超とき宣、Zepp Hanedaで宣伝部員と再会!現体制初の有観客ワンマンで弾けた笑顔

888

超ときめき▽宣伝部が10月11日に東京・Zepp Haneda(TOKYO)でワンマンライブ「超ときめき▽宣伝部のZepp Haneda(TOKYO)で待ち合わせね!」を開催した。

「超ときめき▽宣伝部のZepp Haneda(TOKYO)で待ち合わせね!」の様子。

「超ときめき▽宣伝部のZepp Haneda(TOKYO)で待ち合わせね!」の様子。

大きなサイズで見る(全32件)

7月に無観客生配信ライブという形でZepp Haneda(TOKYO)のこけら落とし公演を行った超とき宣は、そのときに宣伝部員(とき宣ファンの呼称)と交わした再会の約束を果たすべく再び同会場のステージへ。この公演は4月に “新入部員”の菅田愛貴を迎え、ときめき▽宣伝部から超ときめき▽宣伝部に改名してから初の有観客ワンマンライブとして実施された。2部制で行われたライブのうち、この記事では第2部の様子をレポートする。

「超ときめき▽宣伝部のZepp Haneda(TOKYO)で待ち合わせね!」の様子。

「超ときめき▽宣伝部のZepp Haneda(TOKYO)で待ち合わせね!」の様子。[拡大]

第1部では前回のZepp Haneda(TOKYO)公演でお披露目された白の衣装でパフォーマンスがスタートしたが、第2部では“宣伝部員カラー”であるオレンジの衣装に身を包んだ超とき宣がステージに登場。SE「Choverture」を経て、応援ソング「びりーぶ」が1曲目に披露された。ソーシャルディスタンスを保った状態で着席した宣伝部員は感染予防対策として声出しを制限されていたものの、ペンライトを振ったり、メンバーの歌声に合わせてクラップを鳴らしたりしてひさびさの生のライブを満喫する。最初のMCで客席に向かって元気いっぱいに自己紹介した6人は、次のブロックで10月12日に配信がスタートしたキュートな“待ち合わせソング”の「SHIBUYA TSUTAYA前で待ち合わせね!」をはじめ、「いちず色のベンチ」「ドンフィクション」といった恋愛ソングを歌唱。キュートかつ切ない雰囲気で会場を染め上げた。

自撮りカメラに向かって笑顔を向ける辻野かなみと杏ジュリア。

自撮りカメラに向かって笑顔を向ける辻野かなみと杏ジュリア。[拡大]

ライブ中盤、超とき宣は「きみに夢中ガール」のダンスレクチャー動画が上映されている間に最新シングル「トゥモロー最強説!!」のカラフルな衣装にチェンジ。グループの公式キャラクター・パブりんと共に再登場し、「きみに夢中ガール」の“Zepp Hanedaスペシャルバージョン”をパフォーマンスした。宣伝部員はメンバーやパブりんの踊りに合わせて着席しながら体を動かし、会場全体の空気をひとつに。また「恋のジャッカル」ではハカを取り入れた間奏のダンスが通常の倍の長さで繰り広げられた。「初恋サイクリング」の曲中には“部長”の辻野かなみが自撮りカメラを片手に持ち、6人の弾けるような笑顔や1列になって踊る姿を会場のスクリーンに映し出す。さらに辻野は「好きだったよ」という楽曲の終盤のセリフを「会いたかったよ」に変えて披露し、宣伝部員を喜ばせた。

「超ときめき▽宣伝部のZepp Haneda(TOKYO)で待ち合わせね!」の様子。

「超ときめき▽宣伝部のZepp Haneda(TOKYO)で待ち合わせね!」の様子。[拡大]

