音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

キネマ倶楽部にどついたるねん襲来!ゲスト迎えて「一揆」勃発

68

「どついたるねんの一揆」の様子。(撮影:宇佐美亮)

「どついたるねんの一揆」の様子。(撮影:宇佐美亮)

どついたるねんのワンマンライブ「どついたるねんの一揆」が10月20日に東京・東京キネマ倶楽部で開催された。

8月から10月にかけて新曲「夏の手」「れもね~ど」「ラブパワー」を立て続けに配信リリースし、10月には都内23区を舞台にしたツアー「サスケ」を行ってきたどついたるねん。今回のワンマンはメインメンバー4人のほか、サポートに吉澤幸男(G / GAGAKIRISE)、山中治雄(B)の2名を迎えてパフォーマンスが繰り広げられた。

浜公氣(Dr, Per, Vo)が先にスタンバイし、「人生の選択」のイントロが流れ出すと、メンバーは上段ステージから続々と登場。先日配信されたばかりの新曲「ラブパワー」を披露したと思いきや、「俺節 / アッパー」「080」とハードコアパンク調の初期曲を立て続けに届け、前半から激しいステージングを行った。そんな中「ミッドナイト デジャヴ」では、突如ワトソン(Vo)がステージから撤退。そのまま「IQゴリラ」に入ると、ワトソンはラグビーのユニフォームとヘッドギアを身に付けて再登場し、フリーキーなサックスの演奏を交えながら熱唱した。

「such a sweet lady」ではゲストの柴田聡子とラミ子が舞台に登場。2人はどつと一緒にステージを縦横無尽に動き回り、楽しそうな様子で歌った。さらにさわやかなラブソング「れもね~ど」では、同楽曲のミュージックビデオにも出演したダンサー・レモネードアイスクリームスがどつのパフォーマンスを盛り上げた。ところが先輩(Vo, Sampler)がソロで歌う新曲「パーティーピープル」に入ると、今度は黒や赤を基調にした衣装を身に纏ったダンサーたちが現れ、妖しげなムードを演出。続く「コントロール」ではうーちゃん(Vo, G, Syn)が婦人服姿で叫び、フロアは異様なムードに包まれた。

後半にはライブでは長年披露されている「バスケットケース」「MY BEST FRIENDS」や、The Specialsの「かわいい悪魔」そっくりな2トーンスカ曲「南天」、うーちゃんとラミ子のコラボソング「真夏のイビサ巡業~創作ちゃんこ『8mile』オープンします~」と今年発表されたナンバーをプレイ。本編最後の「R☆」までハイテンションに駆け抜けた。そしてアンコールは三たびダンサーを迎えての「いきなり三男坊」、うーちゃんがステージ上を暴れ回る「ウーチャーハン2」、ノスタルジックなムードあふれる「遠浅の部屋」とバラエティ豊かな楽曲群でオーディエンスを沸かせ、にぎやかにワンマンを締めくくった。

なお、どついたるねんのオフィシャルYouTubeアカウントでは、本公演より「パーティーピープル」の映像が公開されている。

どついたるねん「どついたるねんの一揆」2019年10月20日 東京キネマ倶楽部 セットリスト

01. 人生の選択
02. カズダンス
03. ラブパワー
04. 俺節 / アッパー
05. 080
06. 精神
07. ばっちこーい!サラダバー
08. ミッドナイト デジャヴ
09. IQゴリラ
10. LONG HOT SUMMER
11. such a sweet lady(ゲスト:柴田聡子、ラミ子)
12. 夏の手
13. CATS
14. れもね~ど
15. パーティーピープル
16. コントロール
17. ポコロンチャ
18. 馬の骨
19. バスケットケース
20. 返信
21. MY BEST FRIENDS
22. 南天
23. 真夏のイビサ巡業~創作ちゃんこ「8mile」オープンします~(うーちゃん、ラミ子)
24. 生きてれば
25. BODY GUARD
26. R☆
<アンコール>
27. いきなり三男坊
28. ウーチャーハン2
29. 遠浅の部屋

音楽ナタリーをフォロー