ももクロ佐々木彩夏が赤ちゃんから大人に!“あーりん流エンタテインメント”詰め込んだ無観客ライブ

3877

ももいろクローバーZ佐々木彩夏による無観客ライブ「A-CHANNEL」の模様が昨日7月12日にGYAO!で有料生配信された。

大人びた黒いドレスを身にまとうあーりん。(撮影:上飯坂一)

大人びた黒いドレスを身にまとうあーりん。(撮影:上飯坂一)

大きなサイズで見る(全40件)

佐々木は2016年より毎年セルフプロデュースによるソロコンサート「AYAKA NATION」を開催しているが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により今年の公演を中止。感染症拡大防止のためのガイドラインに沿い、スタッフ間での問診票の記入や検温、アルコール消毒などの対策を講じたうえで「A-CHANNEL」を行うことを決定した。この生配信では“あーりんの成長”というテーマでライブが進行し、多くのプニノフ(あーりんファンの呼称)があーりんプロデュースによる多彩な演出を楽しんだ。

CROWN POPとアメフラっシのメンバーを従えて踊る赤ちゃんあーりん。(撮影:上飯坂一)

CROWN POPとアメフラっシのメンバーを従えて踊る赤ちゃんあーりん。(撮影:上飯坂一)[拡大]

配信の開始時間になると、SE「あーりんちゅあ」と共にオープニングムービーが流れ、頭に大きないちごの飾りを付けたあーりんが登場。1stソロアルバム「A-rin Assort」収録の新曲「ハッピー▽スイート▽バースデー!」で「A-CHANNEL」の幕を開けた。ヒャダインこと前山田健一が手がけたこの曲はケーキの妖精に扮したあーりんが、自身のバースデーをパレードのように盛り上げるというファンタジックなナンバー。配信画面のコメント欄には6月11日に24歳の誕生日を迎えたあーりんに対する「おめでとう!」という祝福メッセージが並び、ラストのサビになるとベビー服衣装の“赤ちゃんあーりん”によるパフォーマンスシーンに映像がスイッチ。この瞬間から生のあーりんが画面に登場するという生配信と収録映像を混ぜたトリックが展開された。

CROWN POP、アメフラっシと共に「ゴリラパンチ」を披露する幼稚園児あーりん。(撮影:上飯坂一)

CROWN POP、アメフラっシと共に「ゴリラパンチ」を披露する幼稚園児あーりん。(撮影:上飯坂一)[拡大]

あーりんの“カワイイ”の進化を振り返る映像を経て、次に披露されたのは「ゴリラパンチ」。あーりんは黄色の帽子が印象的な幼稚園児風の衣装に身を包み、同じく幼稚園児に扮した後輩グループのCROWN POPアメフラっシのメンバー10人を従えてパワフルかつコミカルなステージングを見せた。また「キューティーハニー」の曲中にはあーりんの周りに多数のハートが浮かぶというAR技術を駆使した試みが行われ、アニメ「ちびまる子ちゃん」のキャラクター・みぎわさんとのデュエットソング「私を選んで!花輪くん」では2人と花輪くんがビデオ会議ツール・Zoomで会話するという生配信ライブならではの演出が実現。あーりんとみぎわさんが花輪くんを取り合う恋愛バトルが画面上で繰り広げられた。

視聴者に挨拶をするあーりん。(撮影:上飯坂一)

視聴者に挨拶をするあーりん。(撮影:上飯坂一)[拡大]

ライブ序盤から息もつかせぬ演出でプニノフを楽しませたあーりんは、「ソロコンの代わりにしては気合い入りすぎちゃってるんだけど(笑)」と視聴者に挨拶。「あーちゃんは今3歳なの!」と身に付けている鞄からお菓子を取り出し、「3歳だからライブ中にお菓子を食べても許してほしい」と無邪気に「ポイフル」を頬張ったのち、映画「クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~」の主題歌「笑一笑 ~シャオイーシャオ!~」を笑顔で歌唱した。続く幕間ではニイルセンのイラストで構成された「あーりんロボお悩み相談」コーナーが流れ、悩み相談にとんちんかんなアドバイスを送る“あーりんロボ”に対し、東京03の飯塚悟志がツッコミを入れるという鉄板ネタが披露された。

プールの水に足をつけるあーりん。(撮影:上飯坂一)

プールの水に足をつけるあーりん。(撮影:上飯坂一)[拡大]

パフォーマンス以外の時間も視聴者を飽きさせないあーりんは、その後自身のイメージカラーであるピンクのドレスに着替え、14歳の中学生のときに初披露した最初のソロ曲「だって あーりんなんだもーん☆」でライブを再開する。24歳ではなく、“14歳のあーりん”になりきって自身の代表曲をキュートに歌った彼女は、そのまま屋外のプールに移動し、BAAD「君が好きだと叫びたい」をカバー。靴を脱いでプールの水に足をつけ、ワンカットで撮影し続けるカメラに向かって笑顔をふりまいた。また“50's”をテーマにした「My Hamburger Boy(浮気なハンバーガーボーイ)」「My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)」では、あーりんがCROWN POP、アメフラっシのメンバーと一緒にかわいらしいマスクを付けて会場内を歩き回り、バーカウンターなどあらゆる場所をステージに。途中、自身の背景に映像を合成するという演出も織り交ぜてプニノフを驚かせた。

