エビ中オンライン学芸会、圧巻パフォーマンスで「playlist」の世界を表現

3612

私立恵比寿中学が昨日8月16日、オンラインライブ「私立恵比寿中学オンライン学芸会~all of our playlist~」を開催した。

「私立恵比寿中学オンライン学芸会~all of our playlist~」の様子。

「私立恵比寿中学オンライン学芸会~all of our playlist~」の様子。

大きなサイズで見る(全60件)

円陣を組んで気合を入れるエビ中。

円陣を組んで気合を入れるエビ中。[拡大]

【Amazon.co.jp限定】playlist(初回生産限定盤A)(デカジャケット付)

私立恵比寿中学「【Amazon.co.jp限定】playlist(初回生産限定盤A)(デカジャケット付)」
Amazon.co.jp

【Amazon.co.jp限定】playlist(初回生産限定盤B)(デカジャケット付)

私立恵比寿中学「【Amazon.co.jp限定】playlist(初回生産限定盤B)(デカジャケット付)」
Amazon.co.jp

このライブでは昨年12月にリリースした最新アルバム「playlist」を軸に、全21曲がパフォーマンスされた。エビ中の6人は、配信ライブならではの斬新な演出も取り入れつつ、豊かな表現力によるエンタテインメントを全国のファンに届けた。

私立恵比寿中学

私立恵比寿中学[拡大]

おなじみのオープニングSEにリアレンジが加わった「ebiture(empty2020 ver.)」に乗せてステージに登場したエビ中は、まずアルバムのリード曲でもある「ジャンプ」のイントロをアカペラで力強く歌い上げる。安本彩花による大サビの「今だ!」というシャウトで視聴者を「playlist」の世界に引き込むと、その後は6人の笑顔が印象的な「響」、真摯な歌声を響かせた「春の嵐」に続き、「playlist」の収録曲「SHAKE! SHAKE!」をライブ初披露。華麗なラップでエビ中の新たな一面をアピールした。

私立恵比寿中学

私立恵比寿中学[拡大]

自己紹介ののち、6人は真紅のライトに照らされる中で「禁断のカルマ」を妖艶に歌うと、「藍色のMonday」では対照的にキュートかつコミカルな振り付けで和ませる。「トレンディガール」で息の合ったダンスと柔らかなハーモニーを披露したあと、6人は白を基調とした衣装にチェンジし「オメカシ・フィーバー」を、中山莉子を中心にパワフルにパフォーマンス。さらに「ちがうの」を伸びやかなダンスと共に届け、「PANDORA」「イート・ザ・大目玉」と強力なロックチューンを連続で投下した。

カメラに向かって謎のアピールをするエビ中。

カメラに向かって謎のアピールをするエビ中。[拡大]

「自由へ道連れ」の決めゼリフ「道連れしちゃうぞ」を決める柏木ひなた(中央)。

「自由へ道連れ」の決めゼリフ「道連れしちゃうぞ」を決める柏木ひなた(中央)。[拡大]

今回のライブはエビ中にとっては初めての配信ワンマンライブ。星名美怜は「本当だったらここでみんなの声が聴こえるんだけど……心配になってくる(笑)」と無音のフロアを見渡しながら本音を吐露し、真山りかから「私たちはこのあとも、孤独だけど孤独じゃないハコでがんばるしかない!」と励まされていた。続く「シングルTONEでお願い」ではメンバーがステージからフロアに降り、よりカメラに近い距離感でそれぞれの美声を響かせた。さらに、もう1つのライブ初披露曲「I'll be here」では、フロアに準備された別セットの前でパフォーマンス。柏木ひなたの圧巻のボーカルと6人のエモーショナルなダンスで、エビ中のパフォーマンスのクオリティを見せつけるひとときとなった。椎名林檎のカバー「自由へ道連れ」は思い思いに動くメンバーを1台のカメラが追い、それぞれの豊かな表情でファンを楽しませた。

ステージ上に取り残された小林歌穂。

ステージ上に取り残された小林歌穂。[拡大]

私立恵比寿中学

私立恵比寿中学[拡大]

後半にはスタンドマイクを使ったパフォーマンスで魅せる「愛のレンタル」、メンバー自身が手がけた歌詞でグループの10年を振り返る「HISTORY」を披露。「HISTORY」ではステージ前方に1列に横並びになった6人が、それぞれの思いを乗せてまっすぐな歌声を響かせた。互いに向かい合いながら壮大なハーモニーを響かせたバラード「星の数え方」が終わり、「サドンデス」でのダンスバトルの最中に小林歌穂が笑顔で踊る様子がカメラに大写しに。しかし気付くとステージに残る5人の姿はなく、小林は大あわてでステージから楽屋へと向かう。カメラが小林を追いかけるが、メンバー5人がくつろぐ楽屋には感染対策のため入れずじまい。直前までのシリアスなパフォーマンスから一変したコミカルな演出で楽しませると、いよいよラストナンバーへ。柏木はメンバーを代表し「全力で歌って踊って、いろんな表現ができて楽しかったです」と挨拶。最後は6人がステージとフロア全体を走り回りながら「COLOR」を熱唱し、ライブを締めくくった。

「私立恵比寿中学オンライン学芸会~all of our playlist~」の様子。

「私立恵比寿中学オンライン学芸会~all of our playlist~」の様子。[拡大]

すべてのパフォーマンスを終えると、真山は「普段は見えない角度の私たちが見えているわけじゃない?」、星名は「新しい発見があったんじゃないかと思う」と、画面を通じて楽しんだファンの感想を求めるように呼びかける。そして柏木が9月19日、20日に開催が決定した恒例の野外ライブ「ちゅうおん」について改めてアナウンス。最後は星名が「やっぱりライブって楽しいなと思ったし、画面越しでも時間を共有できました」とファンに感謝を述べ、6人は笑顔でステージをあとにした。

このライブのアーカイブ映像は明日8月18日19:00よりGYAO!にて配信がスタートする。視聴チケットは24日18:59まで販売中。

この記事の画像(全60件)

「私立恵比寿中学オンライン学芸会~all of our playlist~」2020年8月16日 セットリスト

SE. ebiture(empty2020 ver.)
01. ジャンプ
02. 響
03. 春の嵐
04. SHAKE! SHAKE!
05. 制服“報連相”ファンク
06. 禁断のカルマ
07. 藍色のMonday
08. トレンディガール
09. オメカシ・フィーバー
10. ちがうの
11. PANDORA
12. イート・ザ・大目玉
13. シングルTONEでお願い
14. I'll be here
15. 曇天
16. 自由へ道連れ
17. 愛のレンタル
18. HISTORY
19. 星の数え方
20. サドンデス
21. COLOR

全文を表示

私立恵比寿中学のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 私立恵比寿中学 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。