音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

AFOC佐々木亮介、イマイアキノブや三船雅也とのセッションで魅せたツアーファイナル

205

「RAINBOW PIZZA Delivery Tour 2019」東京・WWW公演の様子。(Photo by Viola Kam[V'z Twinkle])

「RAINBOW PIZZA Delivery Tour 2019」東京・WWW公演の様子。(Photo by Viola Kam[V'z Twinkle])

佐々木亮介(a flood of circle)がソロツアー「RAINBOW PIZZA Delivery Tour 2019」の最終公演を10月2日に東京・WWWで開催した。

8月21日にリリースしたソロアルバム「RAINBOW PIZZA」を携えて9月から10月にかけて全国6カ所を回った佐々木。最終公演には、アルバムに共同プロデューサーとして参加したROTH BART BARONの三船雅也(Vo, G)や、佐々木と親交の深いイマイアキノブがゲストで登場する特別な一夜となった。

佐々木はこの日、a flood of circleのライブではおなじみの皮ジャンではなく、チェックのロングシャツに身を包み、レッドアイのグラスを片手にステージヘ。リラックスした表情で「Fireworks」を歌い出し、ライブをスタートさせた。その後もMOP of HEADのGeorge(Key, Manipulator)、SANABAGUN.の澤村一平(Dr)を迎えた編成で、東京とシカゴの2都市で制作された「RAINBOW PIZZA」よりシカゴで作られた楽曲を中心にプレイ。楽しげな表情で「謎のアルバムを作っちゃって、なんじゃこりゃ?って思った人もいるだろうけど、なんでもいいから楽しい夜にする」と宣言した。

中盤ではアコースティックコーナーが設けられ、ここで佐々木はTHE KEBABSの「Cocktail Party Anthem」やa flood of circleの「月面のプール」のセルフカバーをしたり、ビヨンセの「If I Were A Boy」をカバーしたりとバラエティに富んだ選曲で多彩な一面を披露。さらに「来てもらえたら、何か一緒にやろうって話をしてた」という紹介でイマイを呼び込むと、イマイの「いまもギターを」を息の合った掛け合いを見せながらデュエットして観客を魅了した。

さらに、ライブが後半戦に入ったタイミングで三船が登場。彼はライブ当日が佐々木の誕生日だったことを受けて、プレゼントを持参し、観客と一緒に「Happy Birthday to You」を合唱して和やかな空気を作り出す。さらに三船は挨拶代わりにROTH BART BARON「HEX」を披露し、透明感のある歌声でフロアを満たした。穏やかなひとときを経て、佐々木は三船を迎えた編成で「RAINBOW PIZZA」より東京で制作された「Game Over」「Sofa Party」「Snowy Snowy Day, YA!」を勢いよくパフォーマンス。ゴスペル風のコーラスが印象的な「We Alright」を最後に届けたあと、佐々木は三船とステージ中央で肩を組み感慨深そうな表情を浮かべた。

アンコールに呼ばれてステージに戻ってくるも、佐々木は「もうやる曲がない」と観客を笑わせる。そして、三船を交えた編成で「Fireworks」を再演してツアーに幕を下ろした。

佐々木亮介「RAINBOW PIZZA Delivery Tour 2019」2019年10月2日 WWW公演セットリスト

01. Fireworks
02. Just 1 Thing
03. Meme Song
04. Baby 君のことだよ
05. 光あるうち光の中をゆけ
06. Bi-Polar Tokyo
07. Blanket Song
08. Cocktail Party Anthem
09. 月面のプール
10. If I Were a Boy
11. いまもギターを
12. Uptown Funk
13. Land Of 1000 Dances
14. Strange Dancer
15. HEX
16. Game Over
17. Sofa Party
18. 大脱走
19. The Night Of Star Fish
20. Snowy Snowy Day, YA!
21. We Alright
<アンコール>
01. Fireworks

音楽ナタリーをフォロー