音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「新しい人」の世界を表現、OGRE YOU ASSHOLEのEXシアターワンマン

181

「OGRE YOU ASSHOLE『新しい人』release tour」東京・EX THEATER ROPPONGI公演の様子。(撮影:山谷佑介)

「OGRE YOU ASSHOLE『新しい人』release tour」東京・EX THEATER ROPPONGI公演の様子。(撮影:山谷佑介)

OGRE YOU ASSHOLEが11月4日に東京・EX THEATER ROPPONGIでワンマンツアー「OGRE YOU ASSHOLE『新しい人』release tour」のファイナル公演を行った。

ニューアルバム「新しい人」を携えて行われたこのワンマンツアーでは、ライブ定番曲に交えて同アルバムの全楽曲が披露された。彼らは冒頭、穏やかなムードが漂う「新しい人」、勝浦隆嗣(Dr)と清水隆史(B)の刻むビートを前面に押し出した「過去と未来だけ」をプレイ。両楽曲ともスローナンバーながら、異なるサウンドアプローチでオーディエンスを楽しませた。シンプルなアレンジがギターのメロディを際立たせる「さわれないのに」を終えると、オウガは「Hypnotic」「ムダがないって素晴らしい」「フェンスのある家」をシームレスにつなげる形で披露。ライブではおなじみの楽曲が続き、フロアには思い思いに体を揺らす人が増えていった。

出戸学(G, Vo)と馬渕啓(G)が鮮やかなギターの音色を重ね合う「わかってないことがない」「本当みたい」や、ダークで妖しいムードあふれる「ありがとう」など、彼らは表情豊かな演奏を届けていく。原曲とは大きく異なるミニマルなアレンジが施された「朝」ののち、激しいセッションが繰り広げられる「見えないルール」「ロープ(Long Ver.)」へと楽曲が移行すると、フロアの熱気は一気に上昇。まどろむような雰囲気から一転、緊張感に満ちたパフォーマンスでオーディエンスを沸かせた。4人は温まった会場をクールダウンさせるようなスローナンバー「自分ですか?」で本編を終えたのち、アンコールではアルバム「新しい人」の最後を飾る「動物的 / 人間的(Album Ver.)」を披露。幻想的なサウンドでフロアを包み込み、ライブのフィナーレをノスタルジックに彩った。

オウガは12月21日に東京・LIQUIDROOMで年末恒例のワンマンライブを開催。ライブ開始前のDJは悪魔の沼が担当する。バンドのオフィシャルサイトでは11月11日23:59までチケットの先行予約を受け付けている。

「OGRE YOU ASSHOLE『新しい人』release tour」2019年11月4日 EX THEATER ROPPONGI セットリスト

01. 新しい人
02. 過去と未来だけ
03. さわれないのに
04. Hypnotic
05. ムダがないって素晴らしい
06. フェンスのある家
07. わかってないことがない
08. また明日
09. 本当みたい
10. ありがとう
11. 朝
12. 見えないルール
13. ロープ(Long Ver.)
14. 自分ですか?
<アンコール>
15. 動物的 / 人間的(Album Ver.)

OGRE YOU ASSHOLE LIVE LIQUIDROOM 2019

2019年12月21日(土)東京都 LIQUIDROOM

音楽ナタリーをフォロー