フィロのス、満員のコーストで幸せを更新「Glamorous 4」ツアー最終公演

1108

フィロソフィーのダンスが12月17日、全国ツアー「Glamorous 4 Tour」の最終公演を行った。

フィロソフィーのダンス「Glamorous 4 Tour」最終公演の様子。

フィロソフィーのダンス「Glamorous 4 Tour」最終公演の様子。

大きなサイズで見る(全60件)

フィロソフィーのダンス「Glamorous 4 Tour」最終公演の様子。

フィロソフィーのダンス「Glamorous 4 Tour」最終公演の様子。[拡大]

11月17日の埼玉・HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3公演を皮切りに、全国10カ所で展開された今回のツアー。東名阪の3会場はバンド編成で行われ、ファイナルの東京公演はホーンセクションも加わった総勢13名で“Funky But Chic”なフィロのスのサウンドがパワフルに表現された。

フィロソフィーのダンス

フィロソフィーのダンス[拡大]

フィロソフィーのダンス「Glamorous 4 Tour」最終公演の様子。

フィロソフィーのダンス「Glamorous 4 Tour」最終公演の様子。[拡大]

広いフロアの隅々まで埋め尽くされた新木場STUDIO COASTは、開演前のBGMですでに大きな盛り上がりを見せていたが、BGMからのフェードインで「アイドル・フィロソフィー」のイントロが流れると、その熱気はさらに上昇。ステージを覆う白い幕に奥津マリリ、佐藤まりあ、日向ハル、十束おとはのシルエットが浮かび上がり、歌い出しと同時に幕が落とされる。熱狂的な歓声に迎えられた“グラマラス・フォー”は、広いステージを右へ左へと移動しながらその声援にパワフルなパフォーマンスで応えた。「アイム・アフター・タイム」から「プラトニック・パーティ」「フリー・ユア・フェスタ」のメドレー、そして「イッツ・マイ・ターン」「ヒューリスティック・シティ」「スーパーヴィーニエンス」と前半から一気に畳みかけるように歌った4人は、ひと息ついて挨拶。奥津は「みんなの人生最高のライブにしたいと思います!」と宣言し、佐藤の「今年一番の思い出は新木場STUDIO COASTのフィロソフィーのダンスで決まりー!」には客席から同意の声が上がる。日向は「今までで一番最強の日向ハルで来ました!」とやる気をみなぎらせ、十束は「みんなの幸せを更新しに来ました!」と自信たっぷりに叫んだ。

「ダンス・オア・ダンス」を歌うフィロソフィーのダンス。

「ダンス・オア・ダンス」を歌うフィロソフィーのダンス。[拡大]

フィロソフィーのダンス

フィロソフィーのダンス[拡大]

フロアに光を反射させる巨大ミラーボール。

フロアに光を反射させる巨大ミラーボール。[拡大]

グルーヴィなセッションによるバンドメンバーの紹介を経ての中盤戦は、「バイタル・テンプテーション」「ライク・ア・ゾンビ」と重厚なファンクナンバーが連発された。「人生には2つの選択肢しかありません。踊るか、踊るかだー!」という奥津の煽りから始まった「ダンス・オア・ダンス」は10月にリリースされた新曲で、陽気にスウィングするナンバー。ホーンセクションを携えた大所帯バンドならではのにぎやかなサウンドでフロアを沸かせたフィロのスはさらにもう1曲、このツアーに向けて作られた新曲「シスター」を披露する。フィロのスはツアー初日にこの曲を初披露し、各地を回りながらファンと共に「育ててきた」という。パフォーマンスを前に4人はそれぞれツアーを振り返り、日向は「アイドルをほとんど知らない状態でアイドルの世界に飛び込んで、正直苦しいときもあった」と胸の内を明かしつつ「今こうやって最強のバンドメンバーと最強の“ベスト・フォー”と一緒に新木場STUDIO COASTのステージからこんなキレイな景色を見ることができて、本当にアイドルを続けてきてよかったなと思いました。この最強の音楽に乗せて、私たち4人の歌声を日本中に、世界中に届けていきたいと思っています!」と熱弁。十束は「フィロソフィーのダンスに入ってよかった、というのが一番の感想で。『この学校に入ってよかった』とか『この会社に入ってよかった』みたいなことを感じたことがない人生だったので、そういう感情が自分に芽生えたことに感動したんです。こんなにたくさんの方がお金を払って観に来てくれているので、より一層アイドルとしてがんばらなきゃいけないなと自覚が芽生えた、そんな素敵なツアーでした」と一風変わった言い回しで充実ぶりを伝えた。そして4人は大人びたムードの演奏に乗せて「シスター」を歌い、ツアーを通して得た自信とグループの結束力を見せつけた。

