豊田道倫、バンド編成の新曲「明るい夜」配信

80

豊田道倫が明日5月22日に新曲「明るい夜」を配信リリースする。

豊田道倫(撮影:倉科直弘)

豊田道倫(撮影:倉科直弘)

大きなサイズで見る(全3件)

豊田が3月に活動拠点を大阪に移して以来、初の音源となる本作には角矢胡桃(Dr, Noise / HYPER GAL)、みのようへい(B, Shaker, Cho)、Tokiyo(G, Cho / And Summer Club)、岡敬士(Syn)が参加。録音とミックスは西川文章がプライベートスタジオ・ICECREAM MUSICで行った。YouTubeでは小池茅が監督を務めたミュージックビデオを公開中。

また新曲のリリースとあわせて、昨年5月にカセットテープのみでリリースされたパラダイス・ガラージ名義のアルバム「SAN FRANSOKYO AIRPORT」の配信も解禁された。

豊田道倫 コメント

緊急事態宣言発令の中、引っ越したばかりの大阪の部屋のキッチンで、この曲がふと出来た。

すぐに録音したくなった、バンドで。
ミュージシャンに声を掛け、リハを何とかやり、エンジニア、スタジオも確保して、録音した。
すべてが未知だったけど、ひたすら楽しかった。
何の迷いもなくやれた。

出来上がったMVを見て、デビュー25年、50歳。
でもおれは、本当に赤ん坊やと思った。
歌うこと以外、何をやってきたんだろう。

2020年の春のレコード(記録)として残せたことを、感謝します。

豊田道倫

この記事の画像・動画(全3件)

リンク

関連記事