音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

Task have Fun「78WD」でファン圧倒!過去最大規模の中野サンプラザ公演を通過点に

753

アンコールで「TASK」を歌うTask have Fun。(写真提供:Velvet management)

アンコールで「TASK」を歌うTask have Fun。(写真提供:Velvet management)

Task have Funが昨日11月23日に東京・中野サンプラザホールで全国ツアー「Task have Fun 全国ツアー 2019 ~Anytime Tasks~」のファイナル公演を行った。

8月より全国9カ所で行われた「Task have Fun 全国ツアー 2019 ~Anytime Tasks~」。中野サンプラザホール公演の開催は、ちょうど1年前の昨年11月23日に東京・ステラボールで行われたワンマンライブにて発表された。3人はグループ史上最大規模のワンマンライブに向け、各メンバーの地元を回る結成3周年記念ツアーを開催したり、初のアルバムを3枚同時リリースしたりと精力的な活動を展開。当日は会場に集まった大勢のファンの前で、約2時間半にわたって全20曲を披露した。

おなじみのオープニングSEで場内の温度が上昇する中、Task have Funはヘッドセットのマイクを装着し、トライアングル型のセットの中から登場。ステージ上に噴き上がる火花をバックに、デビュー曲「TASK」でライブをスタートさせた。さらに「ラブグリッター」や「インダ ビュリフォデイ」が披露され、セットの上段に移動してのパフォーマンスや派手なスモークのギミックなど、広いステージを生かした演出が繰り広げられた。

ロックナンバー「D-A-S-H!!~イケナイコトカシラ?」「『キメ』はRock You!」などで会場をヒートアップさせた3人は、その後ファンの声援の大きさでソロ曲を歌うメンバーを決めるコーナーを展開。盛大な「菜月!」コールを浴びた里仲菜月が、ほかのメンバーによるダンスと共に「僕はマグネット」を力強く歌唱した。場内は緑色の照明やペンライトの光で染まり、里仲は「なんかソロコンみたいだった!」と興奮気味に感想を語った。

ライブが中盤に差しかかると、Task have Funは新衣装をお披露目することを観客に告げる。ダンボールや消化器など、スタッフが更衣室の代わりとして持ってきた道具でノリツッコミを繰り広げ、場内に笑いを起こした3人はステージ上のセットの中で衣装チェンジ。窓から顔を覗かせ、ツアーの振り返りなどをトークしてファンを楽しませたのち、すみだしんやが作曲、MIZUEが作詞した新曲を純白の新衣装で初披露した。この曲のタイトルは未定とのことだったが、彼女たちはチケットの半券に書かれた客席番号をもとに観客の1人を指名し、メンバーと事務所の社長が考えた候補の中から曲名を決めてもらうことに。結果、新曲のタイトルは熊澤風花が考案した「星フルWISH」に決定した。

次のブロックでは3人がミラーボールの光に包まれながら「彗星のステージ」を響かせたほか、「逆光」「マーブル色の気持ち」をしっとりと歌い上げる。そして白岡今日花の「もっともっと盛り上がっていけますか!?」という煽りを合図にライブはラストスパートに突入するも、「けどハニカミ」のイントロで曲が止まり、ステージ上のスクリーンに社長の姿が。テーブルクロス引きに成功すればライブを続行でき、失敗すれば曲が止まったままという“Task”がメンバーに命じられた。最年長の白岡は「今までの“Task”って何カ月もかけてギターの演奏に挑戦したり、ビラを配って目標の集客数を目指すとかけっこう大変だったと思うんだけど、年々すごいゆるくなってるよね」と余裕の表情を見せていたが、あっけなく失敗。最年少の里仲が見事成功させ、無事にライブが再開した。ライブ本編のラストにはキラーチューン「3WD」が投下され、曲中に小さな子供を含む大勢のダンサーが登場。「3WD」ならぬ「78WD」のパフォーマンスで観客を圧倒した。

アンコールで再びステージに登場したTask have Funは12月1日にオフィシャルファンクラブがオープンすること、2020年3月より新たな全国ツアーを開催することを発表した。5月1日に東京・TSUTAYA O-EASTで行われるツアーファイナルは、初めて全曲バンド編成でステージが展開される。その後、白岡の「これからも近くで応援してくれるとうれしいです」という言葉から3人は「いつだって君のそばで」を歌唱。この日2度目の「キミなんだから」では再びダンサーたちが登場して会場を大いに盛り上げた。

メンバー1人ずつの挨拶では、里仲が目に涙を浮かべながら「この1年間、楽しいこともあったけど、正直つらいことのほうが多くて……2人に支えてもらうことが本当に多くて。それまでライブで休むことは1回もなかったんだけど、体調的に追い付かなくなってしまったことがありました。すごく悔しくて、2人は『元気になったらまたみんなで笑顔でやろうね』と言ってくれて、すごく感謝していて。ここの会場にこの3人で立てていることが本当にうれしいです」と胸の内を吐露。熊澤も涙を流しつつ、メンバーに対して「最初はビジネスパートナーみたいなところもあったんですけど、歳を重ねるごとに話す機会も増えて。1人ひとりが本当に真面目で、Taskをどうしたいか、中野サンプラザを終えてからどうなりたいかを考えることが多くなって、この先もずっとたくさんの方を笑顔にして、私たちらしく進んでいこうねと話しました。本当に2人が大好きです。2人がいなかったら私が私じゃいられなくなるくらい。アイドルをやるならずっと2人と一緒がいいと思っています」と自身の気持ちを伝えた。

また白岡は「私もこの先3人でしかやるつもりはないです。2人なっても4人になってもTaskはやらないと思っています。1人ひとりがたくさん悩んだ1年で、それぞれ悔しい思いをして泣いていたと思います。でもどんなにつらくてもステージでは笑顔だったから、2人のことをすごく尊敬しています。これからも3人でがんばっていきたいと思います」と笑顔で宣言。ステージ上で抱き合った3人は、最後にデビュー曲「TASK」を再びパフォーマンスし、大きな拍手を浴びながら「Task have Fun 全国ツアー 2019 ~Anytime Tasks~」の幕を閉じた。

Task have Fun「Task have Fun 全国ツアー 2019 ~Anytime Tasks~」2019年11月23日 中野サンプラザホール セットリスト

01. TASK
02. ラブグリッター
03. 部屋の中の天使
04. インダ ビュリフォデイ
05. 幻想セレナーデ
06. D-A-S-H!!~イケナイコトカシラ?
07. 全開!Teenage Riot!!
08. 「キメ」はRock You!
09. 僕はマグネット
10. 星フルWISH
11. 彗星のステージ
12. 逆光
13. マーブル色の気持ち
14. けどハニカミ
15. ギュッと、チュッと
16. キミなんだから
17. 78WD
<アンコール>
18. いつだって君のそばで
19. キミなんだから
20. TASK

Task have Fun 春全国ツアー 2020

2020年3月28日(土)東京都 東京キネマ倶楽部
2020年3月29日(日)神奈川県 新横浜 NEW SIDE BEACH!!
2020年4月4日(土)栃木県 HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
2020年4月5日(日)埼玉県 HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
2020年4月11日(土)茨城県 mito LIGHT HOUSE
2020年4月12日(日)千葉県 KASHIWA PALOOZA
2020年4月26日(日)群馬県 高崎clubFLEEZ
2020年5月4日(月・祝)京都府 KYOTO MUSE
2020年5月5日(火・祝)大阪府 ROCKTOWN
2020年5月10日(日)東京都 TSUTAYA O-EAST

音楽ナタリーをフォロー