音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

北村匠海、ミッドタウンに青い光を灯す“イルミネーションライブ”の提案に「ぜひ!」

1839

北村匠海(DISH//)と芳根京子。

北村匠海(DISH//)と芳根京子。

DISH//北村匠海が本日11月26日に東京・東京ミッドタウンで行われた「『MIDTOWN CHRISTMAS 2019』スターライトガーデン 2019 点灯式」に出席した。

12月13日公開のアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」で主人公・鈴原守の声を担当する北村は、鈴原の幼なじみ・千代野綾役で同映画に参加する芳根京子と共にイルミネーションの点灯役を務めた。司会者から東京ミッドタウンの印象や思い出について問われると、北村は「21_21 DESIGN SIGHTの展示とか、バンド(DISH//)メンバーと何をやっているか調べて観に来たり。緑が多くて東京ではないような感じが素敵ですよね。僕、ベンチとかに座っていますよ(笑)」と明かす。昨年のイルミネーションには雑誌の企画で訪れたといい「今年は始まりの瞬間にこのような形で立ち会えて光栄です」と笑顔を見せる。一方の芳根も、昨年のクリスマス当日に親友と同所のイルミネーション鑑賞に訪れたと話し、「今日のことを親友に自慢したいと思います(笑)」とコメントした。

北村と芳根が点灯ボタンに手を置き、カウントダウンで「スターライトガーデン」が一面青い光に包まれると、その光景を見つめた北村は「夜空に包まれているかのようですね。現実じゃない感じというか……すごいです」とひと言。「僕、宇宙も好きなんですけど、本当に宇宙空間みたい。不思議な感じです」と感激の面持ちで語った。ここで司会者が「ここをバックに歌やダンスなんてどうですか?」と提案すると、北村は「お話をいただけるのなら、ぜひやります!」と即答。そして、これからライトアップに訪れる人へ向け「寒くなってきますが、イルミネーションで温かい気持ちになってもらえたら。そして『ぼくらの7日間戦争』も、心が温かくなるような映画です。ぜひ映画も一緒に楽しんでください」と呼びかけていた。

音楽ナタリーをフォロー