SEBASTIAN Xが廃盤ミニアルバム「LIFE VS LIFE」をDL販売、売り上げで吉祥寺WARPを支援

148

SEBASTIAN Xが自主制作盤として発表した1stミニアルバム「LIFE VS LIFE」が、REVOLUTION TEMPLE RECORDSのSTORESページでダウンロード販売されている。

SEBASTIAN X「LIFE VS LIFE」ジャケット

SEBASTIAN X「LIFE VS LIFE」ジャケット

大きなサイズで見る(全4件)

クラシックス「クラシックス」ジャケット

クラシックス「クラシックス」ジャケット

大きなサイズで見る(全4件)

「LIFE VS LIFE」は2008年にリリースされ、現在は廃盤となり入手困難となっていた作品。今回のダウンロード販売は、SEBASTIAN Xのホームである東京・吉祥寺WARPが新型コロナウイルス感染拡大の影響で営業がままならないことから、同店を支援するべく企画された。またREVOLUTION TEMPLE RECORDSのSTORESページでは、SEBASTIAN Xの前身バンドであるクラシックスが2007年に発表したミニアルバム「クラシックス」に、シングル曲2曲を加えた音源データも販売されている。

「LIFE VS LIFE」「クラシックス」の価格は共に1000円で、売り上げはすべて吉祥寺WARPに寄付される。

この記事の画像(全4件)

SEBASTIAN X「LIFE VS LIFE」

01. 友達はどこだ
02. LIFE PLEATS
03. 高速眼鏡図鑑
04. MY LIFE TEMPLE
05. 祝日
06. 若き日々よ
07. 遺言

クラシックス「『クラシックス』+シングル」収録曲

01. 普通うた
02. 国語算数理科ブルマ
03. あたしヒッピー
04. 残念ながらも、決まってしまった
05. 覚醒
06. 楳図かずおブルース
07. ヒーロー

SEBASTIAN X コメント

永原真夏

このたび、SEBASTIAN Xの自主制作音源と、SEBASTIAN Xの前身バンドのクラシックスの音源を解禁いたします。
ちょ~~~~はずかしい!!!! 照れちゃう!!!!
この頃のわたしは毎日毎日ひまで、吉祥寺で遊んだりだらだらバンドをやったり朝までぷらぷらしたりしていました。そのときに出会ったライブハウスが吉祥寺WARPです。
ライブハウスはいい場所だよ。全く違ういろんな人たちが同じ場所に集まって、暗闇で演奏がはじまったら全員一人になる。
わたしはそのかんじがずっとだいすきです。

工藤歩里

15年ほど音楽をやってきて、形態も変わり、やり方も変わっていった中で、ここぞという時は必ずお世話になっている吉祥寺WARP。
大事な場所が大変なんだったら、ちょっとでも助けになりたい、という凄く単純でそのままの気持ちです
SEBASTIAN X、クラシックス、どちらの音源も、今聴くと荒々しくて、でも、この時しか作れない、出せない音をしているので、皆さんに楽しんでもらえたら嬉しいです。

飯田裕

こんなきっかけで13年前とかの音源が再び世に出るなんて、生きててよかったし、もう死んでもいいね!! 結構良いから、皆さんどうぞ聴いてみてください!!

沖山良太

思い返すと、クラシックスのライブは10代の衝動と焦燥が吉祥寺で爆発センチメンタルみたいな感じだったと思います。
そんな爆発を経て、もうライブやりたくない! って引きこもって作ったのがセバの幻の名盤「LIFE VS LIFE」です。
でも、その半年後にはちゃっかりWARPでライブをやらせていただきまして、結果ライブ楽しいねってなった経緯があります。
ちゃんと聴いてくれる大人がいる場所、帰った場所、そういう意味でWARPはやはりホームでした。

今回このような形で過去の作品たちがリリースできること非常にありがたく思います。ぜひ聴いてください!!!
そしてWARPに少しでもパワーが届けば幸いです。

井坂隼(ex. クラシックス) コメント

音楽から離れてずいぶん時間が経つけれど、こうして大好きな吉祥寺WARPへ音楽で返すことができること、吉祥寺WARPとSEBASTIAN Xの4人に感謝します。

愛のないルールの上で世の中が日常へ帰っていくなかで、まだ戻ることができずに苦しんでいる人たちがたくさんいます。10年前にみんなで作った荒くもとてつもないパワーを持っている曲たちで大好きな場所を救えるのなら、この上ない幸せです。

SEBASTIAN Xのほかの記事

リンク