音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

King Gnuリズム隊がベーマガ&ドラマガ表紙飾る、デザイン監修はPERIMETRON

5300

King Gnuの新井和輝(B)が1月18日発売のベース専門誌「ベース・マガジン2020年2月号」、勢喜遊(Dr)が1月24日発売のドラム専門誌「リズム&ドラム・マガジン2020年3月号」の表紙・巻頭特集に登場する。

両誌面のデザイン監修は、King Gnuと縁の深いPERIMETRONが担当。King Gnuの2ndアルバム「Sympa」のジャケットを描いたRYUSUKE SANOが、それぞれの表紙のために巨大なペインティングを撮影現場で描き下ろした。各誌の特集では、新井と勢喜の単独インタビュー、機材解説、奏法分析のほか、2誌連動の「リズム隊対談」が掲載される。

また「ベース・マガジン」には関根史織(Base Ball Bear)、SILENT SIREN、Shingo Suzuki(Ovall)、Yudai(Survive Said The Prophet)、ヒロミ・ヒロヒロ(tricot)、白井雄介(キンモクセイ)らの記事が、「リズム&ドラム・マガジン」には人間椅子のナカジマノブ×和嶋慎治、Tomonori(Fear, and Loathing in Las Vegas)、Show(Survive Said The Prophet)、吉田雄介(tricot)、SORA(DEZERT)らのインタビューが掲載される。

音楽ナタリーをフォロー