その後、1人ずつ自撮りカメラに向かって「会いたかったよ」とセリフを決めてはしゃいだ超とき宣は、坂井仁香の「今の気持ちを詰め込んで全力でいきます!」という宣言を合図にラストスパートとなる怒涛のパフォーマンスを展開する。6人は楽曲のアウトロとイントロをつなげた特別なバージョンで「DEADHEAT」「わたし、ナンバーワンガール!」「むてきのうた」「トゥモロー最強説!!」の4曲を披露。会場のボルテージを大いに上昇させ、笑顔でステージをあとにした。

「超ときめき▽宣伝部のZepp Haneda(TOKYO)で待ち合わせね!」の様子。

「超ときめき▽宣伝部のZepp Haneda(TOKYO)で待ち合わせね!」の様子。[拡大]

「超ときめき▽宣伝部のZepp Haneda(TOKYO)で待ち合わせね!」の様子。

「超ときめき▽宣伝部のZepp Haneda(TOKYO)で待ち合わせね!」の様子。[拡大]

パブりんと宣伝部員によるアンコールに応えて再びステージに上がった超とき宣は、エモーショナルなナンバー「人生最幸のメロディ」を熱唱。菅田は「こうして皆さんが目の前にいて、目が合ったらニコってしてくれたり、ペンライトを振ってくれたりして。それがとってもうれしくて、幸せでした!」と加入後初の有観客ワンマンライブの感想をテンション高く語った。そしてメンバー1人ひとりが挨拶を述べたあと、6人は宣伝部員への愛を込めて「すきっ!」や「あいにきちゃった」を歌唱した。最後のMCでは今冬にリリースされるニューアルバム(タイトル未定)の発売日が12月23日に決定したことが告知され、吉川ひよりが解禁前の新曲の一部を口ずさんで小泉遥香からツッコまれる場面も。しかし、小泉もアルバムの特設サイトオープンの知らせを告知映像の上映前にネタバレしてしまい、会場に笑いを起こしていた。幸せな空気が流れる中、メンバーは「最高のときめきをありがとうございました!」と生声で挨拶。超とき宣初の有観客ワンマンライブを締めくくった。

なお超とき宣は11月8日に東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)でワンマンライブ「行くぜ!LINE CUBE SHIBUYAからお届け!超ときめき▽宣伝部!」、12月26日に東京・中野サンプラザホールでクリスマスライブ「ときクリ2020」を開催する。

この記事の画像(全32件)

超ときめき▽宣伝部「超ときめき▽宣伝部のZepp Haneda(TOKYO)で待ち合わせね!」2020年10月11日 Zepp Haneda(TOKYO) セットリスト

第1部

SE. Choverture
01. あいにきちゃった
02. プリンセスプリンセスプリンセス
03. わたし、ナンバーワンガール!
04. SHIBUYA TSUTAYA前で待ち合わせね!
05. トウメイ恋心(ハート)
06. いちず色のベンチ
07. 恋のシェイプアップ▽
08. 恋のジャッカル
09. ときめき▽宣伝部のVICTORY STORY
10. ぴょんぴょん
11. 青春ハートシェイカー
12. 一方通行、恋の罠
13. トゥモロー最強説!!
<アンコール>
14. Springood!
15. ガンバ!!
16. GAMUSHARA

第2部

SE. Choverture
01. びりーぶ
02. TRAP
03. 一方通行、恋の罠
04. SHIBUYA TSUTAYA前で待ち合わせね!
05. いちず色のベンチ
06. ドンフィクション
07. きみに夢中ガール
08. 恋のジャッカル
09. 初恋サイクリング
10. DEADHEAT
11. わたし、ナンバーワンガール!
12. むてきのうた
13. トゥモロー最強説!!
<アンコール>
14. 人生最幸のメロディ
15. すきっ!
16. 青春ハートシェイカー
17. あいにきちゃった

行くぜ!LINE CUBE SHIBUYAからお届け!超ときめき▽宣伝部!

2020年11月8日(日)東京都 LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)

ときクリ2020

2020年12月26日(土)東京都 中野サンプラザホール

※▽はハートマークが正式表記。

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

超ときめき♡宣伝部のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 超ときめき♡宣伝部 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。