パノラマパナマタウン、岩渕想太の声帯ポリープ手術のためライブ活動休止

255

パノラマパナマタウンが岩渕想太(Vo, G)の声帯ポリープ発症を受け、ライブ活動を一時休止する。

パノラマパナマタウン。右から2番目が岩渕想太(Vo, G)。

パノラマパナマタウン。右から2番目が岩渕想太(Vo, G)。

大きなサイズで見る

今年夏頃からライブでの声の歪み方に違和感を覚えていたという岩渕。声が枯れたあとに症状が長引いて思うように歌えなくなったことがきっかけで、声帯ポリープを発症していたことが発覚した。日常生活や歌唱には問題ないとのことだが、岩渕は今後の活動を考慮し、切除手術を受けて療養することに。パノラマパナマタウンは12月30日の「COUNTDOWN JAPAN 19/20」、31日の「LIVE DI:GA JUDGEMENT 2019」、1月13日の大阪・BIGCAT公演、19日の東京・LIQUIDROOM公演については予定通り出演。その後ライブ活動を休止し、再開については岩渕の術後の経過を見て発表する。

岩渕は活動休止について「いい機会だと思ってる。少し休んで、自分たちの中の大事なものと向き合い、必ず、納得いく形で戻ってきます。心配しないで。むしろ楽しみに待っていてほしい。逞しくなって帰ってきます」とコメントしている。

岩渕想太(Vo, G) コメント

喉にできたポリープを摘出するため、
1月のワンマンを終えたらバンドを少しの間休止します。

神戸で結成して6年、上京して3年、メジャーデビューして2年。
焦りながら、悩みながら、走り続けてきた中で、
気づけば、色んなものを忘れ、落っことしてきた。

いい機会だと思ってる。
少し休んで、自分たちの中の大事なものと向き合い、
必ず、納得いく形で戻ってきます。

心配しないで。むしろ楽しみに待っていてほしい。
逞しくなって帰ってきます。

全文を表示

パノラマパナマタウンのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 パノラマパナマタウン の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。