スケバンあーりん(撮影:上飯坂一)

スケバンあーりん(撮影:上飯坂一)[拡大]

「どんな漢字もかわいくなるあーりんフォント」と題されたコミカルな映像コーナーの上映後、今度はあーりんがセーラー服を着てカメラの前に現れる。三つ編みにメガネという真面目な女子高校生になったあーりんだったが、“あーりんママ”に対する不満を歌詞にした「あーりんは反抗期!」を歌い始めると、曲中に突如スケバン風の格好にチェンジ。反抗期をこじらせ、グレてしまったあーりんはそのままの勢いでGARLICBOYSのパンクナンバーをリメイクしたももクロ「あんた飛ばしすぎ!!」をソロバージョン「あーりん飛ばしすぎ!」として披露し、放送作家・オークラがアレンジした早口の歌詞を見事に歌いきった。さらに彼女はアメフラっシの愛来、CROWN POPの雪月心愛と共にロックナンバー「Bunny Gone Bad」を新しい振り付けでパフォーマンス。さらに18歳のときに発表した「スイート・エイティーン・ブギ」、20歳のときのソロコンで初披露した「あーりんはあーりん▽」を畳みかけた。あーりんママに取り込まれそうになるも、ファンと力を合わせてその危機を乗り越えるという内容の「あーりんはあーりん▽」では、抽選で選ばれたプニノフがZoomを通してあーりんに声援を送る「あーりんの親離れ大作戦」が実行され、無観客ながらもライブに一体感が生み出された。

CROWN POPとアメフラっシのメンバーを従えて「Girls Meeting」をパフォーマンスするあーりん。(撮影:上飯坂一)

CROWN POPとアメフラっシのメンバーを従えて「Girls Meeting」をパフォーマンスするあーりん。(撮影:上飯坂一)[拡大]

ライブが後半に差しかかると、あーりんは黒のドレスを身にまとい、大人に成長した姿でステージへ。バラード曲「Memories, Stories」「Grenade」で透き通った高音を響かせたほか、「A-rin Assort」収録の新曲「空でも虹でも星でもない」を過去のライブ映像をバックに歌唱。「ありがとう」と優しく歌いかけ、画面越しにプニノフの涙を誘った。その後「AYAKA NATION」恒例のニイルセン作画による映像コント「あーりん講座」を挟み、ライブはとうとうラストスパートへ。あーりんはサマーチューン「Early SUMMER!!!」、「女の子に生まれたなら女の子であることを持て余すことなく楽しもう」というメッセージを込めた新曲「Girls Meeting」を元気いっぱいにパフォーマンスし、カメラに向かって手を振ってステージをあとにした。

アンコールに応え、Tシャツ姿で再登場したあーりん。(撮影:上飯坂一)

アンコールに応え、Tシャツ姿で再登場したあーりん。(撮影:上飯坂一)[拡大]

そしてアンコールに応えて再び登場したあーりんが「A-CHANNEL」を締めくくるナンバーとして選んだのは、ももクロの楽曲「モノクロデッサン」。赤、黄、桃、紫、緑といった色を歌詞にちりばめたこの曲は2018年1月に有安杏果が卒業して以降ライブで歌われておらず、配信画面のコメント欄にはひさびさに披露されたことに対する感動の声が並んだ。手話で歌詞を表現しつつ、しっとりと歌い上げたあーりんは「あー、緊張した! 私なりにプロの方の力を借りて試行錯誤して、いつものライブとはひと味違った配信ライブにしてみました。これからの私たちのライブが楽しみになったでしょうか? 今なかなか大変な時代ですけど、ワクワクするようなことを届けるのが私たちの使命だと思っているので、前向きにまだまだがんばっていかなきゃいけないなと改めて思いました! これからチームももクロも進化していくと思いますので、楽しみにしていてくれたらうれしいです!」と挨拶。“あーりん流エンタテインメント”を詰め込んだ無観客生配信ライブの幕を閉じた。

なおGYAO!では7月28日12:00から8月28日23:59まで「A-CHANNEL」の見逃し配信が行われる。

この記事の画像(全40件)

佐々木彩夏「A-CHANNEL」2020年7月12日 セットリスト

SE. あーりんちゅあ
01. ハッピー▽スイート▽バースデー!
02. ゴリラパンチ
03. キューティーハニー
04. 私を選んで!花輪くん
05. 笑一笑 ~シャオイーシャオ!~
06. だって あーりんなんだもーん☆
07. 君が好きだと叫びたい
08. My Hamburger Boy(浮気なハンバーガーボーイ)
09. My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)
10. あーりんは反抗期!
11. あーりん飛ばしすぎ!
12. Bunny Gone Bad
13. スイート・エイティーン・ブギ
14. あーりんはあーりん▽
15. Memories, Stories
16. Grenade
17. 空でも虹でも星でもない
18. Early SUMMER!!!
19. Girls Meeting
<アンコール>
20. モノクロデッサン

※▽はハートマークが正式表記。

関連する特集・インタビュー

佐々木彩夏のほかの記事

リンク

関連商品