まねきケチャ、結成5周年記念ライブでメンバープロデュースの自己紹介ソング初披露

484

まねきケチャが8月10日に神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールで結成5周年記念ライブ「パシフィコ横浜 de まねきケチャ」を開催した。

まねきケチャ「パシフィコ横浜 de まねきケチャ」の様子。(撮影:イシハラタイチ)

まねきケチャ「パシフィコ横浜 de まねきケチャ」の様子。(撮影:イシハラタイチ)

大きなサイズで見る(全28件)

まねきケチャ「パシフィコ横浜 de まねきケチャ」の様子。(撮影:イシハラタイチ)

まねきケチャ「パシフィコ横浜 de まねきケチャ」の様子。(撮影:イシハラタイチ)[拡大]

開演時刻になると会場の照明が落ち、SEと共にオープニングムービーが流れ始めるも、これまでのライブと違って客席は静かなまま。新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、この公演では前後左右を空席として観客同士のソーシャルディスタンスが保たれたほか、観客に対して声を発する行為を控えるよう事前にアナウンスされ、この5年間ライブでいつも巻き起こっていたコールが封じられた状態になった。そんな中、まねきケチャはライブの鉄板曲「冗談じゃないね」を1曲目に披露し、そのままの勢いでアッパーチューン「カクカクシカジカ」をパフォーマンス。刀を振り下ろす振り付けが印象的な「一刀両断」では、メンバーのダンスに合わせてファンもペンライトを素振りした。続いて初期のナンバー「愛言葉」を歌った5人は、最初のMCで順番に自己紹介。これまでは各メンバーの自己紹介に合わせて大きなコールが起こっていたが、この日は手拍子や拍手によりソーシャルディスタンスを保ちながらも一体感が生み出され、ZAIKOを通して生配信を視聴していたファンも画面越しにエールを送った。

自己紹介を終えたまねきケチャは、インディーズ時代の楽曲「モンスターとケチャ」でライブを再開。さらにバラード曲「相思い」や間奏に甘酸っぱいセリフパートを詰め込んだ「告白のススメ」などを歌唱し、新曲「難攻不落」ではロックサウンドにハイトーンボイスを乗せてエモーショナルな空気を作り出した。

まねきケチャ「パシフィコ横浜 de まねきケチャ」の様子。(撮影:イシハラタイチ)

まねきケチャ「パシフィコ横浜 de まねきケチャ」の様子。(撮影:イシハラタイチ)[拡大]

5年間のキャリアを網羅するような新旧の楽曲を織り交ぜた構成でステージが進行する中、ライブ中盤には「まねきケチャの想い」と題されたインタビュー映像が流れる。インタビュー内では外出自粛期間中ステージに立てなかった悔しさや不安が語られ、そんな思いを背景にメンバーがリモートの打ち合わせを繰り返して自己紹介ソング「招かれチューン」を作り上げたことが明かされた。メインボーカルである松下玲緒菜と深瀬美桜がメロディの原案を作ってリーダーの中川美優が詞を書き下ろしたのち、それをもっとも高学歴のメンバー篠原葵が添削し、最後に宮内凛が振り付けを加えたという。映像の上映が終わると、5人は各メンバーをフィーチャーしたパートをつなげながらこの曲を歌唱した。そして「夢や目標笑われることもあるけど 皆がいるからここまでこれた この景色やきつけて さあ今日も歌うよ」というメッセージを届け終えた瞬間、思わず涙をこぼしたのは2017年にグループに途中加入した深瀬。ファンは彼女をすかさずフォローするメンバーの絆の強さを目撃した。

まねきケチャ「パシフィコ横浜 de まねきケチャ」の様子。(撮影:イシハラタイチ)

まねきケチャ「パシフィコ横浜 de まねきケチャ」の様子。(撮影:イシハラタイチ)[拡大]

自分たちでプロデュースした新曲で心をひとつにしたまねきケチャは「SPLASH」「妄想桜」「青息吐息」など、メンバーとファンどちらにとっても思い出深い楽曲を連発。途中のMCでは8月29日に宮内、9月20日に中川、26日に深瀬の生誕ライブを行うことを告知し、結成5周年後もさらに活動のスピードを加速させていくことを表明した。中でも宮内は「今の5人でもう一度武道館に立ちたい」と新たなる目標を言葉に。ライブがラストスパートに突入すると、5人はエモーショナルなナンバー「愛と狂気とカタルシス」「キミのいない世界に」を畳みかけるように披露し、「あたしの残りぜんぶあげる」では各自のパートをぶつけ合うようなボーカルリレーを繰り広げた。

その後、アンコールに応えて再びステージに登場したまねきケチャは、“プロポーズソング”であるもう1つの新曲「引き算」を初パフォーマンスしてファンを魅了。ラストにはグループ躍進のきっかけとなった不動の代表曲「きみわずらい」を熱唱し、毎年250本を超えるライブを通して歌いこんできたナンバーで結成5周年記念ライブを締めくくった。

この記事の画像(全28件)

まねきケチャ「パシフィコ横浜 de まねきケチャ」パシフィコ横浜 国立大ホール 2020年8月10日 セットリスト

01. 冗談じゃないね
02. カクカクシカジカ
03. 一刀両断
04. 愛言葉
05. モンスターとケチャ
06. ありきたりな言葉で
07. 相思い
08. 奇跡
09. 告白のススメ
10. 難攻不落
11. 招かれチューン
12. SPLASH
13. 妄想桜
14. あるわけないのその奥に
15. いつかどこかで
16. 共通項
17. 青息吐息
18. 愛と狂気とカタルシス
19. きみのいない世界に
20. あたしの残り全部あげる
21. タイムマシン
<アンコール>
22. 引き算
23. きみわずらい

全文を表示

まねきケチャのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 まねきケチャ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。