[Alexandros]、6年ぶり“ディスフェス”であのバンドと対バン「これからも我々は進んでいく」

1887

[Alexandros]が昨日8月14日に東京・Zepp Haneda(TOKYO)にて有観客ライブ「[Alexandros] 10th ANNIVERSARY THIS SUMMER FESTIVAL 2020 -全員集合!6年振りのディスフェスパーティー-」を開催した。

「THIS SUMMER FESTIVAL 2020 -全員集合!6年振りのディスフェスパーティー-」の様子。(撮影:河本悠貴)

「THIS SUMMER FESTIVAL 2020 -全員集合!6年振りのディスフェスパーティー-」の様子。(撮影:河本悠貴)

大きなサイズで見る(全9件)

「THIS SUMMER FESTIVAL」は通称“ディスフェス”としてバンド結成当初から行われてきたライブイベントで、今年6年ぶりに開催。現在ライブ活動を休止中で、ベストアルバムのリリースを最後にバンドを“勇退”することが発表されている庄村聡泰(Dr)もMCとして出演し、会場に集まったファンや配信で楽しむファンを喜ばせた。

ライブのオープニングでステージに登場した庄村は、大役を前に「胃が痛い……(笑)」と語ってファンを笑わせる。ファンと顔を合わせるのは約1年2カ月ぶりという彼は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため声を出せない会場のファン、そして配信を見守るファンに向け「声が出せない分、心の声をステージに届けてください」「俺は[Alexandros]最強のリスナーだと自負しております。俺より楽しめる準備はできてますでしょうか?」と呼びかけて期待を高めた。

「THIS SUMMER FESTIVAL 2020 -全員集合!6年振りのディスフェスパーティー-」の様子。(撮影:河本悠貴)

「THIS SUMMER FESTIVAL 2020 -全員集合!6年振りのディスフェスパーティー-」の様子。(撮影:河本悠貴)[拡大]

今回のライブは川上洋平(Vo, G)から「なんかお酒の名前で色々あった人達」を招いて行われることが事前にアナウンスされていた。オーディエンスの期待どおり、ステージ上のスクリーンには「[Champe]」の文字が大きく映し出された。フロアから大きな手拍子が鳴り響く中で川上洋平(Vo, G)、磯部寛之(B, Cho)、白井眞輝(G)とサポートメンバーのリアド偉武(Dr)、ROSE(Key / THE LED SNAIL)が現れると、その手拍子の音はさらに大きくなった。川上はオーディエンスに「Are you ready?」と呼びかけ、「For Freedom」を軽やかに奏でる。リアドがダンサブルなリズムを刻む「Waitress, Waitress!」、そして「Starrrrrrr」と続き、オーディエンスを盛り上げた。

川上は「『ディスフェス』招待いただきまして、[Alexandros]さんありがとうございます!」ととぼけて挨拶し、磯部は改名前の時期を思わせるシンプルな機材を前に「いつか[Alexandros]みたいにいっぱいアンプを並べられるようにがんばります」「今日は9割[Alexandros]のファンなんじゃないかと心配していた」と話してファンを笑わせた。会場の空気を和ませたあとは「Kids」のスリリングなサウンドを届ける。川上は配信のコメント欄を眺めつつ傍らの白井に話しかけるが、白井からはオフマイクで返され「日本武道館のステージに立つまではしゃべらないんだった……キャラクターもそういう設定ですね(笑)」と、バンドの設定を完璧に守ったふるまいに苦笑いを浮かべていた。

川上洋平(Vo, G)(撮影:河本悠貴)

川上洋平(Vo, G)(撮影:河本悠貴)[拡大]

後半では川上のエモーショナルな歌声が響いた「Kill Me If You Can」、初期のハードなロックチューン「Don't Fuck With Yoohei Kawakami」といった貴重なナンバーを連投。「うちらはもっともっとでっかくなっていくんで。次は武道館で、いずれは幕張メッセとかZOZOマリンスタジアムとか、東京ドームとかでやりたいので、そのときまたお会いできれば」という今後を予言するような川上の言葉のあと、ラストは「Untitled」で締めくくられた。

