湯木慧「煙のような感情を作品に」6月に新作CD「スモーク」

256

湯木慧が6月5日に新作CD「スモーク」をリリースする。

湯木慧の新しいアーティスト写真。

湯木慧の新しいアーティスト写真。

大きなサイズで見る

「スモーク」について、湯木は「モノが燃えて灰になるまでの間で生み出される煙のように 自分と他者、人間と人間、過去と未来、理想と現実、そのどちらでもないという曖昧なモノ、それらの間で生み出される煙のような感情を作品にしました」と語っている。シングルは初回限定盤、通常盤の2形態が用意され、初回限定盤には2019年8月に東京・キネマ倶楽部で行われたワンマン「繋がりの心実」のパフォーマンス映像が約30分のボリュームで収められる。

湯木慧 コメント

モノが燃えて灰になるまでの間で
生み出される煙のように

自分と他者、
人間と人間、
過去と未来、
理想と現実、
そのどちらでもないという曖昧なモノ、
それらの間で
生み出される煙のような感情を
作品にしました。


誰しも答えのない事と戦いながら生きている中で
私自身煙の中で出した一つの考えを作品にしたので、
EP「スモーク」と
ツアー「選択の心実」で
伝えたいと思っています。

どうか受け取って頂き、噛み砕いたり、形を変えたり、
飲み込んだり吐き出したり何もしなかったりして欲しいです。
皆様に、様々な形で届いたら、嬉しいです。

関連記事

関連商品

リンク