常田大希のミレパ新曲「Philip」クレジットやジャケ明らかに、MVは配信開始と同時にプレミア公開

4912

millennium paradeの新曲「Philip」のアートワークが解禁され、ミュージックビデオが10月2日(金)0:00にYouTubeでプレミア公開されることが決定した。

millennium parade「Philip」配信ジャケット

millennium parade「Philip」配信ジャケット

大きなサイズで見る(全6件)

「Philip」は、常田大希(King Gnu、millennium parade、PERIMETRON)が出演するadidasのキャンペーン「adidas CASUAL Collection 2020 Fall/Winter」のCMソング。この楽曲には俳優として活躍する中野裕太(Lyrics, Rap)や常田と東京藝術大学時代に同期だった江崎文武(Key)、石若駿(Dr, Synth Bass)、そして常田の実兄である常田俊太郎(Violin)といったメンバーが参加している。アートワークおよびMVのクリエイティブディレクターは佐々木集(PERIMETRON、millennium parade)と、King Gnu「Prayer X」のMVを手がけた山田遼志が担当した。常田は「Philip」についてのコメントを発表。その中でこの楽曲が20歳の頃に制作した楽曲のリメイクであることが明かし、「若かりし日の楽曲を、その当時から共に成長してきた最高な仲間達と共に蘇らせました。それは最高にクールな事だね」と語っている。

なお「Philip」はMVの公開と同タイミングに配信リリースされる。

※江崎文武の崎はたつさきが正式表記。

millennium parade「Philip」クレジット

Lyrics & Rap:Yuta Nakano
Music & Vocal:Daiki Tsuneta
Keyboards:Ayatake Ezaki
Drums & Synth bass:Shun Ishiwaka
Violin:Shuntaro Tsuneta
All arrangement:millennium parade
Art Director:Ryoji Yamada
Creative Director:Shu Sasaki

常田大希 コメント

このPhilipという曲は自分が二十歳の頃に作った曲のリメイクである。昔からブレることなく作品を作ってきたつもりだし、昔の作品も今の作品も同じように自信を持って肯定出来る自分が少しだけ誇らしい。若かりし日の楽曲を、その当時から共に成長してきた最高な仲間達と共に蘇らせました。それは最高にクールな事だね。

中野裕太 コメント

ダイキから、「またやらない?」と誘ってもらったときは、素直に嬉しかったです。
昔から、もう1人の弟のように、一緒に色んな制作だったり会話だったりという時間を過ごしてきた、
僕の中では、とても深いところにいる人です。今回も、まずお互いの色んな共有を経て、よしやってみようという流れになりました。久しぶりに音楽に取り組んで、苦労もありましたが、やっぱりダイキと物作りするのは、すごく楽しかった。
さらに今回は、millennium paradeという素晴らしい広場で、贅沢な化学反応を生み出すことができ、興奮しています。
Philip、素敵な作品に仕上がっていると思います。お楽しみいただければ幸いです。

この記事の画像(全6件)

King Gnuのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 King Gnu の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。