抱き合うフィロソフィーのダンス。

抱き合うフィロソフィーのダンス。[拡大]

金テープが舞う満員のフロア。

金テープが舞う満員のフロア。[拡大]

「シスター」が作り上げた穏やかなムードは、日向のアカペラで始まった「ベスト・フォー」で一変。フロアの熱気は再びグンと上がり、フィロのス楽曲を多数手がけてきたバンマス宮野が最初に提供したオリジナルソング「すききらいアンチノミー」でその熱量はさらに上がる。キラーチューンに成長した2017年のナンバー「ダンス・ファウンダー」でライブはクライマックスを迎え、最後は「ライブ・ライフ」でピースフルに締めくくられた。アンコールでは日向のソウルフルな歌声が光るバラード「ジャスト・メモリーズ」が披露され、タイトル通りの幸せに満ちたラストナンバー「ハッピー・エンディング」の大合唱でフィニッシュ。全17曲、最高の演奏を繰り広げたバンドメンバーがフィロのスのもとに集まると、観客は惜しみない拍手を送った。バンドメンバーを送り出したフィロのスは4人でステージに残り、突然「全国を回ってきた私たちは、それだけでは終わりません!」と告げたかと思うと、「私たちフィロソフィーのダンスは、結成5周年を迎える2020年に……ソニー・ミュージックレーベルズよりメジャーデビューします!」と発表。大きなどよめきが広がるフロアに華やかな金テープが発射され、どよめきは徐々に大歓声へと変わった。

身を寄せ合ってメジャーデビューを喜び合うフィロソフィーのダンス。

身を寄せ合ってメジャーデビューを喜び合うフィロソフィーのダンス。[拡大]

奥津は大粒の涙を流しながら「フィロソフィーのダンスは絶対にうれしいお知らせしかしません。これからも絶対みんなを幸せにします!」と力強く言い切った。佐藤は目頭を押さえたまま「あきらめないで続けてきてよかった」とひと言。日向は「おばさんになっても、ババア・フォーになっても私たちは歌って踊り続けます!」と泣き笑いで叫び、十束は「フィロソフィーのダンスは着実に歩みすぎて、アイドルとしてつまらないんじゃないかと思うこともあったんですけど、今日からまたスタートラインなので、いっぱいの音楽たちと切磋琢磨して上を目指していきます。今日は泣いてばかりだったから、これからはみんなをたくさん笑わせまーす!」と結成5周年、そしてメジャーデビューに向けて意気込んだ。「はじめまして未来」をBGMに最後の挨拶をしていたフィロのスは、思わずBGMに合わせて歌い出し、笑顔でステージをあとにした。

この記事の画像(全60件)

フィロソフィーのダンス「Glamorous 4 Tour」最終公演
2019年12月17日 新木場STUDIO COAST セットリスト

01. アイドル・フィロソフィー
02. アイム・アフター・タイム
03. プラトニック・パーティ~フリー・ユア・フェスタ(メドレー)
04. イッツ・マイ・ターン
05. ヒューリスティック・シティ
06. スーパーヴィーニエンス
07. インスト・ジャム
08. バイタル・テンプテーション
09. ライク・ア・ゾンビ
10. ダンス・オア・ダンス
11. シスター
12. ベスト・フォー
13. すききらいアンチノミー
14. ダンス・ファウンダー
15. ライブ・ライフ
<アンコール>
16. ジャスト・メモリーズ
17. ハッピー・エンディング

<サポートミュージシャン>
宮野弦士(G, Key)
福田裕彦(Key)
朝井泰生(G)
千ケ崎学(B / KIRINJI)
小笠原拓海(Dr)
早藤寿美子(Perc)
織田祐亮(Tp / TRI4TH)
藤田淳之介(Sax, Flute / TRI4TH)
小池隼人(Tb)

全文を表示

※記事初出時、事実と異なる表現がありました。訂正してお詫びいたします。

関連記事

フィロソフィーのダンスのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 フィロソフィーのダンス の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。