「浪漫飛行」のオリジナルバージョンを披露した。

石井は「舞台に立って35年、歌い続けてこれたのも僕のおかげだと思っています。メンバーは俺に対してはリスペクト、その1文字です(笑)」と自信満々に語ってメンバー紹介に入るが、「適当に楽しんで演奏してくれれば」と語りかけたBIG HORNS BEEの小林太(Tp)には「僕たちはいつでも全力なんですよ!?」と言い返され、「いつも僕の話に腹を抱えて笑ってくれる」と紹介した三沢またろう(Per)には「福山(雅治)くんのほうが盛り上げてくれる……」と比較される。その後も各メンバーからの冷静な反撃が続き、最後のフラッシュ金子(Key)からの「1つだけいいですか? 最近『うたコン』とか、テレビに出たときに歌詞を間違えすぎ」と金子が指揮を務める番組を引き合いに出してのダメ出しに、石井は「今それ言う必要あるか?」と動揺した様子。チャット欄にはファンからのツッコミや爆笑が相次いだ。

左からカールスモーキー石井(Vo)、ジェームス小野田(Vo)。(撮影:荒川潤)

左からカールスモーキー石井(Vo)、ジェームス小野田(Vo)。(撮影:荒川潤)[拡大]

「WE ARE MUSIC!」のさわやかなサウンドを響かせたあとは1988年発表のファンクチューン「I'M A SOUL MAN」を迫力たっぷりにパフォーマンス。懐かしのレア曲にチャット欄には驚きの声が飛び交った。そして石井の呼び込みでアフロヘアのジェームス小野田(Vo)が登場。メンバーそれぞれの出生地に関する小ネタトークをはさみ、「この宇宙で」をパワフルに披露した。コミカルな「どうにかこうにか」で楽しませたあとは、石井が主演・監督・脚本を務めたショートムービー「男はつらいぜ ~辰次郎 故郷に帰る」が流れる。葛飾・柴又を舞台に、石井演じる主人公の“諜報部員”辰次郎とメンバーそれぞれが演じる家族や街の人々の騒動を描いた米米ならではのコメディに、チャット欄には爆笑のコメントがあふれる。途中には寅さん記念館で撮影されたシーンも差し込まれ、ファンを驚かせていた。

カールスモーキー石井(Vo)(撮影:荒川潤)

カールスモーキー石井(Vo)(撮影:荒川潤)[拡大]

ライブ後半ではメンバーが衣装を改めて登場し、「愛 Know マジック」「抱きしめたい」とポップチューンを連投した。石井は次の曲について「ここ2回ぐらいのツアーでは『君がいるだけで』を、『君いる!』として短縮して歌ってきまして。この間の『氣志團万博』でも歌ったんですけどあんまりインパクトがなかったみたいで(笑)、ちゃんと元に戻して歌いたいなと思います」と説明し、バンド最大のヒット曲「君がいるだけで」を披露。チャット欄には「本当にちゃんと歌うの?」とファンからの疑いのコメントが並ぶが、2番までしっかり演奏されると大きな喜びの声が上がった。

前列左からBE(G)、カールスモーキー石井(Vo)、BON(B)。(撮影:荒川潤)

前列左からBE(G)、カールスモーキー石井(Vo)、BON(B)。(撮影:荒川潤)[拡大]

続くシュークリームシュの楽曲「プラムジュース」では欠席のMINAKOの代役をテキーラまさはる(Dance)が務め、石井もコーラスや合いの手で盛り上げる。「SO COOL」のスタイリッシュなパフォーマンスに続いてはジェームス小野田が再登場し「OH! 米 GOD!」「かっちょいい!」をソウルフルに歌い上げた。「かっちょいい!」では各メンバーのソロも披露され、熱の入った演奏でファンを沸かせた。恒例の“BONUS SHOW TIME”として、最後に披露されたのは「Shake Hip!」。会場には銀テープが放たれ、エンディングを華やかに彩った。

石井は配信を見守った全国のファンに「今度は会場で会おうね!」と挨拶し、ライブを締めくくった。このライブのアーカイブ映像は10月21日まで配信中。またWOWOWでも12月13日(日)に放送される。

この記事の画像(全10件)

米米CLUB無観客配信LIVE「OMUSUBI」2020年10月17日 セットリスト

01. SE~ファンファーレ
02. 俺たちの想い
03. I・CAN・BE
04. 浪漫飛行
05. WE ARE MUSIC!
06. I'M A SOUL MAN
07. この宇宙で
08. どうにかこうにか
09. 愛 Know マジック
10. 抱きしめたい
11. 君がいるだけで
12. プラムジュース
13. SO COOL
14. OH! 米 GOD!
15. かっちょいい!
<BONUS SHOW TIME>
16. Shake Hip!

全文を表示

関連記事

米米CLUBのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 米米CLUB の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。