ステージの転換が終わり、再びステージに現れたMCの庄村は「すごかったですね、えらい飛ばしようで! いい真夏の夜の夢を観させてくれている感じですよね」とライブを絶賛。そして今回のイベントのオーガナイザー、[Alexandros]が登場した。先程の磯部の言葉通りに多数の大きなアンプが並ぶ前で、彼らは「Adventure」を奏でてフロアを圧倒。ステージ後方のスクリーンにはTwitterや配信のチャット欄が映し出され、画面越しに楽しむファンを大喜びさせた。[Alexandros]はさらに「Run Away」、そして月をモチーフにした人気曲「ムーンソング」「月色ホライズン」を連投。川上は「聞こえてるぞ!」と、声を出せない会場のオーディエンスや配信を楽しむファンに呼びかけた。

白井眞輝(G)(撮影:河本悠貴)

白井眞輝(G)(撮影:河本悠貴)[拡大]

MCで川上は今回のディスフェス開催を「“夏フェス番長”の[Alexandros]としてはなんとか開催できるようにと。うれしいね」と喜ぶ。一方、先程ステージに立った際はマイクを通してひと言もしゃべらなかった白井は「ちょっとだけしゃべれます(笑)」と話しつつ、庄村のMCぶりを振り返ってファンの笑いを誘った。その後「Dracula La」に乗せてフロアのオーディエンスの腕が一斉に上がったあとは、「Girl A」をアグレッシブにパフォーマンス。最後に「Mosquito Bite」のヘビーなサウンドをフロアに叩きつけ、メンバーたちは充実した表情でステージを後にした。

磯部寛之(B, Cho)(撮影:河本悠貴)

磯部寛之(B, Cho)(撮影:河本悠貴)[拡大]

手拍子やコメントで寄せられたアンコールに応え、[Alexandros]は再びステージへ。人気曲「Thunder」を、6月に配信リリースしたコンセプトアルバム「Bedroom Joule」に収録されたリアレンジバージョンで披露し、ファンを喜ばせた。川上はこのライブを楽しんだファンや準備に励んだスタッフ、MCを務めた庄村、そして今回の“対バン相手”に感謝を述べたあと「これからも我々は進んでいくし、もっとでっかいとこでライブをやります。そのときこそみんなの声を聞かせてくれたらうれしいと思っています」と、自由にライブを楽しめる日への思いを明かした。

ファンとの再会を誓うように「rooftop」の柔らかなサウンドを届けたあと、[Alexandros]はラストにヒット曲「ワタリドリ」を演奏。川上の「心から声出せ!」という言葉に応えてフロアのオーディエンスは精一杯腕を振り、配信を見守るファンもチャット欄で大合唱を繰り広げた。全曲の演奏が終わるとMCの庄村も呼び込まれ、メンバーたちは笑顔でこの日のステージを振り返っていた。

本日8月15日には同会場で、ディスフェスのファンクラブ会員限定公演「FC限定! CREWの為のリクエストパーティー」も行われた。アーカイブ配信の視聴チケットは8月23日21:00まで販売中。

この記事の画像(全9件)

「[Alexandros] 10th ANNIVERSARY THIS SUMMER FESTIVAL 2020 -全員集合!6年振りのディスフェスパーティー-」2020年8月14日 Zepp Haneda(TOKYO)セットリスト

01. For Freedom
02. Waitress, Waitress!
03. Starrrrrrr
04. Kids
05. Kill Me If You Can
06. city
07. Don't Fuck With Yoohei Kawakami
08. Untitled
09. Adventure
10. Run Away
11. ムーンソング
12. 月色ホライズン
13. Dracula La
14. Girl A
15. Mosquito Bite
<アンコール>
16. Thunder(Bedroom ver.)
17. rooftop
18. ワタリドリ

全文を表示

[Alexandros]のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 [Alexandros] の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。